競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

高松宮記念2021予想【過去データ分析】ダノンスマッシュの不利データ公開!中京芝1200mと好相性のディープ産駒からアノ実力馬をピックアップ!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210327220940j:plain

 

高松宮記念2021予想【過去データ分析】ダノンスマッシュの不利データ公開!中京芝1200mと好相性のディープ産駒からアノ実力馬をピックアップ!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年3月28日(日)

中京競馬11レース(15時40分発走

第51回高松宮記念(G1)

中京芝1200m 4歳以上定量

 

★高松宮記念2021★

★予想オッズ★

 

①人気 ダノンスマッシュ  2.5倍

②人気 レシステンシア   4.3倍

③人気 インディチャンプ  7.0倍

④人気 モズスーパーフレア 9.6倍

⑤人気 ライトオンキュー  11.8倍

 

★高松宮記念2021★

★データPickup★

※出走馬確定前の分析になります

 

①高松宮記念過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【1-0-1-3】

2番人気【1-3-0-1】

3番人気【1-1-1-2】

4番人気【0-0-1-4】

5番人気【1-0-0-4】

6番人気以下【1-1-2-61】

 

2019年の高松宮記念は10番人気以下かつ単勝オッズ100倍以上の超人気薄が2頭馬券圏内に入り込んだ(2着セイウンコウセイ、3着ショウナンアンセム)ため、3連単配当449万円の大波乱決着となりましたが、過去5年の連対馬10頭のうち8頭は単勝オッズ一桁台の上位人気に支持されていましたので、基本的には上位人気馬優勢のレース、という風に解釈する必要があります。その上位人気の中でも好調なのが過去5年で1勝・2着3回(連対率80%)のハイアベレージを叩き出している2番人気になります。今年の高松宮記念は昨年末の国際G1・香港スプリントを制したダノンスマッシュと、阪急杯でレコード勝ちを決めたレシステンシアの2頭が1番人気の座を争うことに。当初はレシステンシアの方に武豊騎手が騎乗予定だったため、ダノンスマッシュとレシステンシアの人気が拮抗しそうな状況でしたが、武豊騎手負傷により、急遽浜中俊騎手に乗り替わることが発表されましたので、鞍上人気しやすい川田将雅騎手騎乗のダノンスマッシュの方が1番人気に支持され、レシステンシアの方が相性の良い2番人気に留まるのでは?と想定しています。

 

②高松宮記念過去5年の枠順別・年齢別成績データ

 

<枠順別成績>

 

1枠【0-0-0-10】

2枠【2-2-1-5】

3枠【1-1-0-8】

4枠【0-2-4-4】

5枠【1-0-0-9】

6枠【0-0-0-10】

7枠【0-0-0-15】

8枠【1-0-0-14】

 

1枠~5枠が4勝・2着5回の好結果を残していて、6枠~8枠は勝ち馬が1頭出ただけ…という状況ですから、過去5年の高松宮記念は内枠優勢の傾向が色濃いことになっています。3月の中京開催は雨の影響を強く受けていたため、事前に馬場傾向を把握するのが難しかったのですが、先週日曜の中京芝コースの結果を見る限り、馬場の内めを通った先行・好位脚質が馬券圏内に入り込むケースが目立っていました。また、今週の中京芝コースはBコースに変更され、馬場の内め有利の流れが加速する可能性がありますので、極端な差し馬や外めの枠を引いた馬の評価は割り引いた方が良さそうです。

 

<年齢別成績>

 

4歳【2-1-1-17】(連対率14.3%)

5歳【3-2-2-17】(連対率20.8%)

6歳【0-2-2-13】(連対率11.8%)

7歳以上【0-0-0-28】(連対率0%)

 

年齢別で唯一連対率20%超の好結果を残している5歳(エイティーンガール・ダノンファンタジー・ミッキーブリランテ)が一歩リードしていて、4歳(マルターズディオサ・ラウダシオン・レシステンシア)と6歳(インディチャンプ・カツジ・サウンドキアラ・シヴァージ・ダノンスマッシュ・トゥラヴェスーラ・モズスーパーフレア・ライトオンキュー)も連対率10%台をキープしています。一方、7歳以上(アストラエンブレム・セイウンコウセイ・ダイメイフジ・レッドアンシェル)のベテランは過去5年で馬券圏内ゼロというかなり厳しい結果に終わっていますので、若い馬を狙い打ちするのが得策です。

 

③中京芝1200m種牡馬別連対率TOP5

(データ集計の対象期間は2018/1/12~2021/3/21まで)

 

シャマーダル【0-2-0-0】

(連対率100%)

ロードカナロア【11-5-6-24】

(連対率34.8%)

スパイツタウン【1-1-0-4】

(連対率33.3%)

ファーストサムライ【1-0-0-2】

(連対率33.3%)

ディープインパクト【7-10-2-36】

(連対率30.9%)

※高松宮記念に特別登録を済ませた馬たちの種牡馬のみ掲載

 

シャマーダル産駒(ライトオンキュー)、スパイツタウン産駒(モズスーパーフレア)、ファーストサムライ産駒(シヴァージ)のサンプル数が少ない種牡馬は参考程度のデータにしかなりませんけど、今年の高松宮記念に登録している該当馬3頭はいずれも中京芝1200mで連対した実績がありますので、軽くは扱えません。

 

他では、連対率が30%を超えているだけでなく、勝率(23.9%)も上々なロードカナロア産駒(ダノンスマッシュ)とサンプル数が多い状況でも連対率30%台を維持しているディープインパクト産駒(カツジ・サウンドキアラ・ダノンファンタジー)も中京芝1200mとの相性が抜群なので、注意が必要です。

 

また、高松宮記念に関するデータを更に掘り下げてみたところ【●●●●●●●】という気掛かりなデータが見つかりましたので、このデータに該当する馬(サウンドキアラ・ダノンスマッシュ・マルターズディオサ・レッドアンシェル)の扱いがポイントになりそうです。

 

ダノンスマッシュの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

★高松宮記念2021★

★過去データ分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

年齢別成績(5歳)と中京芝1200mの種牡馬別成績(ディープインパクト産駒)の好走データにバッチリ当てはまっているこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。前走で人気を下回る着順に凡退している分、半信半疑な面がありますけど、前回は久々の影響で道中の追走に苦労し、後手後手に回る形になっていましたから、叩き2戦目の上積みが見込める今回は前走よりもスムーズに立ち回れるのでは?と考えています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
高松宮記念2021予想【過去データ分析】ダノンスマッシュの不利データ公開!中京芝1200mと好相性のディープ産駒からアノ実力馬をピックアップ!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.