競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

福島牝馬ステークス2021予想【追い切り後分析】シゲルピンクダイヤの不安要素公開!本命は追い切り(坂路)で栗東一番時計叩き出したアノ馬!持久力勝負濃厚のメンバー構成も追い風に!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210423235328j:plain

 

福島牝馬ステークス2021予想【追い切り後分析】シゲルピンクダイヤの不安要素公開!本命は追い切り(坂路)で栗東一番時計叩き出したアノ馬!持久力勝負濃厚のメンバー構成も追い風に!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年4月24日(土)

新潟競馬11レース(15時25分発走

第18回福島牝馬ステークス(G3)

新潟芝1800m 4歳以上牝馬別定

 

★福島牝馬ステークス2021★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 リュヌルージュ(牝6歳 鮫島克駿 54kg)

21日(水):栗東CW6ハロン87.3-70.2-54.7-40.1-12.3

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

1枠2番 ムジカ(牝4歳 秋山真一郎 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン54.3-39.6-25.7-12.7

単走馬なり。弾むようなフットワークで坂路を駆け上がり、ラスト1ハロンを12.7秒でまとめていますから、デキは変わりありませんけど、道中で頭の位置が定まらず、集中力を欠く形だったので、可もなく不可もなし程度の評価が妥当かと思います。

 

2枠3番 パッシングスルー(牝5歳 津村明秀 54kg)

21日(水):美浦W4ハロン50.3-37.7-13.0

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

2枠4番 ロザムール(牝5歳 北村宏司 54kg)

21日(水):美浦W5ハロン68.2-53.9-40.1-12.8

単走馬なり。頭の位置が高く、不格好な走法でしたけど、頭の位置が高いのはこの馬の癖なので、特に気にする必要はありませんし、しなやかな脚さばきでWコースを駆け抜け、ラスト1ハロンを12.8秒にまとめていますから、良い意味で一連の好調子を維持しているのは間違いないでしょう。

 

3枠5番 クラヴァシュドール(牝4歳 藤岡佑介 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン54.6-39.2-24.9-12.1

日曜のマイラーズカップに出走するフォックスクリークとの併せ馬を敢行し、2馬身半ほど併走先着。道中の気合い乗りが良すぎる感じだったので、1800mへの距離延長は微妙かもしれません。ただ、しなやかな脚さばきで脚を加速させ、併走相手を一気に突き放す好内容のスパーリングを消化していますから、レース当日の落ち着き次第では上位争い進出が期待できるぐらいのデキには仕上がっています。

 

3枠6番 フィリアプーラ(牝5歳 菊沢一樹 54kg)

21日(水):美浦W5ハロン68.9-53.1-39.5-12.4

エンピレオ(3歳未勝利)との併せ馬を敢行し、併走同入。併走相手を突き放すことはできませんでしたが、馬なりの手応えで流す程度の内容だったにも関わらず、ラスト1ハロンで12.4秒の好時計をマークした点は評価できますし、道中の気合い乗りも上々だったので、状態面の不安はありません。

 

4枠7番 ミスニューヨーク(牝4歳 加藤祥太 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン56.3-40.7-25.4-12.3

単走馬なり。レース間隔が詰まっているだけでなく、新潟への長距離輸送を控えていましたから、流す程度の軽い内容に留めた点は納得がいきますし、道中でピッタリと折り合い、しなやかな脚さばきで坂路を駆け上がっていたので、良い意味で一連の好調子を維持しているのは間違いないでしょう。

 

4枠8番 シゲルピンクダイヤ(牝5歳 和田竜二 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン53.8-39.0-25.1-12.4

単走終いやや強め。鞍上が促したところで少しバランスを崩す場面こそありましたが、バネの利いた脚さばきで坂路を一気に駆け上がり、キッチリと右肩上がりのラップを刻んでいましたので、デキ自体は申し分ありません。ただ【●●●●●●●】にありますから、展開に左右されやすいタイプであることを踏まえた上で取捨選択する必要がありそうです。

 

シゲルピンクダイヤの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

5枠9番 アブレイズ(牝4歳 藤井勘一郎 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン51.0-37.5-24.0-12.0

単走馬なり。フィニッシュ地点手前で3頭併せのような形になりましたが、余力たっぷりの手応えを保った状態で4ハロン51.0秒-ラスト1ハロン12.0秒という水準以上の時計をマークしていましたし、素軽さ満点のフットワークで脚を加速させていましたから、攻め駆けするタイプであることを踏まえても、右肩上がりの状態に差し掛かっている、という見方が妥当かと思います。

 

5枠10番 アバルラータ(牝7歳 吉田隼人 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン53.4-38.4-24.6-12.3

単走終いやや強め。頭の位置が定まらず、やや不格好な走りになっていましたが、脚さばき自体は悪くなかったですし、鞍上が軽く促したところの反応もまずまずでしたから、水準級のデキには仕上がっています。

 

6枠11番 ディアンドル(牝5歳 団野大成 55kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン54.8-39.1-24.9-12.5

タガノアクトリス(3歳未勝利)との併せ馬を敢行し、併走同入。頭の位置が外側に傾いているのはいつも通りなので、不格好な形になった点は気になりませんけど、前回(小倉大賞典3着)の最終追い切りよりもムキになる面が目立ち、折り合いに苦労する形でしたから、新潟への長距離輸送を挟む今回はパフォーマンスを落とす可能性も…。

 

6枠12番 サンクテュエール(牝4歳 杉原誠人 54kg)

21日(水):美浦坂路4ハロン54.1-39.3-25.0-12.2

引っ張りっきりの手応えを保った状態で3頭併せ同入。約4ヶ月の休養明け初戦になりますので、レース当日の馬体重やパドック出の気配をしっかりチェックする必要がありますけど、太め残りという感じではなかったですし、脚さばき自体も軽やかでしたから、久々でも侮れない存在になりそうです。

 

7枠13番 ドナアトラエンテ(牝5歳 川田将雅 54kg)

21日(水):美浦W5ハロン68.0-52.4-38.5-13.2

ダイワクンナナ(4歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。終始馬なりの手応えだったので、ラスト1ハロンで13.2秒の時計を要した点は気になりませんし、軽いタッチでWコースを一気に駆け抜けていて、道中で落ち着き払っていたところも好感が持てますから、巻き返しが期待できるデキに仕上がっています。

 

7枠14番 アフランシール(牝5歳 丸田恭介 54kg)

21日(水):美浦坂路4ハロン52.9-37.5-24.7-12.6

単走終いやや強め。レース間隔が微妙に空いている分の割引は必要かもしれませんが、前肢の蹴りの強さが際立つ豪快な脚さばきで坂路をグングン駆け上がり、4ハロン52秒台のハイラップを叩き出していますので、状態面の不安はありません。

 

8枠15番 カリオストロ(牝4歳 亀田温心 54kg)

21日(水):栗東坂路4ハロン53.7-38.2-25.1-12.7

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

8枠16番 パラスアテナ(牝4歳 坂井瑠星 54kg)

21日(水):美浦W5ハロン66.2-51.5-38.3-12.6

3頭併せの内から脚を伸ばし、併走最先着。頭の位置がやや高めだったのは気掛かりですけど、鞍上のアクションに従順で、促したところから一気にギアを入れ替え、余力十分の手応えで脚を加速させていく、という上々の内容でしたから、デキ自体は申し分ありません。

 

★福島牝馬ステークス2021★

★追い切りランキング★

 

1位 パラスアテナ

(Wコース3頭併せで終いの加速力際立つ!)

2位 アブレイズ

3位 シゲルピンクダイヤ

4位 ドナアトラエンテ

5位 ミスニューヨーク

 

★福島牝馬ステークス2021★

★予想オッズ★

 

①人気 ドナアトラエンテ  2.9倍

②人気 シゲルピンクダイヤ 3.5倍

③人気 ロザムール     5.4倍

④人気 パラスアテナ    8.0倍

⑤人気 ミスニューヨーク  11.7倍

 

★福島牝馬ステークス2021★

★展開予想★

 

中山牝馬ステークスで2着に逃げ粘ったロザムールが出てきますけど、徹底先行型のディアンドルだけでなく、短距離志向の強いカリオストロもハナを奪うスピードの持ち主ですから、どの馬が逃げることになっても、極端な遅い流れにはならず、前半1000m通過58秒~59秒の平均速めのペースを形成し、上がりを要する中での末脚勝負に持ち込まれるのでは?と予想しています。

 

★福島牝馬ステークス2021★

★追い切り後分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

余力たっぷりの手応えだった最終追い切りで21日(水)の栗東坂路全体一番時計をマークしただけでなく、1週前追い切り(坂路4ハロン52.5-37.9-24.3-12.0)でも高水準の時計を叩き出し、抜かりのない調整を施してきたこの馬を本命に抜てきします。極端な道悪馬場に泣いた前回は末脚不発の形になりましたが、荒れ馬場への適性は高いタイプですし、速い上がり勝負だと分が悪い反面、持久力勝負には無類の強さを誇っていますから、先行脚質がそろい、適度に上がりを要する流れになりそうなところも追い風になのでは?と考えました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
福島牝馬ステークス2021予想【追い切り後分析】シゲルピンクダイヤの不安要素公開!本命は追い切り(坂路)で栗東一番時計叩き出したアノ馬!持久力勝負濃厚のメンバー構成も追い風に!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.