競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

フェブラリーステークス2021予想【出走予定馬分析/前編】1週前追い切り(カフェファラオなど)情報!注目はOP入り後も豪脚披露しているアノ上がり馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20210215015410j:plain

フェブラリーステークス2021予想【出走予定馬分析<前編>】1週前追い切り(カフェファラオなど)情報!注目はOP入り後も豪脚披露しているアノ上がり馬!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2021年2月21日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第38回フェブラリーステークス(G1)

東京ダート1600m 4歳以上定量

 

★フェブラリーステークス2021★

★予想オッズ★

 

①人気 カフェファラオ  2.6倍

②人気 レッドルゼル   3.3倍

③人気 サンライズノヴァ 5.1倍

④人気 アルクトス    5.9倍

⑤人気 ワイドファラオ  12.7倍

 

★フェブラリーステークス2021★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

アルクトス

(牡6歳 父アドマイヤオーラ・母ホシニイノリヲ)

前走:根岸S4着(東京ダート1400m:1分22秒5)

3走前の南部杯(盛岡ダート1600m)で待望のG1初制覇を果たしたほか、59kgの重い斤量を課された前走・根岸ステークスでも僅差4着を確保するなど、左回りダートのマイル前後で安定した結果を残している実績上位馬。時計が掛かるタフなダートよりも決着時計が速くなりやすい脚抜きの良いダートの方が合うタイプなので、道悪馬場でレース当日を迎えるのが理想的。1週前追い切り(美浦W5ハロン70.5-55.0-41.4-12.9)は単走終い重点で軽めの内容に。レース間隔が詰まっている分、最終追い切りも軽い内容に留める可能性がありますけど、この馬本来の伸びやかなストライドでWコースを駆け抜けていましたから、叩き2戦目で順当に調子が上向いているのは間違いなさそうです。

 

インティ

(牡7歳 父ケイムホーム・母キティ)

前走:東海S12着(中京ダート1800m:1分52秒2)

2019年のフェブラリーステークスを優勝して以降、丸2年勝ち星から遠ざかっている“元王者”。2走前のG1・チャンピオンズカップ(中京ダート1800m)で3着を確保し、復調気配を示したかと思いきや、1番人気に支持された前走・東海ステークスは先行激化の流れが向かなかったとはいえ、まさかの12着(勝ったオーヴェルニュから3.0秒差)に大敗…。走る時と走らない時の差が激しすぎるので、馬券の軸に据えるよりも資金に余裕があったら馬券の買い目に加える…程度の扱いが妥当かと思います。ただ、単走で終いを強めに追われた1週前追い切り(栗東CW6ハロン81.7-66.5-51.6-37.9-12.0)ではスピード感あふれるフットワークを披露していましたから、最終追い切りの内容次第では評価を引き上げる可能性も。

 

エアアルマス

(牡6歳 父マジェスティックウォリアー・母ノカゼ)

前走:チャンピオンズC10着(中京ダート1800m:1分50秒4)

2020年1月のG3・東海ステークス(京都ダート1800m)優勝後に骨折のアクシデントに見舞われ、戦列復帰後の2戦でも結果を残せていませんし、今回と同コースで行われた2019年11月のG3・武蔵野ステークス(東京ダート1600m)で11着に大敗していて、場替わりへの対応も大きなポイントとなりそう。ただ、馬群の中で揉まれる可能性が低い外めの枠を引いて、スムーズな形で立ち回ることができれば、一変があっても驚けない存在ですし、単走で終いを少し強めに追われた1週前追い切り(栗東CW6ハロン81.4-66.0-51.9-38.5-12.0)でも鋭い決め手を発揮して、状態面もアップしていますので、枠順配置次第では馬券の買い目に加えることも視野に入れています。

 

エアスピネル

(牡8歳 父キングカメハメハ・母エアメサイア)

前走:チャンピオンズC7着(中京ダート1800m:1分50秒2)

芝レースのマイル重賞を3勝していて、昨シーズンから本格的にダート路線へと舵を切り、ハイレベルな重賞で馬券圏内を2度確保(プロキオンステークス2着、武蔵野ステークス3着)しています。前走・チャンピオンズカップは7着という物足りない結果に終わりましたが、芝スタートのマイル戦という舞台設定はピッタリですから、場替わりでのパフォーマンス上昇に期待したいところ。併せ馬を敢行した1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.1-38.1-24.4-12.1)で右肩上がりのラップを計測し、中間の調整も順調なので、8歳のベテランホースという立場でも侮れない存在になりそうです。

 

オーヴェルニュ

(牡5歳 父スマートファルコン・母ギュイエンヌ)

前走:東海S1着(中京ダート1800m:1分49秒2)

スピードの違いで他馬を圧倒していた父スマートファルコンとは異なり、好位のポジションで脚を溜めて、早め先頭から押し切る競馬を得意にしている“自在脚質”。昨秋から3連勝で東海ステークスを優勝し、重賞ウイナーの仲間入りを果たしたメンバー屈指の上がり馬になります。立ち回りの器用さで勝負するタイプなので、直線の決め手勝負になりやすい東京ダート1600mへの場替わりは微妙ですし、芝スタートへの適性も未知数なので、前回よりも買い要素が乏しい状況でどこまで通用するのか…という腕試し的な一戦になりそう。1週前追い切り(栗東坂路4ハロン54.8-39.0-25.1-12.7)は単走終い重点の内容。首を上手に動かせず、頭の位置も右に傾いたまま…という見栄えの悪い形でしたが、東海ステークスを勝った時も追い切りで見栄えしていなかったので、攻め駆けしないことを踏まえた上でジャッジしていきたいところ。

 

カフェファラオ

(牡4歳 父アメリカンファラオ・母メアリーズフォリーズ)

前走:チャンピオンズC6着(中京ダート1800m:1分50秒2)

3歳限定のG3・ユニコーンステークスを優勝するなど、東京ダート1600mで2戦2勝の好相性を誇る充実一途の4歳馬。タイヤの跡に過剰反応してしまい、序盤から流れに乗れなかった3走前のG1・ジャパンダートダービー(大井ダート2000m)7着は敗因がハッキリしていますし、折り合いに専念した3頭併せの1週前追い切り(美浦W5ハロン69.4-54.1-39.5-12.8)でも機敏な脚さばきを披露していて、状態面の不安はありませんから、ルメール騎手騎乗で“鞍上人気”してしまいそうな状況でも軽くは扱えません。ただ、当ブログでも再三指摘していますが【●●●●●●●】なので、全幅の信頼を置ける存在ではない、と現時点では解釈しています。

 

カフェファラオの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

サクセスエナジー

(牡7歳 父キンシャサノキセキ・母サクセスアイニー)

前走:根岸S12着(東京ダート1400m:1分23秒3)

フェブラリーステークスに参戦するのは2019年8着時以来、2年ぶり。1400mの地方交流重賞で目覚ましい活躍を見せていますが、東京ダートで【0-0-0-3】の低調な結果に終わっていますので、今回はかなり厳しい戦いを強いられることになりそう。リラックスした形で坂路をグングン駆け上がっていた1週前追い切り(栗東坂路4ハロン53.8-39.5-25.4-12.5)の動きを見る限り、レース間隔が詰まっている影響を心配する必要はないですけど、舞台設定が合う3月16日(火)の交流重賞・黒船賞(高知ダート1400m)への叩き台という見方も成り立つかと思いますから、今回は様子見程度の評価が妥当でしょう。

 

★フェブラリーステークス2021★

★出走予定馬分析/前編⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

オープン入りを果たしてから、3戦連続で3着以内を確保しているほか、昨秋のG3・武蔵野ステークス(東京ダート1600m)でも上位争いを展開するなど、東京ダートへの舞台適性も高いこの馬をフェブラリーステークス事前展望<前編>のオススメ馬としてピックアップします。ハイペースの流れがマッチしたとはいえ、58kgの重い斤量を課された前走で豪快な差し切り勝ちを決めた点は高く評価できますし、差し脚質向きの流れになれば、上がり3ハロン35秒台の末脚を持ち味にしているこの馬が台頭する可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
フェブラリーステークス2021予想【出走予定馬分析/前編】1週前追い切り(カフェファラオなど)情報!注目はOP入り後も豪脚披露しているアノ上がり馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.