競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

NHKマイルカップ2021予想【追い切り後分析】ルメール騎乗シュネルマイスターの不安要素公開!本命はシャドーロール着用で終いのキレ味増したアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210509074612j:plain

 

NHKマイルカップ2021予想【追い切り後分析】ルメール騎乗シュネルマイスターの不安要素公開!本命はシャドーロール着用で終いのキレ味増したアノ馬!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年5月9日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第26回NHKマイルカップ(G1)

東京芝1600m 3歳定量

 

★NHKマイルカップ2021★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 レイモンドバローズ(牡3歳 浜中俊 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン56.4-39.4-25.0-12.3

単走馬なり。鞍上が促したところでじわじわと頭の位置が上がるクセを解消できていないところは気掛かりですけど、一定のリズムを保ちながら、踏み込みの力強さが際立つフットワークで坂路をグングン駆け上がっていましたから、デキ自体は申し分ありません。

 

1枠2番 アナザーリリック(牝3歳 津村明秀 55kg)

5日(水):美浦W5ハロン69.3-53.8-39.9-12.1

ノーザンピーク(3歳未勝利)との併せ馬を敢行し、1馬身ほど併走先着。鞍上が促してからの反応が少し鈍かったのですが、格下のスパーリング相手に手応え優勢の状態で併走先着を果たしていますし、エンジンの掛かりが遅い分、直線が長い東京芝コースで持ち味を発揮しそうなイメージもありますから、コース替わりでのパフォーマンス上昇が見込める点はプラスに働きそうです。

 

2枠3番 ルークズネスト(牡3歳 幸英明 57kg)

5日(水):栗東CW6ハロン82.5-67.1-53.1-39.7-12.6

単走馬なり。道中の折り合いに専念する形でしたが、しっかりと抑えが利いていたので、折り合い面に苦しむことはなさそうですし、上々の気合い乗りをキープさせたまま、豪快かつエネルギッシュな脚さばきを披露していましたから、良い意味で一連の好調子を維持しているのは間違いないでしょう。

 

2枠4番 バスラットレオン(牡3歳 藤岡佑介 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン56.6-41.2-26.6-12.6

単走馬なり。関東圏への長距離輸送を挟む形になるので、4ハロン56秒台の遅い全体時計に留まった点は納得がいきますし、頭の位置をグッと下げ、力強い脚さばきで一歩ずつしっかりと踏み込んでいく、という上質なスパーリングを消化していますから、追い切り時計だけで評価を落としてしまうのは危険です。

 

3枠5番 リッケンバッカー(牡3歳 横山武史 57kg)

5日(水):栗東CW5ハロン74.6-59.0-43.6-13.7

単走馬なり。5ハロン74.6秒というかなり遅い全体時計に留まっていますけど、2日(日)の追い切り(栗東坂路4ハロン52.0-37.2-24.1-12.0)で速い時計を出していますので、最終追い切りの時計の遅さは気になりませんし、折り合いもバッチリでしたから、高いレベルのデキを維持しているのは間違いないでしょう。

 

3枠6番 シティレインボー(牡3歳 三浦皇成 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン53.4-38.4-24.8-12.5

単走終い一杯。素軽い脚さばきで坂路を登板していたのですが、鞍上が追い出したところの反応がイマイチで、フィニッシュ地点手前で失速気味の状況でしたから、更なるパフォーマンス上昇を期待するのは難しいかもしれません。

 

4枠7番 タイムトゥヘヴン(牡3歳 M・デムーロ 57kg)

5日(水):美浦W5ハロン66.0-50.6-37.3-12.5

プロトスター(6歳障害未勝利)との併せ馬を敢行し、2馬身ほど併走先着。終始楽な手応えを保った状態でラスト1ハロンを12.5秒でまとめた点は高く評価できますし、キビキビとした脚さばきでWコースを元気いっぱいに駆け抜けていましたから、更なるデキ上昇が見込める状況です。

 

4枠8番 グレナディアガーズ(牡3歳 川田将雅 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン54.9-39.3-25.3-12.2

ロードシャムロック(4歳3勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。関東圏への長距離輸送を控えている分、やや軽めの内容に留めていますけど、スナップの利いた脚さばきで坂路をグングン駆け上がっていき、キッチリと右肩上がりのラップを刻んでいますから、過剰人気確実な情勢でも軽くは扱えません。

 

5枠9番 ゴールドチャリス(牝3歳 田中勝春 55kg)

5日(水):栗東CW4ハロン53.4-38.5-12.0

クーファイザナミ(4歳1勝クラス)との併せ馬を敢行し、3頭併せ。

楽な手応えを保った状態で併走同入を果たしていますので、デキ自体は問題ありませんけど、頭の位置が終始高かったのは気掛かりですし、短距離向きの小気味いい走りをする分、マイルの距離は微妙に長いイメージもありますから、可もなく不可もなし程度の評価が妥当でしょう。

 

5枠10番 ソングライン(牝3歳 池添謙一 55kg)

5日(水):美浦W5ハロン68.3-52.1-38.5-11.9

グルアーブ(4歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、2馬身ほど併走先着。直線に向いたところで内にササるような素振りを見せていましたが、程よい気合い乗りを保った状態でグングン脚を加速させ、ラスト1ハロン11秒台の好時計を叩き出していますから、状態面の不安はありません。

 

6枠11番 ヴェイルネヴュラ(牡3歳 戸崎圭太 57kg)

5日(水):美浦W5ハロン68.5-52.5-37.8-12.9

トゥルーアート(3歳1勝クラス)との併せ馬を敢行し、1馬身ほど併走先着。伸びやかなストライドでWコースを軽やかに駆け抜けていき、馬なりの手応えでラスト1ハロン12.9秒の時計をマークしていますし、道中の折り合いもバッチリでしたから、高水準のデキに仕上がった、と判断したいです。

 

6枠12番 ランドオブリバティ(牡3歳 石橋脩 57kg)

5日(水):美浦W5ハロン67.6-51.7-38.0-12.5

マイネルミュトス(5歳3勝クラス)&レッドライデン(4歳2勝クラス)との3頭併せを敢行し、併走同入。前走時まで使用していたハミ(ジェーンビット)を今回から別のハミ(トライアビット)に切り替えた効果もあってか、道中の気合い乗りがこれまで以上に良かったので、マイルへの舞台替わりがドハマりする可能性も。

 

7枠13番 ホウオウアマゾン(牡3歳 武豊 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン53.6-38.8-25.0-12.4

単走馬なり。レース間隔が詰まっている分、強い負荷を掛けたわけではありませんけど、バネの利いたフットワークで坂路を駆け上がっていましたし、休養明け初戦だった前回以上に前進気配が見られたところも好感が持てますから、好状態キープと判断したいです。

 

7枠14番 ショックアクション(牡3歳 田辺裕信 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン52.8-37.7-24.3-12.0

単走終い強め。右肩上がりのラップを刻んだ点は好感が持てますけど、鞍上が促したところで頭を上げてしまい、推進力を欠くフォームに留まった点はマイナスなので、急激な変わり身を望むのは酷かと思います。

 

7枠15番 シュネルマイスター(牡3歳 ルメール 57kg)

5日(水):美浦W5ハロン66.5-51.7-38.1-12.1

ロークアルルージュ(5歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、1馬身ほど併走先着。目一杯に追われていた古馬の併走相手に対し、こちらは終始馬なりの手応えをキープさせ、フィニッシュ地点手前で一気に交わし去る、という豪快なスパーリングを消化しましたので、デキ自体は申し分ありません。ただ【●●●●●●●】ですから、案外な結果に終わる可能性も…。

 

シュネルマイスターの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

8枠16番 ロードマックス(牡3歳 岩田望来 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン52.8-38.0-24.7-12.4

単走馬なり。4ハロン52.8秒という上々の全体時計をマークした上で、ラスト1ハロンを12.4秒でまとめていますから、好状態を維持しているのは間違いないかと思いますが、終始頭の位置が外側に傾き、気ムラな面をのぞかせていたところが若干気になります。

 

8枠17番 グレイイングリーン(牡3歳 武藤雅 57kg)

5日(水):栗東CW4ハロン55.0-40.4-12.5

単走馬なり。関東圏への長距離輸送を控えていることもあり、終い重点の軽い内容に留めています。程よい気合い乗りで直線に向き、軽快かつパワフルな脚さばきでCWコースを駆け抜けていく、という上々の動きを披露していましたから、デキ自体は申し分ありません。

 

8枠18番 ピクシーナイト(牡3歳 福永祐一 57kg)

5日(水):栗東坂路4ハロン51.3-37.6-24.5-12.3

新潟大賞典に出走するダノンマジェスティ(6歳オープン)との併せ馬を敢行し、3馬身ほど併走先着を果たしました。しなやかな脚さばきで実績上位の古馬相手に併走相手を決めた点は評価すべきなのでしょうが、道中で折り合いを欠き、気合い乗りが良すぎる面もあったので、レース当日のパドックでの気配を注視したいです。

 

★NHKマイルカップ2021★

★追い切りランキング★

 

1位 ランドオブリバティ

(3頭併せ同入!ハミ切り替えで気合い乗り◎!)

2位 タイムトゥヘヴン

3位 ホウオウアマゾン

4位 グレナディアガーズ

5位 シュネルマイスター

 

★NHKマイルカップ2021★

★予想オッズ★

 

①人気 グレナディアガーズ 2.9倍

②人気 シュネルマイスター 3.5倍

③人気 バスラットレオン  5.0倍

④人気 ホウオウアマゾン  5.7倍

⑤人気 ピクシーナイト   10.6倍

 

★NHKマイルカップ2021★

★展開予想★

 

ピクシーナイト&バスラットレオンの重賞勝ち馬2頭がハナ争いを展開しそうなメンバー構成ですけど、ピクシーナイト騎乗の福永祐一騎手とバスラットレオン騎乗の藤岡佑介騎手はどちらも無理に競り合うタイプのジョッキーではないので、前半1000m通過59秒前後のゆったりとした平均遅めのペースを形成し、直線が長い東京芝コースならではの瞬発力勝負に持ち込まれるのでは?と予想しています。

 

★NHKマイルカップ2021★

★追い切り後分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

コース併せ馬の最終追い切りで俊敏な脚さばきを披露し、G1でも勝負できるデキに仕上げてきたこの馬を本命に抜てきします。初めてマイル戦を使った前走は勝ち馬に離される形でしたが、スタートで出遅れてしまい、道中の流れに乗り損ねる場面がありながらも、展開不向きの中でしっかりと追い上げた点は高く評価できますし、前回から着用しているシャドーロールの効果で終いのキレ味に磨きがかかっているので、スタートを五分に出て、マイルの流れに上手くフィットすることができれば、過去最高級のパフォーマンスを発揮してくれるのでは?と考えました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
NHKマイルカップ2021予想【追い切り後分析】ルメール騎乗シュネルマイスターの不安要素公開!本命はシャドーロール着用で終いのキレ味増したアノ馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.