競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

馬場・展開読みの魔術師

【天皇賞・春2021】最終予想!過去最高のデキで条件も揃った馬から勝負!

投稿日:

今回は天皇賞・春2021の最終予想記事となります。

ゆうです。

今年の天皇賞・春は混戦模様。現段階のオッズでもそれを表している。

長距離界の王であるフィエールマンが引退した今、どの馬が長距離界を牽引していくのか。それが今日ハッキリしますね。

的中の鍵は阪神芝3200mを理解することでしょう。

今回は阪神芝3200mを中心に予想を述べたいと思います。

では本題に入っていきましょう。

▼LINE@では「平場で最も自信のある馬」を配信中!▼


天皇賞・春2021の最終予想

 阪神芝3200mの解説

阪神芝3200mは1週目は外回り、2週目は内回りとなります。内回りの直線は約356mと比較的短い。道中の起伏はそこまでないコース形態だが急坂を2回も超えないといけない。

また京都競馬場のように3~4コーナーにかけて下り坂を利用してペースを上げることができない。しかし2週目の内回りは直線が短いので4コーナー辺りでは好位を取っておきたいという騎手心理から3コーナーからペースが上がる可能性が高い。しかし上げ過ぎると2度目の急坂で止まってしまう可能性が出てくる。

かなり癖のある舞台。例年よりもスタミナ(ステイヤー適性)が求められるのは間違いないかと。

 

 

 レース展望

内の3頭(ワールドプレミア、アリストテレス、カレンブーケドール)は消せない。むしろ重視すべきでしょう。長距離レースにおいて経済コースを走れる枠はかなり有利。今回の舞台では尚更。ペースが上がっても他の馬より余裕が持てますからね。

逃げ馬がディアスティマしかないので道中はスローペースで進むでしょう。ペースが上がるのは2週目。外目の枠の馬が位置を取りに押し上げてくるかと。最も動いて来そうなのは川田騎手。オーソリティはダイヤモンドSでステイヤー適性が証明されているので強気に来そう。

それにつれて他馬も位置を上げてくるのでペースが上がる。やはりどう考えてもインで脚を溜める方が有利。土曜日の馬場傾向を見る限りインが伸びないわけではないので…。

懸念されるのは初めから位置(先行好位)を取っていた馬がペースが上がることでプレッシャーを受けること。ディープボンドやアリストテレスは初めから位置を取っていると思うのでこのプレッシャーに耐えきることができるかどうか。

人気馬の様子を見ながら競馬ができそうなワールドプレミアが軸候補かな…。

 

 

最終予想

自信度:★★★☆☆

天候が心配ですが、軸は変えません。

◎:ワールドプレミア(1)

追い切り映えはしないが、恐らく過去最高の馬体。新馬の頃はエンジンのかかりが遅い馬だったが日経賞では直線の短い中山で上手く加速できていた。ディープインパクト産駒だが5歳でやっと馬が出来上がった印象。アリストテレス同様、過去最高のデキなのは間違いない。枠も1枠1番と最高の枠を引いた。これでギリギリまで脚を溜めることができる。後は直線進路を見つけることができるかどうか。福永騎手なので詰まることが怖いという声を聞くが、それは昔の話。今の福永騎手は意外と詰まらない。

 

相手は天候を見て決めたい。最終的な印はTwitterで1時間前までに配信します。

Source: 馬場・展開読みの魔術師
【天皇賞・春2021】最終予想!過去最高のデキで条件も揃った馬から勝負!

-馬場・展開読みの魔術師

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.