競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

馬場・展開読みの魔術師

【有馬記念2020】最終予想!馬場傾向分析・レース展開予想・印・買い目。自信度★4で有終の美を飾る!

投稿日:

今回は有馬記念2020の最終予想(馬場傾向分析・レース展開予想・印・買い目)を中心とした記事になります。

ゆうです。

宣言通り、有馬記念は自信度★4で勝負します。

当初は自信度★5まで考えましたが、枠で自信度を一段階下げました。相手がかなり難しいです。

なので単複メインで勝負します。もちろん2連、3連系も買いますが。

本当は動画で語りつくしたかったですが、来年はYoutubeに尽力したいと思います。

では本題に入っていきましょう。

▼LINE@では「平場で最も自信のある馬」を配信中!▼

2019年は単勝回収率110%!

2020年の有馬記念終了時にLINE@配信馬の単勝回収率が120%を超えていない場合は自腹で10万円分のプレゼント企画をします。自分を追い込んで配信しますので半端な予想は配信しません。サラリーマンに10万円は痛いよ~!!(笑)

30日間全額保証!

先日帯封越えの超特大馬券を的中させた競馬情報サイト「にのまえ」です!

その他にも高額的中!などかなり情報精度の高いサイトです。

「にのまえ」ではリスクを最小限に抑える必要があると考えており多角的視点から情報野正確差を高め、期待値を突き詰めて買い目を提供しているからこそ!といえます。

しかも万が一の保証制度もあるので安心してご利用いただけます。

正直、ここまでリスク回避ができ、重賞でも平場でも的中を量産しているというサイトは中々ないと思います。

・お金は大切だと認識する
・行動を起こす

など、根本的な部分から他のサイトとは考えかたが違い、競馬に対する向き合い方が本気だからこそここまでの結果を得られているとも言えますね。

実際、毎週沢山の会員様から問い合わせを頂いているサイトでもあるのでこの機会を逃すことなく利用してみてください!

今週は「春侍月賞」が無料公開されます!

メールアドレスのみで簡単に登録できますので、今週からにのまえの凄さを体感してみてください!

>>無料登録はこちら!

 

 

有馬記念2020の最終予想

 馬場傾向分析

土曜日の馬場傾向は以下の通り。

今の中山競馬場は良馬場だが時計がかかる。しかしスロー~ミドルペースでは差しが決まるような馬場ではないですね。4コーナー手前では先行好位にいないと厳しい印象。

参考程度にホープフルSとグレイトフルSの結果を確認しましょう。

●ホープフルS

ホープフルSではダノンザキッドが勝利。しかし上りは36.4とかなりタイムがかかっている。この馬は東スポ杯では33秒代の上りを出しているのでタフな馬場だと伺える。何より去年のホープフルSのタイム(コントレイル勝利)より1秒以上遅い。去年もかなりタフな馬場だったので今年もタフな馬場の可能性が高い。1.2着馬は4コーナー手前で先行好位にいた2頭。3着は脚を伸ばしてきたが届かず。

 

●グレイトフルS

ジャコマルがしてやったりの逃げ切り。中山適性がある馬ですが逃げ切るのは予想外。2着は内から伸びてきたウインキートス。3着は終始好位にいたブラックマジック。4着も番手にいたシロニイ。

 

上記の2レースを見ただけでも今の中山は時計がかかり、先行馬有利の馬場傾向と言うことがわかる。そして内が意外と伸びる。差し馬でチャンスがあるならイン突きかな。

基本的に先行好位を取れていないと好走は厳しい印象。

 

 

 レース展開予想

このレースで重要なのはペース。スローペースかミドル以上かで結果はかなり変わるでしょう。

ペースのカギを握っているのがキセキ。バビットが逃げるのは明らかだがこの馬は逃げ切っているレース全てスローペースで勝っているので鞍上はスローペースに落としたいところ。そこにキセキがどう絡んで来るか。

キセキは前走のジャパンカップで1000m通過58秒を切るオーバーペースで逃げました。鞍上は状態が良すぎて行かせすぎたと言っていましたが自分が調教師なら怒っているぐらいの競馬です。今回は馬場傾向的に前に行かないとチャンスはないと思っているでしょう。後は抑えきれるかどうか。

1000m通過59~60秒くらいのペースで逃げて後続に脚を使わせるか、逃げないで捲りに徹するか。逃げるなら比較的差しは決まりやすくなる。控えるなら先行好位にいないと厳しい

どちらの展開になっても対応できそうな馬を本命に推しましたが、対抗以下がかなり難しい。

キセキが逃げるなら堅い決着の可能性が高く、控えるなら荒れる可能性が高いのでどちらも対応できるように2列目をいつもより広げる。もちろんその分、抑えは少なめに。

 

 

 印予想

自信度:★★★★☆(軸の信頼度は★5相当)

◎:クロノジェネシス(9)

天皇賞・秋では2着までには来れないと予想し消し。有馬記念に出るなら全力で買うと公言しました。そして出走してくれましたね。この馬は道悪巧者です。この馬の能力をフルに発揮できるのは時計がかかる馬場でこそ。現在の馬場傾向にマッチしている。枠がもう少し内なら最高でしたが、北村友一騎手のプレッシャーを考えると詰まって終了よりかは外から押し上げることができる枠の方が良かったかなと思います。天皇賞・秋ではルメール騎手が「負けるならクロノジェネシスだと思った」と評価するほどの馬。有終の美を飾るにはこの馬しかない。

 

〇:フィエールマン(13)

去年は4着。しかし敗因は明らか。アーモンドアイを徹底マークしたが故にペースに対しての仕掛けが早すぎた。今回はルメール騎手。枠は外ですが、捲れる馬なので問題ないでしょう。仕掛け所が肝心ですが、鞍上ルメール騎手ですし能力的にクロノジェネシスを負かす可能性が最も高いのはこの馬。対抗にするしかないかと。

 

▲:カレンブーケドール(10)

追い切りが過去1で良いぐらいに見えました。前走は同厩舎のアーモンドアイがいたのも合って仕上げ一息だった印象。今回は鞍上に池添騎手を確保し、究極仕上げで来ているでしょう。池添騎手は有馬記念を知り尽くしています。しかしわくは内が良かった。内だったら対抗評価だったでしょう。

 

☆:ブラストワンピース(2)

勝ち切れるとまではいかないでしょう。しかしリピーターレースである有馬記念。絶好枠を引いたこの馬を軽視できない。インに徹すれば馬券圏内に来れる可能性はあります。近走で最も狙う要素が揃っているのは明らかなので期待はしています。

 

☆:オーソリティ(11)

アルゼンチン共和国杯では大外枠から先行して勝ち切るとかなり強い競馬でした。怪我明けであのパフォーマンスは驚きしかない。今回3歳馬なので斤量55キロ。鞍上は川田騎手。内なら最高でしたが仕方がないですね。この枠でも先行してくれるでしょう。後は一級戦の古馬相手にどこまでやれるか。

 

△:ラヴズオンリーユー(4)

絶好枠ですね。後はデムーロ騎手が枠の利を生かす競馬をしてくれれば。

 

△:ラッキーライラック(7)

能力がありますが勝ち切れないでしょう。個人的には消しまで考えましたがインに徹するなら3着には来れる可能性があるので抑えで。

 

△:オセアグレイト(15)

鞍上がノリさんです。奇策が怖い。捲るもしくは逃げられたら怖いので抑え。

 

 

 

 参考買い目

単勝:◎(本線)

馬単:◎→〇▲(本線)

馬単:◎→☆(抑え)

馬連:◎―〇▲☆(抑え)

3連複:◎―〇▲―印(抑え)

 

 

※魔術師の競馬メルマガ

平場推奨馬平場の勝負レースはメルマガで配信することにしました!

(現在調子が悪いので全てLINE@で対応しています)

完全無料でお届けしているので是非参考にしてみて下さい!

無料メルマガ⇒ こちらクリックで登録出来ます!

 

Source: 馬場・展開読みの魔術師
【有馬記念2020】最終予想!馬場傾向分析・レース展開予想・印・買い目。自信度★4で有終の美を飾る!

-馬場・展開読みの魔術師

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.