競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

アルゼンチン共和国杯2020予想【追い切り後分析】最終追い切り(坂路)で鋭い決め手が際立ったアノ馬を本命に!得意の持久力勝負になりやすい東京芝2500mで能力発揮!

投稿日:

f:id:jikuuma:20201108073807j:plain

アルゼンチン共和国杯2020予想【追い切り後分析】最終追い切り(坂路)で鋭い決め手が際立ったアノ馬を本命に!得意の持久力勝負になりやすい東京芝2500mで能力発揮!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube&公式LINE★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103030603p:plain

単勝強め1頭・複勝強め1頭は確認必須です。

10月(7-0-4-3) 09月(7-3-2-2)

⇒ 競馬検証(公式LINE)にて配信中!
(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103031554p:plain

【導き馬】10月複勝回収率152%!

⇒ 小十郎(公式LINEにて)配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103032145p:plain

LINE限定 平場の1着予想は注目必須です。

先週 福島10R ◎クリノオウジャ 単勝660円的中!

⇒ 1着予想(公式LINE)にて配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2020年11月8日(日)

東京競馬11レース(15時35分発走

第58回アルゼンチン共和国杯(G2)

東京芝2500m 3歳以上ハンデ

 

★アルゼンチン共和国杯2020★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 バレリオ(牡5歳 津村明秀 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン66.0-52.0-39.1-13.2

サペラヴィ(3歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、1馬身ほど併走遅れを喫する形になりましたが、攻め駆けするタイプではないので、併走遅れという字面だけで評価を下げる必要はないかと思いますし、力強い脚さばきでWコースを一気に駆け抜けていましたから、状態面の不安はありません。

 

1枠2番 ラストドラフト(牡4歳 戸崎圭太 56kg)

4日(水):美浦P5ハロン63.8-49.1-36.1-12.3

ミモザイエロー(4歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。休養明け初戦だった前走(ケフェウスS8着)は人気を裏切る形でしたが、鞍上が軽く促したところでスッと反応し、素軽いフットワークを披露した今回の最終追い切りの内容は上々だったので、叩き2戦目の上積みが見込めるのは間違いありません。

 

2枠3番 ベストアプローチ(セ6歳 江田照男 56kg)

4日(水):美浦坂路4ハロン52.2-38.3-25.2-12.4

坂路の直線で適度に間隔を空けた3頭併せのような形になり、外ラチ沿いから鋭い決め手を発揮し、ラスト1ハロン12.4秒の好時計を叩き出しました。レース間隔が空いていますけど、太め残りという感じがありませんし、転厩3戦目で陣営も馬の特徴を掴んでいるはずですから、そろそろ変わり目があっても…という印象です。

 

2枠4番 エアウィンザー(セ6歳 横山典弘 57kg)

4日(水):栗東CW6ハロン83.5-66.7-51.9-38.0-12.6

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

3枠5番 ユーキャンスマイル(牡5歳 岩田康誠 58kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン53.8-38.8-25.1-12.4

坂路単走追い。右肩上がりのラップを刻んでいますので、そこまで悪い状態じゃないかと思いますが、フィニッシュ地点手前で少しモタつく場面があり、終いの伸び脚がイマイチでしたし【●●●●●●●】の不利データに該当している点も気になります。

 

ユーキャンスマイルの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

3枠6番 トーセンカンビーナ(牡4歳 M・デムーロ 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン67.8-53.4-40.0-13.7

タケルペガサス(2歳未勝利)との併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走遅れを喫しました。ムチが入ったところでギアを入れ替え、併走相手にグイグイ迫る形だったのですが、ラスト1ハロンで13.7秒の時計を要しているように、終いの反応の鈍さが出ている状況ですから、可もなく不可もなし程度の評価が妥当だと思います。

 

4枠7番 アイスバブル(牡5歳 横山武史 55kg)

4日(水):栗東CW6ハロン83.8-67.2-52.3-39.1-12.2

アルゼンチン共和国杯に出走するサトノルークスとの併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走遅れを喫する形に…。ただ、攻め駆けしないタイプですから、多少の遅れは許容範囲内ですし、サトノルークスに交わされたところで集中力を切らさず、併走相手に最後まで食い下がっていましたので、デキ自体は申し分ありません。

 

4枠8番 サンレイポケット(牡5歳 荻野極 55kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン53.7-39.0-25.4-12.3

坂路単走追い。終いを強めに追う形でキッチリと右肩上がりのラップを刻んできました。終いの脚色が目立っていたのはもちろん、道中で気負う素振りを一切見せず、リラックスした形で坂路を駆け上がっていましたから、高いレベルのデキを維持しているのは間違いありません。

 

5枠9番 ミュゼエイリアン(セ8歳 横山和生 53kg)

4日(水):美浦W5ハロン68.2-53.0-39.3-12.7

3頭併せの大外から追い上げる形になり、余力たっぷりの手応えを保った状態でラスト1ハロン12.7秒の好時計をマーク。半年ぶりの実戦ですから、レース間隔が空いた分の割引が必要ですけど、久々とは思えないくらい、キビキビとしたフットワークを披露していたので、もっと相手関係が楽になった時に一変がありそうな雰囲気を醸し出しています。

 

5枠10番 サンアップルトン(牡4歳 柴田善臣 55kg)

4日(水):美浦坂路4ハロン52.8-38.3-25.0-12.6

コスモセイリュウ(3歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。太め残りだった前回(オールカマー6着)の最終追い切りは終いの反応の鈍さが目立つ形でしたが、ひと叩きの効果で体つきがシャープになった今回は少しばかり終いの反応が良化していましたので、少しずつ状態が上がっているのは間違いないでしょう。

 

6枠11番 プリンスオブペスカ(牡6歳 丸山元気 54kg)

4日(水):栗東CW6ハロン82.8-67.0-51.9-38.0-12.0

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

6枠12番 メイショウテンゲン(牡4歳 池添謙一 56kg)

4日(水):栗東CW6ハロン86.4-70.8-55.6-41.5-12.5

CWコース単走追い。終い重点の軽い内容になった分、6ハロン86.4秒という遅い全体時計に留まっています。攻め駆けするタイプじゃないので、時計が出ていない点は気になりませんけど、鞍上が促してからの反応がやや鈍く、脚さばきが少し重苦しい印象でしたから、良化途上の状態でどこまで通用するのか…という腕試し的な一戦になりそうです。

 

7枠13番 タイセイトレイル(牡5歳 坂井瑠星 55kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン53.0-38.9-25.6-12.9

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

7枠14番 オセアグレイト(牡4歳 三浦皇成 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン68.8-53.1-40.1-12.7

Wコース単走追い。レース間隔が空いている中でも腹回りはスッキリとしていたので、久々の不安はありませんし、他馬が近くにいる状況でも力む面を一切見せず、ゆったりとした形でWコースを走り抜けていた点も好感が持てますので、水準以上のデキには仕上がっているかと思います。

 

7枠15番 サトノルークス(牡4歳 大野拓弥 56kg)

4日(水):栗東CW6ハロン83.1-66.7-51.7-38.5-12.1

アルゼンチン共和国杯に出走するアイスバブルとの併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走先着を果たしました。攻め駆けしないアイスバブルに最後まで抵抗されたとはいえ、手応えには余裕がありましたし、スムーズな脚さばきでCWコースを一気に駆け抜けていましたから、状態面の不安はありません。

 

8枠16番 アールスター(牡5歳 長岡禎仁 56kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン54.7-39.8-25.6-12.4

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

8枠17番 ゴールドギア(牡5歳 田辺裕信 53kg)

4日(水):美浦W5ハロン70.2-54.0-39.7-13.0

前日の京王杯2歳ステークスに出走したブルーシンフォニーとの併せ馬を敢行し、2馬身ほど併走遅れを喫する形に…。リラックスした形でWコースを駆け抜けていたので、長距離戦にも無難に対応してきそうですが、鞍上が追い出してからの反応が鈍く、2歳馬にあっさり先着を許した点は気掛かりなので、可もなく不可もなし程度の評価が妥当でしょう。

 

8枠18番 オーソリティ(牡3歳 ルメール 54kg)

4日(水):美浦W5ハロン69.1-54.6-39.8-12.5

エクセランフィーユ(4歳3勝クラス)との併せ馬を敢行し、1馬身ほど併走先着。直線に向くところで少しムキになる場面こそあったものの、ラスト1ハロン12.5秒の時計以上に末脚の鋭さが目立っていましたし、鞍上が軽く促したところでギアを入れ替え、終いの反応の良さが際立つ形だったので、歴戦の古馬をあっさり蹴散らす可能性も十分あるかと思います。

 

★アルゼンチン共和国杯2020★

★追い切りランキング★

 

1位 オーソリティ

(併せ馬悠々先着!骨折明けでも仕上がり万全!)

2位 サンレイポケット

3位 ラストドラフト

4位 サトノルークス

5位 オセアグレイト

 

★アルゼンチン共和国杯2020★

★予想オッズ★

 

①人気 オーソリティ    2.6倍

②人気 ユーキャンスマイル 3.7倍

③人気 メイショウテンゲン 5.1倍

④人気 サンレイポケット  5.9倍

⑤人気 ラストドラフト   11.3倍

 

★アルゼンチン共和国杯2020★

★展開予想★

 

フルゲート18頭の一戦になりますけど、確たる先行馬が伏兵のミュゼエイリアンぐらいしか見当たらない、という状況ですから、8歳馬のミュゼエイリアンが押し出される形でハナを奪取し、ゆったりとした超スローペースを形成するのでは?と予想しています。遅い流れからの瞬発力勝負になりそうなメンバー構成ですが、先行勢が簡単に止まりそうもないので、中団前めのポジションを確保できる馬にとってはもってこいの流れになるかと思います。

 

★アルゼンチン共和国杯2020★

★追い切り後分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

骨折明けのオーソリティがあっさり勝ち切ってしまうかもしれませんが、坂路の最終追い切りで鋭い決め手を発揮し、右肩上がりのラップを叩き出したこの馬もオーソリティに負けず劣らずの好調教を披露していましたから、レース間隔が空いているオーソリティ相手に逆転があっても不思議ないのでは?と考えました。2500m以上の距離を走るのは初めてですけど、折り合いに課題があるタイプじゃないですし、道悪馬場での好走が目立ち、タフな条件を得意にしていますので、持久力勝負濃厚の東京芝2500mへの舞台替わりで能力をフルに発揮しそうなところもこの馬を推奨する理由になっています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube&公式LINE★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201104131808p:plain

単勝強め1頭・複勝強め1頭は確認必須です。

10月(7-0-4-3) 09月(7-3-2-2)

⇒ 競馬検証(公式LINE)にて配信中!
(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201104132340p:plain

【導き馬】10月複勝回収率152%!

⇒ 小十郎(公式LINEにて)配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201104132741p:plain

LINE限定 平場の1着予想は注目必須です。

先週 福島10R ◎クリノオウジャ 単勝660円的中!

⇒ 1着予想(公式LINE)にて配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
アルゼンチン共和国杯2020予想【追い切り後分析】最終追い切り(坂路)で鋭い決め手が際立ったアノ馬を本命に!得意の持久力勝負になりやすい東京芝2500mで能力発揮!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.