競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

安田記念2021予想【出走予定馬分析(前編)】1週前追い切り(グランアレグリアなど)情報!左回りコースの重賞勝ち実績が光るアノ人気薄を注目馬にピックアップ!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210530202454j:plain

 

安田記念2021予想【出走予定馬分析(前編)】1週前追い切り(グランアレグリアなど)情報!左回りコースの重賞勝ち実績が光るアノ人気薄を注目馬にピックアップ!

 

安田記念の「激アツ買い目」は

レッドアタック公式LINEにて配信します。

友だち追加(無料)

f:id:jikuuma:20210530202633p:plain

 

2021年6月6日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第71回農林水産省賞典 安田記念(G1)

東京芝1600m 3歳以上定量

 

★安田記念2021★

★予想オッズ★

 

①人気 グランアレグリア  1.4倍

②人気 サリオス      5.6倍

③人気 インディチャンプ  7.2倍

④人気 シュネルマイスター 10.7倍

⑤人気 ラウダシオン    13.6倍

 

★安田記念2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

インディチャンプ

(牡6歳 父ステイゴールド・母ウィルパワー)

前走:高松宮記念3着(中京芝1200m:1分09秒3)

2019年の安田記念優勝。これまで安田記念に参戦する時は前哨戦にマイラーズカップを選択し、ひと叩きした上で大一番にチャレンジしていましたが、今年はマイラーズカップを経由する形ではなく、高松宮記念からの直行ローテで2年ぶりのタイトル奪還に挑みます。1週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.6-37.9-24.5-12.4)と2週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.9-37.3-24.5-12.6)でハイラップを刻み、直行ローテの影響を感じさせない調整になっていますから、近年とは異なる臨戦過程でも問題ない、と考えたいところ。

 

カテドラル

(牡5歳 父ハーツクライ・母アビラ)

前走:ダービー卿CT2着(中山芝1600m:1分32秒8)

2019年のNHKマイルカップ3着馬。デビュー当初は実戦で折り合いをつけるだけでひと苦労…という状況でしたが、キャリアを積み重ねるにつれて、落ち着き払った姿を見せるようになり、今季はマイル重賞2戦連続2着を確保しています。1週前追い切り(栗東CW6ハロン81.3-65.9-50.5-36.9-11.6)は単走で終いをビッシリ追い、強い負荷を掛けていますので、最終追い切りは軽めの内容に留めるかもしれません。

 

カデナ

(牡7歳 父ディープインパクト・母フレンチリヴィエラ)

前走:大阪杯6着(阪神芝2000m:2分03秒0)

初勝利を挙げた2016年10月の未勝利戦(阪神芝1800m)以来、約4年8ヶ月ぶりに武豊騎手とのコンビが復活。単走で終いを強めに追われた1週前追い切り(栗東坂路4ハロン53.1-38.3-24.9-12.6)は右肩上がりのラップを刻むことはできませんでしたが、キビキビとした脚さばきで坂路を駆け上がり、元気いっぱいな姿を見せていたので、状態面の不安はありません。ただ、2018年4月のマイラーズカップ14着以来、約3年2ヶ月ぶりにマイル戦を使う点は不安材料になります。

 

カラテ

(牡5歳 父トゥザグローリー・母レディーノパンチ)

前走:東京新聞杯1着(東京芝1600m:1分32秒4)

今年2月のG3・東京新聞杯を優勝。関東の若武者・菅原明良騎手が重賞初制覇を果たしたことでも話題を集めました。春の大目標・安田記念へのひと叩きとして、ダービー卿チャレンジトロフィーに出走を予定していましたが、右前脚の爪の状態が思わしくなかったため、ダービー卿チャレンジトロフィーへのエントリーを取りやめ、ぶっつけ本番で安田記念に駒を進めることとなりました。1週前追い切り(美浦坂路4ハロン54.0-39.3-25.7-12.8)はまずまずのラップタイムを計測していますけど、道中でモタつく場面が目立ち、久々の分の割引が必要な状況だったので、最終追い切りで調子上昇をうかがわせる動きを見せてほしいところです。

 

グランアレグリア

(牝5歳 父ディープインパクト・母タピッツフライ)

前走:ヴィクトリアマイル1着(東京芝1600m:1分31秒0)

道悪馬場への対応に苦しみ、まさかの4着に凡退したG1・大阪杯からの巻き返しを図った前走・ヴィクトリアマイルを大楽勝。古馬芝マイルG1完全制覇という史上初の快挙を成し遂げた“マイル界の絶対女王”が安田記念2連覇にチャレンジ。中2週の強行軍ということもあり、1週前追い切り(美浦坂路4ハロン60.4-44.7-29.5-14.9)はかなり遅い時計に留めていますから、最終追い切りではもっと追い切り時計のピッチを上げてくるかと思いますが【●●●●●●●】という不利データが存在していますので、過信は禁物です。

 

グランアレグリアの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

ケイデンスコール

(牡5歳 父ロードカナロア・母インダクティ)

前走:マイラーズC1着(阪神芝1600m:1分31秒4)

2歳秋シーズン以降、ムラ駆け傾向が極端に強くなっていましたが、5歳シーズンに突入してから急激に力をつけていき、今季のマイル重賞を2勝。2着に敗れたG2・中山記念でも適性外の1800mでキッチリと上位争いを展開していますから、充実期に入った現状でグランアレグリア相手にどこまで通用するのか…という腕試し的な意味合いが強くなるかと思います。1週前追い切り(栗東坂路4ハロン55.6-39.7-24.9-11.7)は終い好時計をマーク。最終追い切りでは全体時計をもっと詰めてほしいところ。

 

サリオス

(牡4歳 父ハーツクライ・母サロミナ)

前走:大阪杯5着(阪神芝2000m:2分02秒7)

1年前の牡馬クラシック路線で無敗の三冠馬・コントレイルに次ぐ存在として大きな期待を集めていましたが、ここ2戦はいずれも掲示板内ギリギリの5着を確保するのがやっと…という消化不良な結果に終わっています。1週前追い切り(美浦W5ハロン67.3-51.6-38.2-12.0)は併せ馬を敢行。終始馬なりの手応えを保っていながら、終いの鋭い決め手を発揮し、1馬身ほど併走先着を果たしていますので、最終追い切りでも高水準の動きを見せた場合は打倒グランアレグリアの最有力としてピックアップする必要があるかと思います。

 

★安田記念2021★

★出走予定馬分析(前編)⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

1週前追い切り(コース6ハロン81.3-66.6-51.7-37.6-11.4)でラスト1ハロン好時計を計測し、好状態をキープしているこの馬を安田記念事前展望<前編>のオススメ馬としてピックアップします。久々のマイル戦だった前回は道中の流れに乗り損ね、案外な結果に終わっていますけど、マイル戦を続けて使う今回は速い流れへの慣れが見込めますし、重賞を2勝している左回りコースに替わる点も追い風になるのでは?と考えています。

 

安田記念の「激アツ買い目」は

レッドアタック公式LINEにて配信します。

友だち追加(無料)

f:id:jikuuma:20210530202633p:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
安田記念2021予想【出走予定馬分析(前編)】1週前追い切り(グランアレグリアなど)情報!左回りコースの重賞勝ち実績が光るアノ人気薄を注目馬にピックアップ!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.