競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

桜花賞2021予想【過去データ分析】アカイトリノムスメの不利データ公開!注目は速めの流れ濃厚で折り合い不安を払拭できそうなアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210408222115j:plain

 

桜花賞2021予想【過去データ分析】アカイトリノムスメの不利データ公開!注目は速めの流れ濃厚で折り合い不安を払拭できそうなアノ馬!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年4月11日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走

第81回桜花賞(G1)

阪神芝1600m 3歳牝馬定量

 

★桜花賞2021★

★予想オッズ★

 

①人気 ソダシ       2.5倍

②人気 サトノレイナス   2.8倍

③人気 アカイトリノムスメ 7.6倍

④人気 アールドヴィーヴル 13.8倍

⑤人気 メイケイエール   14.4倍

 

★桜花賞2021★

★データPickup★

※出走馬確定前の分析で、抽選対象馬はデータから除外

 

①桜花賞過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【0-2-1-2】

2番人気【3-1-0-1】

3番人気【1-1-2-1】

4番人気【0-0-0-5】

5番人気【0-0-0-5】

6番人気以下【1-1-2-59】

 

2018年1着のアーモンドアイから2番人気が現在3連勝中という心強いデータが存在している一方、1番人気は過去5年で未勝利に終わっています。今年の桜花賞は昨年末の2歳女王決定戦・阪神ジュベナイルフィリーズでゴール板手前まで激しい叩き合いを演じたソダシ&サトノレイナスの2頭が1番人気の座を争うことになりそうですが、白毛馬でライト層の競馬ファンから支持を集めることが確実なソダシの方が1番人気に近くなるかと思いますので、1番人気不調の流れをソダシが食い止められるのかどうか…というところを大きなポイントとして取り上げておきます。

 

②桜花賞過去5年の枠順別成績データ

 

1枠【0-1-0-8】

2枠【0-0-2-7】

3枠【0-1-0-9】

4枠【1-0-0-9】

5枠【2-0-2-6】

6枠【0-1-0-9】

7枠【2-0-1-12】

8枠【0-2-0-13】

 

大幅なコース改修前の桜花賞は「内枠>外枠」の傾向が色濃くなっていますが、広々とした外回りコースが新設されてからは枠順の有利不利が少なくなり、外枠の健闘が目立っていて、過去5年の桜花賞の枠順別成績を見てみても、1枠~3枠の内枠が未勝利に終わっているのに対し、5枠~7枠の外枠が4勝を挙げていますから、最近の桜花賞は外めの枠優勢というイメージを持っておくことが重要かと思います。ただ、どんなレースにも通じることですけど、レース当日の馬場傾向を踏まえた上で馬券の買い目を検討するのが基本ですし、今春の阪神芝コースは良馬場になると例年よりも速い時計が出ている印象なので、速い決着時計が連発している時は内寄りの枠を引いた馬の台頭に警戒してください。

 

③桜花賞過去5年の前走レース別成績データ

 

チューリップ賞【1-5-3-17】(連対率23.1%)

フィリーズレビュー【1-0-1-23】(連対率4%)

朝日杯FS【1-0-0-1】※該当馬なし

シンザン記念【1-0-0-1】※該当馬なし

エルフィンS【1-0-0-1】※該当馬なし

クイーンカップ【0-0-1-9】(連対率0%)

アネモネS【0-0-0-11】(連対率0%)

フラワーカップ【0-0-0-2】(連対率0%)

阪神JF【0-0-0-1】(連対率0%)

 

連対率20%を超えていて、過去5年すべてで連対馬を輩出している前走チューリップ賞組(メイケイエール・エリザベスタワー・ストゥーティ)が一歩リード。逆に、前走フィリーズレビュー組(シゲルピンクルビー・ヨカヨカ・ミニーアイル)は連対率4%という厳しい結果に終わっていて、前走クイーンカップ組(アカイトリノムスメ・アールドヴィーヴル)と前走アネモネステークス組(ジネストラ)からは過去5年で連対馬が1頭も出ていませんので、関東圏のステップレース&トライアルレースを使ってきた馬の評価は割り引いた方が良さそうです。

 

また、今年の桜花賞で上位人気に支持されることが確実なソダシ&サトノレイナスは前走阪神ジュベナイルフィリーズ組に該当していますけど、近年の桜花賞では阪神ジュベナイルフィリーズ直行ローテを採用する馬がほとんどいないので、不利データに該当という扱いにするのは危険かと思います。

 

④阪神芝1600m種牡馬別連対率TOP5

(データ集計の対象期間は2018/2/24~2021/4/4まで)

 

キングマン【2-0-0-0】(連対率100%)

キングカメハメハ【8-10-6-49】(連対率24.7%)

ディープインパクト【37-26-36-187】(連対率22.6%)

キズナ【9-5-5-49】(連対率20.6%)

クロフネ【3-2-2-21】(連対率17.9%)

※桜花賞に特別登録を済ませた馬たちの種牡馬のみ掲載

 

キングマン産駒(エリザベスタワー)はサンプル数が極端に少なくなっていますけど、2戦2勝のデータは今年の桜花賞に出走するエリザベスタワーが作り上げたものなので、エリザベスタワーは阪神芝1600mのコース巧者として取り上げる必要あり、と判断しました。

 

他では、瞬発力勝負への適性が高いキングカメハメハ産駒(アールドヴィーヴル)&ディープインパクト産駒(アカイトリノムスメ・エンスージアズム・サトノレイナス)との相性も良く、パワー型の競走馬も輩出しているキズナ産駒(ソングライン・ファインルージュ)とクロフネ産駒(ソダシ)も好結果を残しています。

 

また、過去5年の桜花賞に関するデータを更に掘り下げてみたところ【●●●●●●●】という気掛かりなデータが見つかりましたので、この不利データに該当する馬(アールドヴィーヴル・アカイトリノムスメ・エンスージアズム・ジネストラ・ストゥーティ・ホウオウイクセル・ヨカヨカ)の扱いには注意してください。

 

アカイトリノムスメの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

★桜花賞2021★

★過去データ分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

前走レース別成績&コース別種牡馬の好走データに該当しているこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。ペースの違いがあるとはいえ、前走でマイルの持ち時計を2秒以上詰めているように、1戦ごとに力をつけているのは明らかですし、折り合い面に課題があるものの、短距離志向の強い先行馬・ヨカヨカが出走する今回は速めの流れに持ち込まれる可能性が高く、これまでの実戦よりも道中で折り合いがつきやすくなるところもこの馬を推奨する理由になっています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
桜花賞2021予想【過去データ分析】アカイトリノムスメの不利データ公開!注目は速めの流れ濃厚で折り合い不安を払拭できそうなアノ馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.