競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

桜花賞2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ソダシなど)情報!注目は古馬の重賞勝ち馬相手に1週前追い切りで併走同入を果たしたアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210406065928j:plain

 

桜花賞2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ソダシなど)情報!注目は古馬の重賞勝ち馬相手に1週前追い切りで併走同入を果たしたアノ馬!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年4月11日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走

第81回桜花賞(G1)

阪神芝1600m 3歳牝馬定量

 

★桜花賞2021★

★予想オッズ★

 

①人気 ソダシ       2.5倍

②人気 サトノレイナス   2.8倍

③人気 アカイトリノムスメ 8.1倍

④人気 アールドヴィーヴル 11.9倍

⑤人気 メイケイエール   12.7倍

 

★桜花賞2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ストライプ

(牝3歳 父ルーラーシップ・母グレイスフラワー)

前走:クロッカスS1着(東京芝1400m:1分22秒2)

パワー型の父ルーラーシップの特徴を受け継ぎ、馬体重500kg以上をキープし続けているのですが、上がりの速い瞬発力勝負にも対応できるタイプ。直線で馬場の最内がポッカリ空く形だったとはいえ、内ラチ沿いからメンバー中最速の上がり3ハロン(33.1秒)を計測し、豪快な差し切り勝ちを決めた前走・クロッカスステークスの内容は目を見張るものがあります。キャリア2勝はいずれも1400mなので、マイルへの距離延長がどうか…という懸念こそあるものの、終い一杯に追われ、併走相手に楽々併走先着を果たした1週前追い切り(美浦W5ハロン64.2-50.0-37.3-12.7)は高く評価できますので、デキ自体は申し分ありません。

 

ソダシ

(牝3歳 父クロフネ・母ブチコ)

前走:阪神JF1着(阪神芝1600m:1分33秒1)

昨年末のG1・阪神ジュベナイルフィリーズでサトノレイナスとの壮絶な叩き合いを制し、満票で2020年度JRA賞・最優秀2歳牝馬のタイトルを奪取。世界初の白毛馬のG1制覇ということもあり、国内のみならず、海外の競馬メディアでも大きな注目を集めている“アイドルホース”が桜花賞で再度サトノレイナスと顔を合わせることになりました。ぶっつけ本番で桜花賞に挑む分、調子が整っているのかどうか…というところがポイントになりますけど、終いにスパッとキレる脚を繰り出した1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.4-38.5-24.5-11.8)でハイラップを刻んでいますので、デキ自体は申し分ありません。でも【●●●●●●●】がありますから、過信は禁物です。

 

ソダシの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

ファインルージュ

(牝3歳 父キズナ・母パシオンルージュ)

前走:フェアリーS1着(中山芝1600m:1分34秒4)

適度にレース間隔を空けていることもあり、1戦ごとに馬体重を少しずつ増やし、馬体面の充実を図っているキャリア3戦2勝のキズナ産駒。相手関係が微妙だったとはいえ、中団待機から圧巻の差し切り勝ちを決めた前走・フェアリーステークスの内容を見る限り、能力の高い存在であることには変わりないかと思います。初めて関西圏への長距離輸送を挟みますので、レース当日の馬体重はもちろん、パドックでの気配をしっかりチェックする必要がありますけど、終いまで併走相手とビッシリ馬体を併せる形になった1週前追い切り(美浦W6ハロン82.6-676-53.0-39.0-12.9)で強い負荷が掛かっていますから、1週前の時点で高いレベルのデキまで仕上げている点は好感が持てます。

 

ホウオウイクセル

(牝3歳 父ルーラーシップ・母メジロオードリー)

前走:フラワーC1着(中山芝1800m:1分49秒2)

2走前のG3・フェアリーステークスではファインルージュの決め手に屈したものの、距離延長でスムーズに立ち回った前走・フラワーカップで鮮やかな好位抜け出しを決め、待望の重賞初制覇を果たしています。この馬の血統表を見てみると、母母メジロドーベル・母母父メジロライアンという“メジロ一族”の血筋が入っていますので、持久力勝負への適性が高い“メジロ一族”ということであれば、多少上がりの掛かる流れになれば、上位争いに顔を出す可能性も十分あるかと思います。

※1週前追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

ミニーアイル

(牝3歳 父ミッキーアイル・母アイランドファッション)

前走:フィリーズレビュー3着(阪神芝1400m:1分20秒9)

キャリア6戦すべてで上がり3ハロン順位3位以内を確保している末脚特化型。2度目の重賞レース出走となった前走・フィリーズレビューでは後方の位置取りからグングンと追い上げていき、勝ったシゲルピンクルビーから0.2秒差の3着に滑り込み、桜花賞への優先出走権を奪取しました。決め手勝負で強さを発揮している分、直線が長い阪神芝外回りコースに替わる点は魅力的ですけど、初のマイル戦&一気の相手強化という点は気掛かりですし、単走の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン53.8-39.4-26.1-13.0)でも終始頭の位置が高く、突っ張るような走りでラスト1ハロン13.0秒というイマイチな時計に留まっているところも心配です。

 

メイケイエール

(牝3歳 父ミッキーアイル・母シロインジャー)

前走:チューリップ賞1着(阪神芝1600m:1分33秒8)

これまでに重賞3勝(小倉2歳S、ファンタジーS、チューリップ賞)を挙げていて、道中で頭を思いっ切り上げ、鞍上の意に背く形だったにも関わらず、他馬の追い上げを凌ぎ切った前走・チューリップ賞で能力の高さを示しています。主戦の武豊騎手が負傷中のため、今回は横山典弘騎手にバトンタッチされますが、ゴールドシップなど癖馬を巧みに乗りこなした実績がある横山典弘騎手ですから、折り合い難の課題を抱えるメイケイエールとどんな走りを見せてくれるのか、というところは大きな注目点になりそうです。1週前追い切り(栗東CW4ハロン49.2-36.3-12.5)は単走終い重点の内容。道中でムキになる面が目立ち、気難しい面は相変わらずなので、最終追い切りでの落ち着きがカギになります。

 

ヨカヨカ

(牝3歳 父スクワートルスクワート・母ハニーダンサー)

前走:フィリーズレビュー2着(阪神芝1400m:1分20秒8)

九州産馬の星としてデビュー当初から大きな注目を集めていて、年明け初戦となった前走・フィリーズレビューでは好位追走からじわじわと脚を伸ばしたものの、ゴール板手前でシゲルピンクルビーに差されてしまい、重賞制覇の悲願をあと一歩のところで逃してしまいました。1週前追い切り(栗東CW7ハロン93.0-77.8-63.0-50.2-37.7-13.5)は上々の全体時計をマークしていますけど、序盤から飛ばし気味だったとはいえ、フィニッシュ地点手前で脚があがってしまい、ラスト1ハロン13.5秒の時計に留まっていますので、一本調子で突っ走ることが可能な短距離戦がベストかと思います。

 

★桜花賞2021★

★出走予定馬分析(後編)⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

右回りコースを使うのが初めてなので、初コースへの対応が大きなポイントになりますけど、重賞勝ち馬・クレッシェンドラヴを含んだ3頭併せを敢行した1週前追い切り(コース5ハロン67.3-53.5-39.4-12.3)でクレッシェンドラヴ相手に併走同入を果たし、状態面の上積みが見込めるこの馬を桜花賞事前展望<後編>のオススメ馬としてピックアップします。好位追走から鋭い決め手を発揮した前走の勝ちっぷりが上々でしたし、マイル戦で初勝利を挙げていますから、距離延長にも無難に対応してくれそうです。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
桜花賞2021予想【出走予定馬分析(後編)】1週前追い切り(ソダシなど)情報!注目は古馬の重賞勝ち馬相手に1週前追い切りで併走同入を果たしたアノ馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.