競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

チューリップ賞2021予想【過去データ分析】メイケイエールの不利データ公開!注目は1戦ごとにマイルの走破時計を更新しているアノ馬!阪神芝1600mはエピファネイア産駒が狙い目!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210305012416j:plain

 

チューリップ賞2021予想【過去データ分析】メイケイエールの不利データ公開!注目は1戦ごとにマイルの走破時計を更新しているアノ馬!阪神芝1600mはエピファネイア産駒が狙い目!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年3月6日(土)

阪神競馬11レース(15時35分発走

第28回チューリップ賞(G2)

阪神芝1600m 3歳牝馬定量

 

★チューリップ賞2021★

★予想オッズ★

 

①人気 メイケイエール   2.3倍

②人気 テンハッピーローズ 3.7倍

③人気 エリザベスタワー  6.0倍

④人気 ストゥーティ    14.2倍

⑤人気 シャーレイポピー  17.8倍

 

★チューリップ賞2021★

★データPickup★

※出走馬確定前の分析になります

 

①チューリップ賞過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【3-1-1-0】

2番人気【1-1-2-1】

3番人気【0-1-0-4】

4番人気【1-1-0-3】

5番人気【0-0-0-5】

6番人気以下【0-1-2-37】

 

1年前(2020年)のチューリップ賞は単勝オッズ15.3倍(4番人気)だったマルターズディオサが圧倒的1番人気(単勝オッズ1.4倍)のレシステンシア以下を振り切り、3連単配当が万馬券決着になったのですが、過去5年で1番人気がすべて3着以内を確保しているように、基本的には上位人気優勢の傾向が色濃くなっていますので、無理な穴狙いは禁物です。桜花賞と全く同じ阪神芝1600mで開催されることもあり、例年のチューリップ賞は能力上位の3歳牝馬が数多くエントリーしていますけど、今年のチューリップ賞には前年の阪神ジュベナイルフィリーズ上位(ソダシ、サトノレイナス、ユーバーレーベン)が出走せず、武豊騎手とコンビを組む予定のメイケイエールが押し出される形で1番人気に支持されることになりそう。道中の折り合いに大きな課題を持つメイケイエールが上位視されるぐらい、今年は低調なメンバー構成ですから、人気馬優勢のムードが一変する可能性も十分あるかと思います。

 

②チューリップ賞過去5年の枠順別成績データ

 

1枠【1-1-0-4】

2枠【0-0-0-6】

3枠【0-0-2-5】

4枠【0-1-1-6】

5枠【1-1-1-6】

6枠【1-1-0-7】

7枠【1-0-0-9】

8枠【1-1-1-7】

 

1枠~4枠の内枠が1勝・2着2回というやや低調な結果に終わっているのに対し、5枠~8枠の外枠が4勝・2着3回のハイアベレージを叩き出していますので、過去5年の傾向では「内枠<外枠」の流れが色濃くなっている、と判断できるかと思います。ただ、先週末のG3・阪急杯でレシステンシアがレコード勝ちを決めているように、今の阪神芝コースは決着時計が速く、ロスの少ない立ち回りが要求されていますから、有力馬が内枠に入った場合でも無理に評価を下げる必要はなさそうです。

 

③チューリップ賞過去5年の前走レース別成績データ

 

阪神JF【4-1-3-8】(連対率31.3%)

紅梅S【1-0-0-3】(連対率25%)

阪神JF以外の重賞【0-2-0-7】(連対率22.2%)

1勝クラス【0-0-1-15】(連対率0%)

新馬【0-1-0-1】(連対率50%)※該当馬なし

未勝利【0-1-0-5】(連対率16.7%)

 

前走阪神ジュベナイルフィリーズ組(メイケイエール)は2017年1着ソウルスターリングから4年連続で勝ち馬を輩出しています。逆に、前走1勝クラス組(エイシンピクセル・シャドウエリス・ストゥーティ・タイニーロマンス・タガノディアーナ・バリコノユメ・レアシャンパーニュ)は過去5年でのべ16頭出走し、連対馬ゼロというかなり厳しい結果に終わっています。

 

④阪神芝1600m種牡馬別連対率TOP5

(データ集計の対象期間は2018/2/24~2021/2/27まで)

 

キングマン【1-0-0-0】(連対率100%)

エピファネイア【7-6-4-29】(連対率28.3%)

キズナ【7-5-4-44】(連対率20%)

ハーツクライ【14-5-10-84】(連対率16.8%)

モーリス【2-1-2-13】(連対率16.7%)

※チューリップ賞に特別登録を済ませた馬たちの種牡馬のみ掲載

 

キングマン産駒は集計期間内に1度しか出走していませんけど、この1勝は今回のチューリップ賞にエントリーしているエリザベスタワーが挙げたものですから、出走回数が少ない状況でもデータに組み込むことにしました。

 

他では、連対率28%台のハイアベレージを叩き出しているエピファネイア産駒(エイシンピクセル・テンハッピーローズ・レアシャンパーニュ)と連対率20%をキープしているキズナ産駒(マリーナ)が阪神芝1600mと好相性の種牡馬ということになります。

 

また、今年のチューリップ賞出走予定馬に関するデータを掘り下げてみたところ、抜けた1番人気に支持されることがほぼ確実なメイケイエールについて【●●●●●●●】という気掛かりなデータが存在していることも判明したので、過信は禁物です。

 

メイケイエールの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

★チューリップ賞2021★

★過去データ分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

チューリップ賞が行われる阪神芝1600mと相性が良いエピファネイア産駒というところが強調できるのはもちろん、デビューから一貫してマイル戦を使い続け、1戦ごとに走破時計を詰めている(1分36秒2⇒1分35秒1⇒1分33秒8)点も心強いこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。デビュー以来最高の馬体重(452kg)だった前走でマイル走破時計の自己ベストを大幅に更新しているように、着実にステップアップしている点が魅力的ですし、前回に引き続いて少頭数で紛れの少ない形になりそうなところもプラスですから、例年よりも低調なメンバー構成に留まった状況であれば、馬券圏内に割って入る可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
チューリップ賞2021予想【過去データ分析】メイケイエールの不利データ公開!注目は1戦ごとにマイルの走破時計を更新しているアノ馬!阪神芝1600mはエピファネイア産駒が狙い目!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.