競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

オークス2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ソダシなど)情報!注目は立ち回りの器用さで勝負するアノ伏兵!内寄りの枠引ければ好走確率UP!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210520120637j:plain

 

オークス2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ソダシなど)情報!注目は立ち回りの器用さで勝負するアノ伏兵!内寄りの枠引ければ好走確率UP!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年5月23日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第82回優駿牝馬(オークス・G1)

東京芝2400m 3歳牝馬定量

 

★オークス2021★

★予想オッズ★

 

①人気 ソダシ       1.8倍

②人気 アカイトリノムスメ 4.5倍

③人気 ファインルージュ  6.8倍

④人気 クールキャット   10.6倍

⑤人気 ユーバーレーベン  13.3倍

 

★オークス2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ストライプ

(牝3歳 父ルーラーシップ・母グレイスフラワー)

前走:桜花賞12着(阪神芝1600m:1分32秒6)

2走前のOP・クロッカスステークス(東京芝1400m)で鮮やかなイン強襲を決め、収得賞金加算に成功している関東馬。1400mで2勝を挙げているものの、1600mでは2戦続けて凡退を喫している分、2400mへの距離延長に不安が残ります。ただ、関西圏への長距離輸送を挟む形だった前走・桜花賞は道中の速い流れに乗り損ねる形でしたから、距離延長で道中の追走が幾分楽になる点はプラスに働くかもしれません。

※1週前追い切りの映像が公開されていないため、解説は省略

 

ソダシ

(牝3歳 父クロフネ・母ブチコ)

前走:桜花賞1着(阪神芝1600m:1分31秒1)

5戦5勝でG1・桜花賞を快勝し、前年のデアリングタクトに続く“無敗の牝馬三冠”達成への期待がグッと高まった白毛のアイドルホース。パワー型血統の代表格・クロフネ産駒でありながら、レコード決着となった桜花賞で速い時計に対応しているように、血統の常識を打ち破る存在ですし、3頭併せを敢行した1週前追い切り(栗東CW6ハロン86.9-69.6-53.2-38.3-11.6)でもキビキビとした脚さばきを披露し、併走最先着を果たしていますので、最大のライバル・サトノレイナス不在の今回は主役候補の筆頭としてピックアップする必要があります。ただ【●●●●●●●】もありますから、慎重に取捨判断していきたいところです。

 

ソダシの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

タガノパッション

(牝3歳 父キングカメハメハ・母アドマイヤシルク)

前走:スイートピーS1着(東京芝1800m:1分46秒2)

中団やや後ろのポジションで脚を溜める形になった前走・スイートピーステークスで一気の差し切り勝ちを決め、オークスへの優先出走権を獲得。今年3月にデビューしたばかりの新星ではありますが、1戦ごとにレース運びが器用になってきていますし、折り合い面の不安がない分、2400mへの距離延長にも対応できるはずなので、底を見せていない魅力を持ち合わせているこの馬が強敵ソダシ相手にどこまで迫れるのか…という点に注目したいです。

※1週前追い切りの映像が公開されていないため、解説は省略

 

ファインルージュ

(牝3歳 父キズナ・母パシオンルージュ)

前走:桜花賞3着(阪神芝1600m:1分31秒2)

初めて関西圏への長距離輸送を挟む形だった前走・桜花賞でも落ち着いた雰囲気でレースに臨み、中団待機から脚を伸ばして3着を確保。勝ったソダシとの着差はわずか0.1秒ですし、桜花賞2着のサトノレイナスが次週の日本ダービーに出走する、という背景を考慮すれば、桜花賞3着の実績が光るこの馬がオークスのタイトルを奪取する可能性も十分あるのでは?と考えています。併せ馬を敢行した1週前追い切り(美浦W6ハロン83.5-67.8-53.1-39.0-12.0)は併走相手に後ろからプレッシャーを掛けさせる形でしたが、道中の折り合いはバッチリで、併走相手が迫ってきたところでスムーズに反応し、鋭い脚を使っていますので、レコード決着だった桜花賞の反動を心配する必要はないかと思います。

 

ユーバーレーベン

(牝3歳 父ゴールドシップ・母マイネテレジア)

前走:フローラS3着(東京芝2000m:1分59秒6)

昨夏のG3・札幌2歳ステークス(札幌芝1800m)でソダシに次ぐ2着を確保したほか、昨年末のG1・阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神芝1600m)でも3着に入り、能力の高さを示している上位馬候補ではありますが、末脚一手の脚質で展開に左右されやすい…という弱点を解消できず、前残り決着となった前走・フローラステークスでは脚を余す形で3着に敗れています。ただ、フローラステークスで2着以内を確保できなかったのに、収得賞金順でオークスの出走枠に滑り込んでいますし、併せ馬の1週前追い切り(美浦W5ハロン68.6-53.8-39.2-12.7)でも力強いフットワークを披露していましたから、デキの良さとトライアル凡退でもオークス出走にこぎつけた“幸運”を味方につけての健闘に期待したいところです。

 

★オークス2021★

★出走予定馬分析(後編)⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

終いまでビッシリ追った併せ馬の1週前追い切り(コース5ハロン64.4-50.1-37.2-12.9)で好時計を叩き出し、好調子維持が確実なこの馬をオークス事前展望<後編>のオススメ馬としてピックアップします。気が入りやすいタイプなので、2400mの距離はギリギリな印象ですけど、立ち回りの器用さをウリにしていますから、内寄りの好枠を引き当てて、前々のポジションを楽に確保する形に持ち込むことができれば、再度の激走があっても全く驚けません。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
オークス2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ソダシなど)情報!注目は立ち回りの器用さで勝負するアノ伏兵!内寄りの枠引ければ好走確率UP!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.