競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

安田記念2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ダノンキングリーなど)情報!注目は展開利見込める徹底先行型のアノ伏兵!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210531212829j:plain

 

安田記念2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ダノンキングリーなど)情報!注目は展開利見込める徹底先行型のアノ伏兵!

 

安田記念の「激アツ買い目」は

レッドアタック公式LINEにて配信します。

友だち追加(無料)

f:id:jikuuma:20210530202633p:plain

 

2021年6月6日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第71回農林水産省賞典 安田記念(G1)

東京芝1600m 3歳以上定量

 

★安田記念2021★

★予想オッズ★

 

①人気 グランアレグリア  1.5倍

②人気 サリオス      7.0倍

③人気 インディチャンプ  10.1倍

④人気 シュネルマイスター 11.8倍

⑤人気 ラウダシオン    15.9倍

 

★安田記念2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

シュネルマイスター

(牡3歳 父キングマン・母セリエンホルデ)

前走:NHKマイルC1着(東京芝1600m:1分31秒6)

管理馬のユーバーレーベンがG1・オークスを快勝するなど、今シーズンも好調維持している美浦・手塚貴久厩舎が送り出す3歳マイル王者。底を見せていない存在なので、要警戒の存在として認識する必要がありますけど、ハイペースからの消耗戦に持ち込まれた前走・NHKマイルカップで目一杯の走りをしている分、最終追い切りの動き次第…という面はありますし【●●●●●●●】ですから、54kgの軽い斤量で出走する状況でも慎重に取捨判断していきたいところです。

※1週前追い切りの動画が公開されていないため、解説は省略

 

シュネルマイスターの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

ダイワキャグニー

(セ7歳 父キングカメハメハ・母トリプレックス)

前走:マイラーズC4着(阪神芝1600m:1分31秒6)

久しぶりにブリンカーを外した前走・マイラーズカップで4着に健闘。6歳シーズンに突入したところで去勢手術に踏み切っているように、気ムラな面がある分、アテにしづらい存在ですけど、マイペースで先行できた時の粘り腰には定評がありますから、レース展開次第では上位争いに食い込む可能性も。1週前追い切り(美浦W5ハロン66.6-51.3-37.1-12.2)は併せ馬で終いをビッシリ追う形に。好調時に見せていた雄大なフットワークを再現することができていたので、デキ自体は申し分ありません。

 

ダノンキングリー

(牡5歳 父ディープインパクト・母マイグッドネス)

前走:天皇賞秋12着(東京芝2000m:2分00秒7)

5歳シーズンの始動戦としてG2・中山記念を予定していたそうですが、出走態勢が整わず、ぶっつけ本番で安田記念にチャレンジする流れに。非根幹距離の1800mがベストで、2000mを超えると詰めが甘くなり、1600mだとスピード負けしてしまう…という馬券の扱いが難しいタイプですけど、直線が長い東京芝コースはピッタリですし、3頭併せ最先着を果たした1週前追い切り(美浦B6ハロン85.0-68.5-53.3-38.7-12.0)で迫力十分の動きを披露していますので、最終追い切りの内容次第では評価を引き上げることも視野に入れています。

 

ダノンプレミアム

(牡6歳 父ディープインパクト・母インディアナギャル)

前走:香港カップ4着(シャティン芝2000m:2分00秒8)

3年連続で安田記念にエントリー。過去2年の安田記念は大敗(2019年16着、2020年13着)していますけど、“3度目の正直”でリベンジを果たせるのかどうか…というところがポイントになりそう。半年ぶりの実戦ですから、中間の調整過程が気になりますが、道中で舌をベロベロ出していた1週前追い切り(栗東CW7ハロン95.7-78.7-63.5-49.4-36.4-12.0)は気難しい面をのぞかせていたので、可もなく不可もなし程度の評価が妥当かもしれません。

 

ビッククインバイオ

(牝4歳 父キングズベスト・母アニメイトバイオ)

前走:京王杯SC9着(東京芝1400m:1分20秒4)

昨秋にオープン入りを果たしてから、重賞路線で苦戦続きの状況ではありますが、今年の安田記念がフルゲート割れしたこともあり、ここで待望のG1初出走を果たすこととなりました。キャリア4勝を東京芝コースで挙げている点は魅力的ですけど、スピードタイプの分、1400mの距離がベストですから、マイルの一線級相手の今回は厳しい戦いを強いられそうです。

※1週前追い切りの動画が公開されていないため、解説は省略

 

ラウダシオン

(牡4歳 父リアルインパクト・母アンティフォナ)

前走:京王杯SC1着(東京芝1400m:1分19秒8)

2020年のNHKマイルカップ優勝以降、勝ち星から見放されていましたが、1番人気に支持された前走・京王杯スプリントカップで鮮やかな先行押し切り勝ちを決め、復調気配に差し掛かっています。速い脚が使えない分、遅い流れからの上がり勝負になると分が悪い存在ですが、先行・好位タイプで展開に左右されにくい点は魅力ですし、グランアレグリアやインディチャンプ、シュネルマイスターといったライバルたちよりも前めのポジションを確保できる自在脚質なところは強みになりそうです。

※1週前追い切りの動画が公開されていないため、解説は省略

 

★安田記念2021★

★出走予定馬分析(後編)⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

終いを強めに追われた併せ馬の1週前追い切り(コース5ハロン67.4-52.8-38.8-12.1)で上々のラップを刻んでいるこの馬を安田記念事前展望<後編>のオススメ馬としてピックアップします。重賞未勝利の立場で勝ち切れるのかどうか…というところは微妙ですけど、逃げ脚質が極端に少ないメンバー構成で展開利が見込める徹底先行型ですから、道中の流れ次第では馬券圏内に逃げ粘る可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

安田記念の「激アツ買い目」は

レッドアタック公式LINEにて配信します。

友だち追加(無料)

f:id:jikuuma:20210530202633p:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
安田記念2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ダノンキングリーなど)情報!注目は展開利見込める徹底先行型のアノ伏兵!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.