競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

ニュージーランドトロフィー2021予想【追い切り後分析】バスラットレオンの不利データ公開!本命は追い切り(コース)でG1馬相手に互角の動き見せたアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210410101249j:plain

 

ニュージーランドトロフィー2021予想【追い切り後分析】バスラットレオンの不利データ公開!本命は追い切り(コース)でG1馬相手に互角の動き見せたアノ馬!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年4月10日(土)

中山競馬11レース(15時45分発走

第39回ニュージーランドトロフィー(G2)

中山芝1600m 3歳定量

 

★ニュージーランドトロフィー2021★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 トーセンウォーリア(牡3歳 武藤雅 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン67.8-52.5-39.0-12.3

3頭併せの真ん中を走る形となり、ラスト1ハロンで12.3秒の時計をマークしたように、終いにスパッとキレる脚を繰り出しています。鞍上が促してからの反応が少し鈍かったので、良化の余地を残していますけど、エンジンが掛かってからの伸びはさすがのものがありましたから、デキ自体は申し分ありません。

 

1枠2番 シティレインボー(牡3歳 横山典弘 56kg)

7日(水):栗東CW6ハロン79.4-65.7-53.6-41.2-14.3

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

2枠3番 アヴェラーレ(牝3歳 ルメール 54kg)

7日(水):美浦W5ハロン68.2-53.0-38.8-12.2

フィニステラ(3歳未勝利)との併せ馬を敢行し、併走同入。若い牝馬特有の華奢な面こそ目立つものの、追い切りの道中でピッタリと折り合っていたのは好感が持てますし、瞬発力勝負への適性の高さをうかがわせる、しなやかな脚さばきでキッチリと併走同入に持ち込んでいますから、過剰人気気味な状況でも軽くは扱えません。

 

2枠4番 ワザモノ(牡3歳 黛弘人 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン69.9-54.4-40.1-13.1

香港遠征を間近に控えている国際G1馬・グローリーヴェイズとの併せ馬を敢行し、併走同入に持ち込んでいます。直線に向いたところで少しモタつく場面こそありましたが、グローリーヴェイズと馬体を併せたところでも怯む素振りを見せず、終いまで高い集中力を維持させ、キビキビとしたフットワークを披露していましたから、高いレベルのデキに仕上がった、と判断したいです。

 

3枠5番 ヴィジュネル(牡3歳 内田博幸 56kg)

7日(水):栗東坂路4ハロン55.2-39.2-25.2-12.6

単走終いやや強め。終い重点の軽い内容に留めた分、全体時計が遅くなってしまうのは致し方ないかと思いますが、道中で頭の位置が定まっていない点は気掛かりですし、終いの反応も少し鈍かったので、可もなく不可もなし程度の評価に留めたいです。

 

3枠6番 バスラットレオン(牡3歳 藤岡佑介 56kg)

7日(水):栗東坂路4ハロン53.5-39.0-25.1-12.3

単走馬なり。関東圏への長距離輸送を控えていることもあり、強い負荷を掛けたわけではありませんけど、折り合いはバッチリでしたし、軽やかな脚取りで坂路を真一文字に駆け上がっていましたから、良い意味で一連の好調子を維持しているのは間違いないでしょう。ただ【●●●●●●●】という不利データに該当していますので、多少の割引が必要かと思います。

 

バスラットレオンの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

4枠7番 サトノブラーヴ(牡3歳 石橋脩 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン68.3-53.2-39.0-13.0

単走馬なり。既走馬相手の未勝利戦を勝ち切っただけでなく、先週の大阪杯で逃げ切り勝ちを決めたレイパパレの半弟ということもあり、注目度が上がっていますけど、終い重点の軽い内容に留めたのにラスト1ハロンで13.0秒の時計を要した点は気になりますし、脚さばきも微妙に硬いので、完成途上の状態でどこまで通用するのか…という腕試し的な意味合いが強そうです。

 

4枠8番 ワーズワース(牡3歳 北村宏司 56kg)

7日(水):栗東坂路4ハロン50.9-37.3-24.8-12.7

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

5枠9番 ドゥラモンド(牡3歳 横山武史 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン67.3-53.1-39.3-12.4

単走終いやや強め。馬場の外ラチ沿いをゆったりと立ち回り、折り合いもバッチリ。終い重点の軽い内容に留めたとはいえ、俊敏な脚さばきでグングン加速していく、という上質な動きを披露していましたから、状態面の不安はありません。

 

5枠10番 ゴールドチャリス(牝3歳 田中勝春 54kg)

7日(水):栗東CW4ハロン52.7-38.4-12.5

単走馬なり。小気味いいフットワークで脚を加速させていたので、好状態に仕上がった、と判断できるかと思いますが、頭の位置が高いのは相変わらずですし、道中で抑えを利かせるのに一苦労する形でしたから、マイルの距離は微妙に長いかと思います。

 

6枠11番 ゲンパチミーティア(牡3歳 木幡巧也 56kg)

7日(水):栗東坂路4ハロン56.7-41.2-25.6-12.3

単走終い強め。長距離輸送を控えている分、全体時計を遅めにするのは納得がいきますけど、頭の位置が終始高く、推進力を欠く走りでしたし、終いの反応も鈍かったので、大きな上積みを期待するのは難しいかもしれません。

 

6枠12番 ロンギングバース(牡3歳 横山和生 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン66.2-51.3-38.0-12.4

単走馬なり。しなやかな脚さばきでWコースを駆け抜け、ラスト1ハロンを12.4秒でまとめています。追い切りの動きが急激に良化したというわけではありませんけど、癖のないフットワークを披露していますので、水準級のデキには仕上がっています。

 

7枠13番 ブルーシンフォニー(牡3歳 丸山元気 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン66.7-51.6-38.4-13.1

スズカコーズマンボ(4歳3勝クラス)との併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走先着。ラスト1ハロンで13.1秒の時計を要したところは案外ですけど、踏み込みの力強さが目立つ形だったので、状態面の不安はありません。ただ、追い切りの道中で舌を出し、気難しい面を見せた点はマイナスです。

 

7枠14番 スパークル(牝3歳 岩田望来 54kg)

7日(水):栗東坂路4ハロン53.3-38.8-25.1-12.3

単走終いやや強め。キッチリと右肩上がりのラップを刻んでいますので、デキ自体は問題ないかと思いますが、鞍上が促してから頭の位置が少しずつ上がっていき、気難しい面を見せていましたから、可もなく不可もなし程度の評価が妥当かと思います。

 

8枠15番 タイムトゥヘヴン(牡3歳 M・デムーロ 56kg)

7日(水):美浦W5ハロン67.0-51.9-38.6-12.6

プロトスター(6歳障害未勝利)との併せ馬を敢行し、1馬身半ほど併走先着。脚さばきの小気味いい感じが際立つスパーリングだったので、マイルへの距離短縮はフィットしそうですし、終いの脚の加速も上々でしたから、水準以上のデキに仕上がっています。

 

8枠16番 シュバルツカイザー(牡3歳 石川裕紀人 56kg)

7日(水):美浦W4ハロン51.4-37.1-12.5

単走馬なり。抜群の気合い乗りでWコースを一気に駆け抜け、4ハロン51秒台のハイラップを計測しています。スピード感たっぷりな脚さばきで短めの距離への適性が高そうな走りをしていましたし、1勝クラスを勝ち上がった勢いをそのまま維持しているのは間違いないでしょう。

 

★ニュージーランドトロフィー2021★

★追い切りランキング★

 

1位 タイムトゥヘヴン

(小気味いいフットワークでコース快走!距離短縮も◎!)

2位 バスラットレオン

3位 アヴェラーレ

4位 ワザモノ

5位 シュバルツカイザー

 

★ニュージーランドトロフィー2021★

★予想オッズ★

 

①人気 アヴェラーレ    2.7倍

②人気 バスラットレオン  3.0倍

③人気 タイムトゥヘヴン  5.9倍

④人気 シュバルツカイザー 8.1倍

⑤人気 ドゥラモンド    12.6倍

 

★ニュージーランドトロフィー2021★

★展開予想★

 

前走で逃げ切り勝ちを決めているバスラットレオンのほか、距離短縮の効果でスムーズに先行できそうなタイムトゥヘヴン、ダート短距離のみ勝利戦で逃げ切っているゲンパチミーティア、といったあたりがハナ争いを展開しそうなメンバー構成。どの馬が逃げることになっても、極端な遅い流れにはならず、前半1000m通過58秒台半ば~59秒台の平均ペースを形成するのでは?と予想しています。

 

★ニュージーランドトロフィー2021★

★追い切り後分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

コースの最終追い切りでG1ホースとの併せ馬を敢行し、互角の動きを披露していたこの馬を本命に抜てきします。直線が長いコースの末脚比べになるとさすがに分が悪いかと思いますが、中山芝1600mで【1-1-0-0】(連対率100%)の好結果を残しているように、コース相性の良さは買い材料になりますし、昨年末の段階でシュネルマイスター(弥生賞2着)相手にも食い下がる走りを見せていて、重賞で通用するメドを立てているところもこの馬を推奨する理由になっています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
ニュージーランドトロフィー2021予想【追い切り後分析】バスラットレオンの不利データ公開!本命は追い切り(コース)でG1馬相手に互角の動き見せたアノ馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.