競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

皐月賞2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ダノンザキッドなど)情報!ロスだらけの競馬を強いられた前走でも強かったアノ馬に注目!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210414213845j:plain

 

皐月賞2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ダノンザキッドなど)情報!ロスだらけの競馬を強いられた前走でも強かったアノ馬に注目!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年4月18日(日)

中山競馬11レース(15時40分発走

第81回皐月賞(G1)

中山芝2000m 3歳定量

 

★皐月賞2021★

★予想オッズ★

 

①人気 エフフォーリア   2.4倍

②人気 ダノンザキッド   3.7倍

③人気 ヴィクティファルス 5.9倍

④人気 アドマイヤハダル  7.5倍

⑤人気 ディープモンスター 11.8倍

 

★皐月賞2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ダノンザキッド

(牡3歳 父ジャスタウェイ・母エピックラヴ)

前走:弥生賞3着(中山芝2000m:2分02秒3)

無傷の3連勝で昨年末のG1・ホープフルステークスを制した2歳王者。しかし、年明け初戦で緩めの仕上げだったとはいえ、前走・弥生賞はホープフルステークスであっさり先着したタイトルホルダーに逃げ切り勝ちを許し、無敗の連勝記録が「3」でストップしてしまいました。余力たっぷりの手応えで併走同入を果たした1週前追い切り(栗東CW6ハロン80.5-65.4-51.9-38.5-11.7)では道中の折り合いも問題なく、叩き2戦目の上積みが見込める状況ですけど【●●●●●●●】という弱点を抱えていますので、過信は禁物です。

 

ダノンザキッドの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

ヨーホーレイク

(牡3歳 父ディープインパクト・母クロウキャニオン)

前走:きさらぎ賞2着(中京芝2000m:2分01秒0)

昨年末のG1・ホープフルステークス3着馬。百戦錬磨のベテラン・武豊騎手を主戦ジョッキーに抜てきしていましたが、武豊騎手が負傷離脱中のため、今回は伸び盛りのホープ・岩田望来騎手と初コンビを結成することになりました。併せ馬で終いをビッシリ追われ、ラスト1ハロン11秒台の好時計をマークした1週前追い切り(栗東CW6ハロン84.1-67.4-52.1-37.8-11.5)の内容はまずまずでしたし、キャリア4戦すべてでメンバー中最速の上がり3ハロンを計測している末脚特化型ですから、差しの決まる流れになれば、上位争いに顔を出す可能性も十分あるかと思います。

 

ラーゴム

(牡3歳 父オルフェーヴル・母シュガーショック)

前走:きさらぎ賞1着(中京芝2000m:2分01秒0)

キャリア4戦すべてで2着以内をキープしている安定株。馬体重500kg超の大型馬らしいパワー型タイプで、究極の上がり勝負よりも適度に上がりを要する持久力勝負を得意にしていますので、ロングラン開催の最終日で馬場も荒れ気味な中山芝コースは合うはずですし、併せ馬で終い強めに追われた1週前追い切り(栗東CW6ハロン85.1-67.9-52.3-38.3-11.8)でラスト1ハロン11秒台を計測していますから、レース間隔が空いた中でも本来の実力を発揮してくれそう。ただ、きさらぎ賞の道中で折り合いに苦労していたように、気難しい面を持ち合わせていますので、レース当日のパドックでの気配に注意してください。

 

ルーパステソーロ

(牡3歳 父ゴールドシップ・母ハピネスフォーユー)

前走:1勝クラス3着(中山芝1800m:1分49秒3)

キャリア7戦で1勝のみ…という地味な戦績ですけど、特別登録の段階で除外対象馬が出なかったこともあり、格下の立場で皐月賞出走枠に滑り込む形になりました。父ゴールドシップを彷彿とさせる雄大な馬体の持ち主ではありますが、ダート戦で初勝利を決めているように、芝の決め脚比べになると分が悪いので、一気の相手強化となる今回は様子見程度の評価が妥当でしょう。

※1週前追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

レッドベルオーブ

(牡3歳 父ディープインパクト・母レッドファンタジア)

前走:朝日杯FS3着(阪神芝1600m:1分32秒7)

昨秋のG2・デイリー杯2歳ステークス(阪神芝1600m)でレコード勝ち。その後のG1・朝日杯フューチュリティステークスでグレナディアガーズに阪神芝マイルの2歳レコードを更新されてしまいましたが、勝負どころでロスの大きな競馬を強いられた中でもキッチリ3着を確保していますから、内容的には悪くなかった、という判断が妥当かと思います。ただ、気性面の成長が見込めるとはいえ、2000mを使うのは初めてですし、ぶっつけ本番で皐月賞にチャレンジしますので、レース間隔が空いた分の割引も必要になりそうです。

※1週前追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

ワールドリバイバル

(牡3歳 父エピファネイア・母セシリア)

前走:スプリングS6着(中山芝1800m:1分52秒7)

近3走でハナを奪取する競馬が続いている徹底先行型。今年の皐月賞はフルゲート割れの状況なので、落ち着いた流れになることが想定されますけど、逃げ馬候補筆頭のタイトルホルダーが存在する中、逃げる競馬を持ち味にしているこの馬がハナ争いに加わり、ペースアップに貢献する可能性もありますから、伏兵視されているこの馬が皐月賞の展開のカギを握っているのは間違いないでしょう。余力たっぷりの手応えで併走相手に楽々先着を果たした1週前追い切り(栗東CW6ハロン84.6-68.8-53.7-39.4-12.0)の内容は良かったので、デキ自体は申し分ありませんが、前走・スプリングステークスでもあっさり凡退していますし、馬券圏内に割って入るのは難しいかと思います。

 

ヴィクティファルス

(牡3歳 父ハーツクライ・母ヴィルジニア)

前走:スプリングS1着(中山芝1800m:1分52秒0)

今年の3歳牡馬クラシック路線の中で最もレベルが高い1戦だった2走前のG3・共同通信杯で勝ったエフフォーリアから0.4秒差の2着に踏ん張っている好素質馬。前走・スプリングステークスは共同通信杯よりも相手関係が楽だったとはいえ、重馬場をもろともせず、直線で粘り込みを図るアサマノイタズラ相手に一気の差し切り勝ちを決め、調子自体もグングン上がっていますから、荒れ馬場で開催されるケースが多い皐月賞でエフフォーリア相手に逆転を決める可能性も十分あるかと思います。1週前追い切り(栗東CW6ハロン83.2-65.6-51.0-37.1-11.6)は単走で終いを強めに追う形に。レース間隔が詰まった中でも馬体はふっくらとしていますので、前走の反動を心配する必要はありませんし、緩い流れだったスプリングステークスでもバッチリ折り合っていましたから、2000mへの距離延長にも無難に対応してくれることでしょう。

 

★皐月賞2021★

★出走予定馬分析(後編)⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

発走直前に落鉄のアクシデントに見舞われただけでなく、スタート直後に外側に大きくヨレるなど、ロスだらけの競馬を強いられた前走でも直線で他馬をごぼう抜きしていき、収得賞金加算に成功しているこの馬を皐月賞事前展望<後編>のオススメ馬としてピックアップします。長距離輸送を挟む形になりますので、レース当日のパドックでの気配や馬体重の増減をチェックする必要がありますけど、世代トップクラスの末脚を持ち合わせている分、要注意の存在であることには変わりありません。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
皐月賞2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ダノンザキッドなど)情報!ロスだらけの競馬を強いられた前走でも強かったアノ馬に注目!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.