競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

京王杯2歳ステークス2020予想【追い切り後分析】最終追い切り(コース)単走で抑えの利いた走り披露し、初距離クリアの公算高まったアノ馬を本命に!

投稿日:

f:id:jikuuma:20201106163355j:plain

 

京王杯2歳ステークス2020予想【追い切り後分析】最終追い切り(コース)単走で抑えの利いた走り披露し、初距離クリアの公算高まったアノ馬を本命に! 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube&公式LINE★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103030603p:plain

単勝強め1頭・複勝強め1頭は確認必須です。

10月(7-0-4-3) 09月(7-3-2-2)

⇒ 競馬検証(公式LINE)にて配信中!
(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103031554p:plain

【導き馬】10月複勝回収率152%!

⇒ 小十郎(公式LINEにて)配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103032145p:plain

LINE限定 平場の1着予想は注目必須です。

先週 福島10R ◎クリノオウジャ 単勝660円的中!

⇒ 1着予想(公式LINE)にて配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2020年11月7日(土)

東京競馬11レース(15時35分発走

第56回京王杯2歳ステークス(G2)

東京芝1400m 2歳定量

 

★京王杯2歳ステークス2020★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 ロンギングバース(牡2歳 石橋脩 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン67.9-53.8-40.1-13.4

カナリキケン(2歳未勝利)との併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走遅れ。ラスト1ハロンで13.4秒の時計を要しているように、終いの伸びを欠く形でしたし、直線に向くところで内にモタれていたところも気掛かりなので、追い切り面で高い評価を与えることはできません。

 

1枠2番 リメス(牡2歳 三浦皇成 55kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン54.4-38.9-24.8-12.4

クーファアチャラ(3歳1勝クラス)との併せ馬を敢行し、1馬身ほど併走先着。ラスト2ハロンを24秒台にまとめましたが、追われてからの反応が鈍く、見栄えの悪い形に留まっていますし、短距離向きのピッチ走法なので、1400mへの距離延長でパフォーマンスを落とす可能性があります。

 

2枠3番 マツリダスティール(牡2歳 内田博幸 55kg)

4日(水):水沢ダート5ハロン65.8-49.7-37.2-12.6

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

2枠4番 リンゴアメ(牝2歳 丹内祐次 54kg)

4日(水):美浦W5ハロン72.0-56.0-41.8-13.0

Wコース単走追い。5ハロン72.0秒という遅い全体時計に留まっていますけど、函館2歳Sを勝った時の追い切りでも目立つ動きを見せたわけじゃないので、追い切りはいつも地味なのに、実戦ではキッチリ走るタイプ、という風に割り切ることが必要かと思います。ただ、追い切りの道中で力む場面が見られましたから、1400mへの距離延長はマイナスに働きそうです。

 

3枠5番 ニシノガブリヨリ(牡2歳 松山弘平 55kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン53.9-39.3-25.2-12.5

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

3枠6番 モントライゼ(牡2歳 ルメール 55kg)

4日(水):栗東CW6ハロン83.3-66.4-52.0-38.5-12.2

CWコース単走追い。初距離の1400mに対応させるため、道中でリラックスすることに重きを置く形の追い切りだったのですが、折り合いはバッチリで、ラスト1ハロン12.2秒の時計が示す通り、終いまでキッチリと脚を伸ばし、距離克服へのメドを立てていますから、関東圏への長距離輸送を無事にクリアすることができれば、あっさり勝ち切る可能性も十分にあります。

 

4枠7番 プルスウルトラ(牡2歳 江田照男 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン69.9-53.9-39.5-12.3

併せ馬で馬場の外ラチから脚を伸ばす形に。ラスト1ハロンで12.3秒という上々の時計をマークしていますけど、鞍上が促してからの反応がやや鈍く、気ムラな面をのぞかせていたので、可もなく不可もなし程度の評価が妥当でしょう。

 

4枠8番 オリアメンディ(牝2歳 杉原誠人 54kg)

4日(水):美浦W5ハロン71.0-54.7-40.1-13.3

ココフィーユ(4歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。終い重点の軽い内容に留めたものの、ラスト1ハロンで13.3秒の時計を要した点は気掛かりですし、直線に向いたところで頭を上げるなど、気性面の課題を持ち合わせている段階ですから、本格化するのはまだ先になりそうな印象です。

 

5枠9番 ファルヴォーレ(牡2歳 横山武史 55kg)

4日(水):栗東坂路4ハロン53.9-39.0-25.4-12.7

坂路単走追い。4ハロン53.9秒というまずまずの全体時計を計測しましたが、トータルで力感を欠く動きに留まっていますので、良化途上の現状でどこまで通用するのか…という腕試し的な一戦になりそうです。

 

5枠10番 ジャガード(牡2歳 M・デムーロ 55kg)

4日(水):美浦W6ハロン86.2-70.3-55.6-42.1-12.7

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

6枠11番 リフレイム(牝2歳 木幡巧也 54kg)

4日(水):美浦北C5ハロン70.3-53.2-39.2-13.4

美浦北Cコース単走追い。中1週の強行軍になりますので、終い重点の軽い内容に留めていますけど、程よい気合い乗りを保った状態で力強い脚さばきを披露する、という上々のスパーリングを消化しました。コーナーを回るところで少しスムーズさを欠いていましたが、すぐに態勢を立て直していましたから、気にする必要はないかと思いますが【●●●●●●●】の不利データに該当している点は気掛かりです。

 

リフレイムの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

6枠12番 タマダイヤモンド(牝2歳 津村明秀 54kg)

4日(水):美浦W5ハロン70.4-55.7-41.6-12.9

Wコース単走追い。初めて芝コースを使う分、未知数な存在にはなりますが、スナップの利いたフットワークでWコースを駆け抜け、芝コースへの適性の高さを感じさせる活気十分な動きを披露していたので、芝替わりでパフォーマンスを跳ね上げる可能性も十分にあります。

 

7枠13番 クムシラコ(牡2歳 嶋田純次 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン67.2-53.5-39.6-12.8

シゲルバクハツ(2歳新馬)との併せ馬を敢行し、併走同入。キビキビとしたフットワークでWコースを駆け抜け、ラスト1ハロン12秒台の速い時計をマークしていますけど、道中でムキになる面が目立っていましたから、1400mへの距離延長は歓迎できません。

 

7枠14番 ストライプ(牝2歳 斎藤新 54kg)

4日(水):美浦坂路4ハロン53.6-39.0-24.9-12.2

クロノメーター(3歳3勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。程よい気合い乗りを保った状態で右肩上がりのラップを刻む、という大人びたスパーリングを消化。力感たっぷりのフットワークで坂路を登板していましたし、状態面の不安はありません。

 

7枠15番 レガトゥス(牡2歳 戸崎圭太 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン69.6-54.1-39.8-11.8

3頭併せの真ん中で脚を溜める形となり、終始楽な手応えをキープしたまま、ラスト1ハロン11.8秒の好時計を叩き出し、3頭併せ併走同入を果たしています。馬体重560kg前後の巨漢馬とは思えないくらい、脚さばきがとても軽やかで、瞬発力勝負への適性の高さをうかがわせる好内容のスパーリングを消化していますから、未勝利勝ち直後の立場でも軽くは扱えません。

 

8枠16番 ユングヴィ(牡2歳 柴田善臣 55kg)

4日(水):美浦坂路4ハロン53.0-38.4-24.6-12.3

ボルゲリ(2歳未勝利)との併せ馬を敢行し、併走同入。手前をスムーズに替えられず、スピードに乗り切れない…というもどかしい状況でしたが、ラスト1ハロンを12.3秒でまとめた点は好感が持てますし、力強い脚色で坂路を駆け上がっていたので、水準以上のデキには仕上がっています。

 

8枠17番 ロードマックス(牡2歳 岩田望来 55kg)

4日(水):栗東CW4ハロン51.4-37.5-11.9

エイカイファントム(2歳未勝利)との併せ馬を敢行し、アタマ差併走遅れ。追い切りの道中で少し気負う面を見せていた分、ペースが流れやすい1400mへの距離短縮は合いそうですし、終いをやや強めに追ったとはいえ、ラスト1ハロン11秒台のハイラップを刻み、終いの脚色が目立つ形でしたから、状態面の不安はありません。

 

8枠18番 ブルーシンフォニー(牡2歳 田辺裕信 55kg)

4日(水):美浦W5ハロン69.0-53.2-39.3-12.6

日曜のアルゼンチン共和国杯に出走するゴールドギアとの併せ馬を敢行し、馬なりの手応えを保った状態で2馬身ほど併走先着を果たしました。スピード色の濃いタイプじゃないので、1400mへの距離短縮は微妙ですけど、素軽さ満点の脚さばきを最後までキープして、重賞に出走する古馬を子供扱いした最終追い切りの内容は上々でしたから、デキの良さで距離短縮の課題をあっさりクリアする可能性も十分あります。

 

★京王杯2歳ステークス2020★

★追い切りランキング★

 

1位 ブルーシンフォニー

(併せ馬で重賞出走の古馬を圧倒!)

2位 レガトゥス

3位 モントライゼ

4位 リフレイム

5位 ストライプ

 

★京王杯2歳ステークス2020★

★予想オッズ★

 

①人気 モントライゼ    2.4倍

②人気 リフレイム     4.1倍

③人気 ブルーシンフォニー 4.6倍

④人気 レガトゥス     7.5倍

⑤人気 リンゴアメ     11.9倍

 

★京王杯2歳ステークス2020★

★展開予想★

 

フルゲート18頭が集結したものの、確たる逃げ馬がリメスぐらいしか見当たらない状況ですので、オープン特別のすずらん賞で3着に逃げ粘ったリメスが果敢にハナを奪取し、前半600m通過34秒前半~中盤の平均遅めのペースを形成するのでは?と予想しています。

 

★京王杯2歳ステークス2020★

★追い切り後分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

コース単走の最終追い切りで操縦性の高さをうかがわせる活気十分の動きを見せていたこの馬を本命に抜てきします。初めて1400mのレースを使いますけど、道中で抑えが利いていた最終追い切りの内容を見る限り、マイルまでなら距離は持つはずですし、人気を裏切った前走は極端な道悪が合わなかっただけですから、決め手勝負になりやすい東京芝コースであれば、変わり身があっても不思議ないのでは?と考えました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube&公式LINE★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201104131808p:plain

単勝強め1頭・複勝強め1頭は確認必須です。

10月(7-0-4-3) 09月(7-3-2-2)

⇒ 競馬検証(公式LINE)にて配信中!
(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201104132340p:plain

【導き馬】10月複勝回収率152%!

⇒ 小十郎(公式LINEにて)配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201104132741p:plain

LINE限定 平場の1着予想は注目必須です。

先週 福島10R ◎クリノオウジャ 単勝660円的中!

⇒ 1着予想(公式LINE)にて配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
京王杯2歳ステークス2020予想【追い切り後分析】最終追い切り(コース)単走で抑えの利いた走り披露し、初距離クリアの公算高まったアノ馬を本命に!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.