競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

チューリップ賞2021予想【出走予定馬分析】メイケイエールの不安要素公開!注目は1週前追い切り(坂路)自己ベスト更新したアノ上がり馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210302094446j:plain

 

チューリップ賞2021予想【出走予定馬分析】メイケイエールの不安要素公開!注目は1週前追い切り(坂路)自己ベスト更新したアノ上がり馬!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年3月6日(土)

阪神競馬11レース(15時35分発走

第28回チューリップ賞(G2)

阪神芝1600m 3歳牝馬定量

 

★チューリップ賞2021★

★予想オッズ★

 

①人気 メイケイエール   2.8倍

②人気 テンハッピーローズ 4.3倍

③人気 エリザベスタワー  7.0倍

④人気 ストゥーティ    7.8倍

⑤人気 レアシャンパーニュ 11.5倍

 

★チューリップ賞2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

エリザベスタワー

(牝3歳 父キングマン・母ターフドンナ)

前走:エルフィンS9着(中京芝1600m:1分36秒5)

マイルG1を4勝し、欧州最強マイラーとして名をはせたキングマンを父に持ち、2015年に芝2200mのドイツオークスを優勝した女傑ターフドンナを母に持つ、という世界的良血馬が日本の桜花賞出走を目指し、トライアルのチューリップ賞へと駒を進めてきました。単勝オッズ2.1倍の1番人気に支持された前走・エルフィンステークスでまさかの9着に敗れていますけど、前半600通過36秒5の超スローペースに泣かされた形なので、展開不向きの一戦という風に割り切ることもできるかと思います。ただ、スタートの出がイマイチだったり、パドックで過剰にイレ込んだり…と気性難の課題をクリアできていない現状ですから、気長に見守っていく必要があるかと思います。

 

ストゥーティ

(牝3歳 父モーリス・母リラヴァティ)

前走:菜の花賞3着(中山芝1600m:1分36秒2)

キャリア4戦でわずか1勝という立場ではありますが、昨秋のG3・アルテミスステークス(東京芝1600m)で4着を確保したほか、1勝クラスで連続3着、と安定した走りを見せているモーリス産駒。2016年のオークス馬・シンハライトの近親にあたる注目馬ですし、母リラヴァティも2014年のチューリップ賞で3着に入っていますから、血統的にはメイケイエールをはじめとする上位人気馬相手でも引けを取らない存在になります。ポイントは馬体重の増減。420kg台の馬体重で華奢なイメージが拭えない現状なので、少しでも馬体重がボリュームアップしていることが好走するための絶対条件になるかと思います。

 

テンハッピーローズ

(牝3歳 父エピファネイア・母フェータルローズ)

前走:フェアリーS4着(中山芝1600m:1分35秒1)

栗東の高柳大輔厩舎所属ではありますが、関西圏のレースを使ったのは2020年8月の新馬戦(小倉芝1200m)1着だけで、ほかの3戦はすべて関東圏への長距離輸送を挟み、2走前のG3・アルテミスステークスで3着を確保し、能力の高さを示しました。同じ桜花賞トライアルのアネモネステークスの方へスライドする可能性もありますけど、輸送距離がだいぶ短くなる阪神芝1600mのチューリップ賞に出てきた場合はこれまでよりも落ち着いた雰囲気でレースに臨めるはずなので、前向き気性が仇となり、脚を上手く溜められなかった前走・フェアリーステークスからの変わり身があっても不思議ない状況です。

 

メイケイエール

(牝3歳 父ミッキーアイル・母シロインジャー)

前走:阪神JF4着(阪神芝1600m:1分33秒3)

昨年末の阪神ジュベナイルフィリーズで僅差3着に健闘したユーバーレーベンもチューリップ賞を目標にしていましたが、疝痛の影響でチューリップ賞への登録を見合わせ、フラワーカップへと目標を切り替えたため、阪神ジュベナイルフィリーズ4着入線のこの馬に票が集中することになりそう。ユーバーレーベンだけでなく、阪神ジュベナイルフィリーズで先着を許した2頭(ソダシ、サトノレイナス)も桜花賞直行ローテを選択していますので、阪神ジュベナイルフィリーズ上位組不在の今回は明らかに相手関係が軽くなっていますから、レース間隔が空いた中でも要注意の存在として認識する必要があります。ただ【●●●●●●●】なので、弱点持ちの上位人気馬をどう扱うのか…という難儀な一戦になるかと思います。

 

メイケイエールの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

レアシャンパーニュ

(牝3歳 父エピファネイア・母ロゼシャンパーニュ)

前走:こぶし賞3着(阪神芝1600m:1分33秒8)

中京芝1600mの新馬戦を勝ち上がっているエピファネイア産駒で、1勝クラスへの昇級2戦目となった前走・こぶし賞でキッチリ3着を確保し、クラスで通用するメドを立てています。クイーンカップ快勝のアカイトリノムスメと顔を合わせた2宗前・赤松賞(東京芝1600m)ではキレ負けする形で5着に凡退していますので、究極の上がり勝負に持ち込まれた場合は苦戦を強いられることになりそうです。

 

★チューリップ賞2021★

★出走予定馬分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

初めて芝レースに投入した前走でメンバー中最速タイの上がり3ハロン(34.8秒)を計測し、芝で通用するメドを立てているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。戦績を見る限りは今回のメンバー相手に勝ち切るイメージは浮かびませんけど、1週前追い切り(坂路4ハロン52.0-37.7-24.3-12.1)で全体時計自己ベストを更新し、状態もグングン上がっていますから、デキンの良さで下剋上を決めることになっても驚けない存在なのでは?と考えています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
チューリップ賞2021予想【出走予定馬分析】メイケイエールの不安要素公開!注目は1週前追い切り(坂路)自己ベスト更新したアノ上がり馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.