競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

天皇賞春2021予想【過去データ分析】アリストテレスの不利データ公開!注目は芝3000m以上で好結果残すジョッキーとコンビ結成するアノ馬!ブリンカー着用後成績安定!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210430031905j:plain

 

天皇賞春2021予想【過去データ分析】アリストテレスの不利データ公開!注目は芝3000m以上で好結果残すジョッキーとコンビ結成するアノ馬!ブリンカー着用後成績安定!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年5月2日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走

第163回天皇賞春(G1)

阪神芝3200m 4歳以上定量

 

★天皇賞春2021★

★予想オッズ★

 

①人気 ディープボンド   3.5倍

②人気 アリストテレス   4.7倍

③人気 カレンブーケドール 5.3倍

④人気 オーソリティ    8.1倍

⑤人気 ワールドプレミア  10.7倍

 

★天皇賞春2021★

★データPickup★

※出走馬確定前の分析になります

 

①天皇賞春過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【3-1-0-1】

2番人気【2-0-1-2】

3番人気【0-0-1-4】

4番人気【0-1-2-2】

5番人気【0-0-0-5】

6番人気以下【0-3-1-50】

 

過去5年の勝ち馬はいずれも単勝オッズ一桁台の上位人気に支持されていて、2017年1着のキタサンブラックから4年連続で1番人気が連対を確保していますから、基本的には上位人気馬優勢のレース、という風に解釈する必要があります。今年の天皇賞春は前哨戦の阪神大賞典を快勝したディープボンド、昨年の菊花賞で三冠馬コントレイルと大接戦を演じたアリストテレスが1番人気の座を争う形になりますので、どちらが相性抜群の1番人気に支持されるのか…というところもポイントになりそうです。また、単勝オッズ10倍以上の伏兵陣も過去5年で2着4回の結果を残していますので、2・3着に人気薄が突っ込んでくる“紐荒れ”に十分警戒してください。

 

②天皇賞春過去5年の枠順別・年齢別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【1-0-0-7】

2枠【1-1-0-6】

3枠【0-1-0-8】

4枠【0-1-3-6】

5枠【0-1-0-9】

6枠【1-1-1-7】

7枠【1-0-0-10】

8枠【1-0-1-11】

 

長丁場のマラソンレースになりますので、コースロスを極力減らすことが可能な内枠有利の流れが強いのかな?と思いきや、上記データの通り、1枠~8枠まですべての枠番から連対馬が出ていますから、過去5年の傾向では枠順の有利不利は大きくない、という判断が妥当かと思います。ただ、今年の天皇賞春は京都競馬場改修工事の影響で阪神競馬場での開催となり、ロングラン開催の真っ只中で行われますので、今週末の阪神芝コースの馬場傾向次第では極端なトラックバイアスが生じる可能性も。

 

 

<年齢別成績>

 

4歳【2-1-3-14】

5歳【3-1-0-18】

6歳【0-2-1-16】

7歳以上【0-1-1-16】

 

過去5年で3勝を挙げている5歳(オセアグレイト・カレンブーケドール・ゴースト・ディバインフォース・メイショウテンゲン・メロディーレーン・ワールドプレミア)と、過去5年で2勝を挙げている4歳(アリストテレス・ウインマリリン・オーソリティ・ディープボンド・ディアスティマ)がほぼ互角の結果を残している一方、6歳以上(シロニイ・ジャコマル・ナムラドノヴァン・マカヒキ・ユーキャンスマイル)からは勝ち馬が1頭も出ていないので、若い馬を狙い打ちするのが得策です。

 

③天皇賞春過去5年の前走レース別成績データ

 

阪神大賞典【1-2-3-23】

大阪杯【2-1-0-2】※該当馬なし

有馬記念【1-0-0-0】※該当馬なし

AJCC【1-0-0-0】※該当馬なし

日経賞【0-1-1-19】

ダイヤモンドS【0-0-0-10】

上記以外【0-1-1-10】

 

過去5年で3頭の連対馬を輩出している前走大阪杯組が一歩リードしていますけど、今年の天皇賞春には前走大阪杯組が1頭も出てこないので、来年以降に使えるデータとして認識しておきましょう。ポイントは前走日経賞組(ウインマリリン・オセアグレイト・カレンブーケドール・ジャコマル・ワールドプレミア)と前走ダイヤモンドステークス組(オーソリティ)が苦戦しているところ。前走で関東圏のレースを使っていた馬は割引が必要です。

 

④芝3000m以上の騎手別連対率TOP5

(データ集計の対象期間は2015/1/5~2021/3/21まで)

 

北村友一【1-1-1-2】(連対率40%)

ルメール【6-1-5-7】(連対率36.8%)

福永祐一【2-5-2-12】(連対率33.3%)

藤岡康太【0-1-0-4】(連対率20%)

戸崎圭太【1-2-1-12】(連対率18.8%)

※天皇賞春に参戦予定の騎手成績のみ掲載

 

リーディング首位独走中のルメール騎手(アリストテレス)が連対率36.8%のハイアベレージを叩き出しているのはもちろん、サンプル数こそ少ないとはいえ、北村友一騎手(ディアスティマ)も連対率40%の好結果を残していますし、大舞台を数多く経験している福永祐一騎手(ワールドプレミア)もルメール騎手と匹敵する数字をマークしています。

 

ちなみに、今シーズンの重賞路線で目覚ましい活躍を見せている川田将雅騎手(オーソリティ)はデータ集計の対象期間内に【1-2-2-16】(連対率14.3%)というまずまずの結果になっています。

 

また、天皇賞春に関するデータを更に掘り下げてみたところ【●●●●●●●】という不利データが見つかりましたので、この不利データに該当する馬(アリストテレス・ナムラドノヴァン・マカヒキ・メロディーレーン・ユーキャンスマイル)の扱いには注意が必要です。

 

アリストテレスの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

★天皇賞春2021★

★過去データ分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

年齢別成績(4歳)の好走データに該当しているだけでなく、芝3000m以上の騎手別連対率TOP5部門でも上位にランクインしているこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。ノーザンファーム出身の期待馬の割には出世が遅れましたけど、ブリンカーを着用し始めてから4戦連続2着以内を確保しているように、馬具の効果で成績がジャンプアップしている点は魅力的ですし、2500m以上の長距離で2連勝中なところも大きな強みになりそうです。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
天皇賞春2021予想【過去データ分析】アリストテレスの不利データ公開!注目は芝3000m以上で好結果残すジョッキーとコンビ結成するアノ馬!ブリンカー着用後成績安定!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.