競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

黒船賞2021予想【出走予定馬分析】追い切り(坂路)で好時計マークし、順調さ欠いた前年以上のデキが見込めるアノ馬を本命に!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210316053143j:plain

 

黒船賞2021予想【出走予定馬分析】追い切り(坂路)で好時計マークし、順調さ欠いた前年以上のデキが見込めるアノ馬を本命に!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年3月16日(火)

高知競馬3レース(16時10分発走

農林水産大臣賞典 第23回黒船賞(Jpn3)

高知ダート1400m 4歳以上別定

 

★黒船賞2021★

★予想オッズ★

 

①人気 サクセスエナジー  3.3倍

②人気 スリーグランド   4.5倍

③人気 テイエムサウスダン 4.9倍

④人気 モジアナフレイバー 7.0倍

⑤人気 グリム       10.8倍

 

★黒船賞2021★

★出走馬の顔ぶれ★

 

1枠1番 サクセスエナジー(牡7歳 松山弘平 58kg)

前走:フェブラリーS15着(東京ダート1600m:1分37秒1)

2019年の黒船賞優勝馬で、2年連続の参戦となった前年の黒船賞でも3着を確保し、高知ダート1400mへの適性の高さを示している“1400m巧者”。道中で他馬に外から被されるケースになると脆い面を見せるタイプなので、成績にムラがあるのは致し方ないことかと思いますが、昨シーズンに1400mの交流重賞を2勝(テレ玉杯オーバルスプリント、兵庫ゴールドトロフィー)しているように、時計を要する地方競馬のレースであれば、安定した走りを見せていますし、ブービー負けを喫した前走・フェブラリーステークスは1600mの距離が長かっただけですから、得意の舞台に替わる今回は巻き返しに注意が必要です。

 

3枠3番 グリム(牡6歳 武豊 57kg)

前走:白山大賞典1着(金沢ダート2100m:2分15秒9)

中央・地方のダート重賞を5勝(レパードS、白山大賞典×2、名古屋大賞典、マーキュリーカップ)している実績上位馬ではありますが、2連覇を果たした2019年白山大賞典1着後に屈腱炎を発症し、長期休養を余儀なくされ、今回は1年以上の休み明け初戦という厳しい状況での出走となります。JRAのダート1400mで2勝していますので、短距離の適性はまずまずですけど、レース間隔が空いた上での大幅な距離短縮という点は歓迎できませんし、今回は結果を追い求めることよりも無事にレースを終えて次走以降に繋げることに重きを置いている印象もあるので、実績上位の存在であっても様子見程度の評価が妥当かと思います。

 

6枠7番 スリーグランド(牡4歳 福永祐一 56kg)

前走:バレンタインS1着(東京ダート1400m:1分23秒1)

地方の川崎競馬で初勝利を挙げてから、急激に力をつけてきたシニスターミニスター産駒。1400mで速い脚を繰り出し続けていて、オープン昇級後2戦目となった前走・バレンタインステークスではハナを奪う形になったものの、勝負どころでも脚色が鈍ることはなく、2着・タガノビューティー相手に3馬身差の圧勝を決めています。メンバー屈指の上がり馬として厚い印を集めることになりそうですが【●●●●●●●】なので、過信は禁物です。

 

スリーグランドの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

6枠8番 モジアナフレイバー(牡6歳 繫田健一 56kg)

前走:東京大賞典9着(大井ダート2000m:2分07秒8)

昨秋の交流G1・南部杯(盛岡ダート1600)で3着を確保するなど、JRAの強敵相手でも互角以上飲走りを見せている南関東競馬のエース。今春は交流G1・かしわ記念(船橋ダート1600m)を大目標に定めていて、約2ヶ月半の休養明け初戦となる今回は多少の割引が必要ですけど、ハイレベルな南部杯で好走歴のある実力馬ですから、1400mの速い流れに上手く対応できれば、馬券圏内に食い込む可能性も十分あるかと思います。

 

7枠9番 ノボバカラ(牡9歳 赤岡修次 58kg)

前走:大和S14着(阪神ダート1200m:1分12秒4)

7番人気の低評価に甘んじた3走前の交流G2・さきたま杯(浦和ダート1400m)で先行押し切り勝ちを決め、当時の現役最強クラス・ブルドッグボス相手に金星を挙げているアドマイヤオーラ産駒。ムラ駆け傾向が強く、レース序盤から流れに乗り損ねると馬群に沈むケースが目立っていますけど、長期休養明け2戦目で多少の上積みが見込めますし、1400mへの距離延長も歓迎材料なので、巻き返しがあっても不思議ない状況です。

 

8枠11番 テイエムサウスダン(牡4歳 岩田康誠 56kg)

前走:根岸S13着(東京ダート1400m:1分23秒4)

2歳時に交流重賞・兵庫ジュニアグランプリ(園田ダート1400m)を優勝していて、2019年の交流G1・全日本2歳優駿(川崎ダート1600m)では2番人気に支持されていたサウスヴィグラス産駒。JRAの重賞レース初出走となった前走・根岸ステークスはまさかの13着に敗れていますけど、差し馬向きの流れで脚色が鈍っていましたし、決着時計が速いダートも不向きなので、砂が深くて時計を要する高知ダートコースに替わり、11日(木)の最終追い切り(栗東坂路4ハロン53.2-38.1-24.3-12.0)でハイラップを刻み、調子上昇間違いなしの今回は一変に期待したいところです。

 

★黒船賞2021★

★展開予想★

 

地元高知競馬所属・スペルマロンの出方が気になるところですけど、テンのダッシュ力はJRA勢の方に分がありますので、岩田康誠騎手騎乗のテイエムサウスダンや揉まれる競馬を避けたい最内枠のサクセスエナジーのどちらかがハナを奪取し、前半600m通過37秒前後のハイペースを形成するのでは?と予想しています。また、高知ダートコースは馬場の内外の有利不利が開催ごとに異なる傾向があるので、レース当日の馬場傾向をしっかりチェックする必要があります。

 

★黒船賞2021★

★出走予定馬分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

12日(金)の最終追い切り(坂路4ハロン51.7-37.5-24.6-12.3)で上々のラップを叩き出し、好調子を維持しているこの馬を本命に抜てきします。約4ヶ月の休養明け初戦だった1年前はやや順調さを欠くローテーションになっていましたが、コンスタントにレースを使ってきた今回は久々の影響で完調手前だった前年の黒船賞時以上のデキが見込めますし、時計の掛かる地方競馬のダートが大得意ですから、前走から場替わりも歓迎材料になるのでは?と考えました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
黒船賞2021予想【出走予定馬分析】追い切り(坂路)で好時計マークし、順調さ欠いた前年以上のデキが見込めるアノ馬を本命に!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.