競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

【ジャパンカップ2020予想】アーモンドアイvsコントレイルvsデアリングタクト、どっちが上?

投稿日:

ジャパンカップ2020に出走を予定している日本の強豪馬3頭
アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトについて

実力が上なのはどっちなのか?

ジャパンカップで一番有利なのはどの馬なのか?

という点について、根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年のジャパンカップは異様な盛り上がりを見せていますよね。

その理由は「夢の無敗3冠馬対決」

 

コントレイルvsデアリングタクト

3歳の牡馬牝馬の無敗3冠馬が戦う

という話題だけでお腹いっぱいなのですが
ここにGI8勝という記録を打ち立てた

現役最強馬 アーモンドアイ が加わるとなれば

過去のGIで最も豪華なメンバーだと言っても
過言ではないくらいに素晴らしいメンツになります。

 

サートゥルナーリアが完全に脇役なレースは
後にも先にもこれだけだと思うので
ここは馬券的な妙味もありそうですよね。

 

という事で、ジャパンカップの最大の焦点である

アーモンドアイvsコントレイルvsデアリングタクト

果たして、どの馬が強いのか?

見解を話していきたいと思いますよ。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、強いのはどれ?

まず競馬予想の大前提となる能力値について
3頭の比較を行っていきたいと思います。

 

私の結論から話しましょう!

一番強いのは アーモンドアイ です。

 

まだ一緒に走っていないので

”正確にどの馬の能力が一番高いのか”

というのは比較しきれない部分はあるのですが
3冠での勝ち方を比較してみると

アーモンドアイの勝ち方がズ抜けていたと判断します。

 

また3冠を取った後に王者として君臨するのか?

3冠獲得後に消耗により能力が萎んでしまうのか?

ここもコントレイルとデアリングタクトにとっては未知数なので

古馬になってからも順調にGIを勝っている
アーモンドアイが強さという点では一番

という評価は妥当だと言えます。

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、
ジャパンカップの舞台が合うのはどの馬?

次にアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト

どっちがジャパンカップの舞台に合うのかを考えていきます。

 

こちらも私の結論から話しましょう!

舞台が合うのは デアリングタクト です。

 

アーモンドアイはオークスや2年前に
ジャパンカップを勝っていますが

有馬記念で惨敗しているように、長距離のレース向きの馬ではなく、
スタミナ勝負に持ち込まれると辛いタイプの馬で

本質的な適性距離は 1600m~2000m

だと言えます。

オークスやジャパンカップを勝ったのは若さと勢いで
本質的な傾向が出る前の成績だと言えます。

 

残る2頭、コントレイルとデアリングタクトですが
両馬とも3冠を勝ったばかりでまだ勢いのある状態なので

東京芝2400mがマイナスになることはありません。

ただ、血統面や走りの内容を含めた、
本質的な距離適性で考えると

コントレイルは中距離、デアリングタクトは中長距離

だと言えるので、

デアリングタクトがの距離適性の方が
若干上回るかなという判断です。

 


//adm.shinobi.jp/s/2d448c6cbe8ebfef5fd47df8bcb36075

 

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、いい臨戦の馬はどれ?

最後の3強のローテーションを比較してみます。

 

私の結論から話しましょう!

一番いい臨戦なのは デアリングタクト です。

 

デアリングタクトが秋出走したのは秋華賞1戦

3冠のかかったレースではありましたが
本番を前にしたステップレースのような仕上がりと
レース内容で力の違いだけで楽勝してきました。

楽勝だったのでレースでの消耗度合いも少ないですし
仕上がりとしても初戦を楽にした叩き2走目なので

ジャパンカップに100%の状態で出走できそうです。

 

コントレイルは距離適性が向いていない菊花賞を獲るために
神戸新聞杯を使って、きっちりと仕上げていました。

そして、菊花賞ではアリストテレスに最後まで抵抗されて
接戦となったことからレースの疲労はどう考えてもあります。

 

アーモンドアイを見てみるとデアリングタクトと同様に
秋は天皇賞秋の1走のみではあるものの

天皇賞秋からジャパンカップまでの間隔が短いので
目一杯走った前走からはパフォーマンスを落としてくるでしょう。

アーモンドアイの個体を見てみても

その卓越したスピード能力から使い詰めで出走すると
パフォーマンスを落としてくるタイプの馬なので

ジャパンカップに100%の状態で出走できなさそうです。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

まとめ

ジャパンカップ2020の主役を彩る

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト

どの馬も能力が高く、素晴らしい馬ですが
圧倒的に優位と言える臨戦過程を刻んでいる

デアリングタクトが上 だと言えます。

 

コントレイルは菊花賞をMAXとしたローテーションに加えて
前走で激戦を繰り広げてしまったこと。

自身のキャリアとしては初の
”使い詰めでの3戦目”であることを考えると

3強の中では一番評価が低いです。

アーモンドアイは実績と能力に敬意を表するものの

3強の中では2番手、という位置づけになります。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

ジャパンカップ2020で私が注目している馬は
3強以外ではこれしかいない

と、思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
【ジャパンカップ2020予想】アーモンドアイvsコントレイルvsデアリングタクト、どっちが上?

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.