競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

【有馬記念2020予想】フィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック、どっちが上?

投稿日:

有馬記念2020に出走を予定している強豪馬3頭
フィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラックについて

実力が上なのはどっちなのか?

有馬記念で一番有利なのはどの馬なのか?

という点について、根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年の有馬記念はジャパンカップと同じ

「3強対決」が叫ばれています。

 

その3頭とは

宝塚記念他、GI2勝馬 クロノジェネシス

天皇賞春他、GI3勝馬 フィエールマン

大阪杯他、GI3勝馬 ラッキーライラック

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトは不在ですが

十分に豪華なメンバーが揃っています。

 

という事で、有馬記念の最大の焦点である

フィエールマンvsクロノジェネシスvsラッキーライラック

果たして、どの馬が強いのか?

見解を話していきたいと思いますよ。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

フィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック、強いのはどれ?

まず競馬予想の大前提となる能力値について
3頭の比較を行っていきたいと思います。

 

私の結論から話しましょう!

一番強いのは クロノジェネシス です。

 

ただ、内容的に僅差なので
クロノジェネシスが頭一つ抜けている

という事は全くないのですが

大阪杯を見てみるとロスなく走って
120%のパフォーマンスを出したラッキーライラックに対して

外々を回ってロスのあった中で僅差の2着だったクロノジェネシス

この比較からクロノジェネシスが上だという事が分かります。

天皇賞秋ではフィエールマンに差されましたが
アーモンドアイを負かしに行って伸びなかったクロノジェネシスと

自分の競馬に徹して2着を拾ったフィエールマンで見れば
クロノジェネシスの方に分があったと判断できます。

 

もちろん上のレースでクロノジェネシスは先着を許しているので
何かがあれば着順は変わるのですが

総合力ではクロノジェネシスが一番

という評価は妥当だと言えます。

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

フィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック
有馬記念の舞台が合うのはどの馬?

次にフィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック

どっちが有馬記念の舞台に合うのかを考えていきます。

 

こちらも私の結論から話しましょう!

舞台が合うのは クロノジェネシス です。

 

クロノジェネシスは3歳時は瞬発力で勝負するタイプの馬でしたが、

古馬になってからはバゴの血が強く出てきて
体力勝負で持ち味を発揮する馬になってきました。

その証拠に重馬場でタフな舞台だった
宝塚記念で6馬身差の圧勝劇を見せており

スタミナが求められる京都芝2200mの
京都記念ではカレンブーケドールを相手に完勝。

今のクロノジェネシスにとって有馬記念の舞台である

中山芝2500mは合っていると言えます。

 

今回は叩き2戦目という事で上積みもあると言えますし

有馬記念では100%を出せる状態です。

 

フィエールマンもクロノジェネシスと同じ
天皇賞秋からのローテーションになりますが

・2ヶ月以内で出走した経験がない点
・前走マイナス12kgで出走した点

を考えるとクロノジェネシスの方が臨戦は上です。

ただ、舞台適性としては十分なものがあります。

昨年出走した有馬記念では展開のアヤで負けましたが
前崩れの流れを早め先頭の競馬で4着。

内容的にはリスグラシューの次のパフォーマンスだったので

有馬記念への舞台適性は十分にあります。

 

一方のラッキーライラック。

舞台適性としては全然こなせると思いますが
臨戦は厳しいかなと思っています。

札幌記念で緩い仕上げをした後に
エリザベス女王杯でメイチの仕上げ

レースの内容も前が崩れる流れを自ら動いて
早め先頭に躍り出て、そのまま押し切る

というキツい競馬だったので

レースへの反動があると思います。

 

これらの見解を総合すると

クロノジェネシス が最も適性があると言えます。

 


//adm.shinobi.jp/s/2d448c6cbe8ebfef5fd47df8bcb36075

 

まとめ

有馬記念2020の主役を彩る

フィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック

どの馬も能力が高く、素晴らしい馬ですが
能力値、舞台適性、臨戦過程を考えると

クロノジェネシスが上 だと言えます。

次位は フィエールマン

3番目は ラッキーライラック

 

ただ展開で左右されるくらいに力差のない
メンバー構成なので、鉄板とは言えませんが

かなり信頼度の高い馬である事は間違いありません。

有馬記念では素直にクロノジェネシスを買いたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

有馬記念2020で私が注目している馬は
3強以外ではこれしかいない

と、思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
【有馬記念2020予想】フィエールマン、クロノジェネシス、ラッキーライラック、どっちが上?

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.