競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

JBCクラシック2020予想【出走予定馬分析】国内ダート無敗のクリソベリル登場!本命は地方の右回りコースで連対率100%誇るアノ馬!相手なりに走れる強み活かしての台頭に期待!

投稿日:

f:id:jikuuma:20201103132712j:plain

 

JBCクラシック2020予想【出走予定馬分析】国内ダート無敗のクリソベリル登場!本命は地方の右回りコースで連対率100%誇るアノ馬!相手なりに走れる強み活かしての台頭に期待!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube&公式LINE★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103030603p:plain

単勝強め1頭・複勝強め1頭は確認必須です。

10月(7-0-4-3) 09月(7-3-2-2)

⇒ 競馬検証(公式LINE)にて配信中!
(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103031554p:plain

【導き馬】10月複勝回収率152%!

⇒ 小十郎(公式LINEにて)配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103032145p:plain

LINE限定 平場の1着予想は注目必須です。

先週 福島10R ◎クリノオウジャ 単勝660円的中!

⇒ 1着予想(公式LINE)にて配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2020年11月3日(火)

大井競馬10レース(18時30分発走

農林水産大臣賞典 第20回JBCクラシック(Jpn1)

大井ダート2000m 3歳以上定量

 

★JBCクラシック2020★

★予想オッズ★

 

①人気 クリソベリル    1.6倍

②人気 オメガパフューム  4.5倍

③人気 チュウワウィザード 8.3倍

④人気 デルマルーヴル   14.7倍

⑤人気 ロードレガリス   21.8倍

 

★JBCクラシック2020★

★出走馬の顔ぶれ★

 

1枠1番 オメガパフューム(牡5歳 M・デムーロ 57kg)

前走:帝王賞2着(大井ダート2000m:2分05秒7)

帝王賞からぶっつけ本番でJBCクラシックにエントリーする、という流れは1年前と全く同じ。1年前のJBCクラシックはトリッキーな浦和ダートコースで開催された分、器用さを武器にしているチュウワウィザードにタイトルを奪われてしまいましたが、【3-2-0-0】の大井ダート2000mで行われる今年は1年前以上のパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。問題は帝王賞で2馬身先着を許したクリソベリルとの力差が埋まっているのかどうか…というところに尽きます。前々のポジションを楽に確保した上で速い上がりを繰り出すクリソベリル相手に勝ち切るのは容易なことではありませんけど、コース相性の良さではクリソベリルに匹敵するものがありますので、差し・追い込み脚質向きの流れになれば、クリソベリルを逆転する場面があっても不思議ない状況です。

 

2枠3番 ロードレガリス(牡5歳 武豊 57kg)

前走:白山大賞典2着(金沢ダート2100m:2分13秒7)

JRAで未勝利のまま大井競馬へと移籍し、移籍後に頭角を現してきたハーツクライ産駒で、JRAに戻ってからも破竹の勢いで勝ち進んでいき、2走前のG3・平安ステークスこそ10着に大敗しましたが、マスターフェンサー相手に真っ向勝負を挑んだ前走・白山大賞典で僅差2着を確保し、重賞で通用するメドを立てています。馬群の中でもまれる形になるとダメなタイプなので、多頭数の競馬になるのは歓迎できませんが、【3-1-0-0】の武豊騎手とのコンビが継続する点は魅力的なので、レジェンドジョッキーの手綱さばき次第では馬券圏内に食い込んでくる可能性も十分にあります。

 

3枠5番 クリソベリル(牡4歳 川田将雅 57kg)

前走:帝王賞1着(大井ダート2000m:2分05秒3)

年明け初戦かつ海外競馬初挑戦となった2走前のG1・サウジカップこそ7着に敗れたものの、国内のダート戦で7戦7勝という抜群の安定感を誇っていて、馬場が軽めで決着時計が速くなりやすいJRAのダートはもちろん、砂が深くて時計の掛かる地方競馬のダートも楽にこなし、現時点ではこれといった弱点が見当たらないダート中距離界の現役最強馬。最終追い切り(栗東坂路4ハロン51.4-37.8-25.1-13.0)はアメリカズカップ(6歳オープン)相手に2馬身半ほど併走先着。終い一杯に追われたにも関わらず、ラスト1ハロンで13.0秒の時計を要しましたが、追い切りで終いの脚が鈍るのはいつものことですし、540~550kgの大型馬とは思えないくらい、素軽いフットワークで坂路を登板していましたから、レース間隔が空いた中でも水準以上のデキには仕上がっています。

 

4枠6番 ダノンファラオ(牡3歳 坂井瑠星 55kg)

前走:日本テレビ盃7着(船橋ダート1800m:1分54秒5)

断然人気のカフェファラオがまさかの凡退を喫した今夏のG1・ジャパンダートダービー(大井ダート2000m)で2番手追走からの押し切り勝ちを決め、G1ホースの仲間入りを果たした3歳馬。勝ち馬に4.0秒の大差をつけられてしまった前走・日本テレビ盃は案外な内容でしたが、地方交流重賞ではとても珍しいハイペースに巻き込まれ、持ち味を全く発揮できなかった、という消化不良な形だったので、ジャパンダートダービーを勝った時と同様に、スムーズな形で先行することができれば、一気に変わり身を見せてくれるのでは?と期待しています。

 

4枠7番 サクラアリュール(牡5歳 藤岡康太 57kg)

前走:シリウスS2着(中京ダート1900m:1分57秒9)

地方交流重賞初出走となるゴールドアリュール産駒。カフェファラオが圧巻のパフォーマンスを発揮した前走・シリウスステークスは好位インで脚を溜める、という理想的なレース運びを展開して2着を確保。コースロスを極力減らす鞍上のファインプレーが光ったのはもちろん、重賞で通用するメドが立った点は大きな財産になったはず。ただ、今回は一気の相手強化になりますし、ゲートの出が不安定なので、課題のスタートを五分に出るのかどうか…というところもポイントになります。

 

5枠8番 サウンドトゥルー(セ10歳 森泰斗 57kg)

前走:東京記念1着(大井ダート2400m:2分33秒8)

今年と同じ大井ダート2000mで開催された2017年のJBCクラシック優勝馬。8歳シーズンの年末に南関東競馬へと移籍し、10歳を迎えた今でも南関東競馬トップクラスの実力を発揮していて、タフさが要求されるS1・東京記念で2着馬に1.5秒の大差勝ちを決めています。2400m以上の長距離戦で活躍していますけど、道中の行きっぷりが抜群だった東京記念の内容を見る限り、2000mへの距離短縮を無難にこなしそうな雰囲気がありますし、馬券圏内ギリギリの3着争いに割って入る可能性も考えておきたいです。

 

6枠10番 ノンコノユメ(セ8歳 笹川翼 57kg)

前走:帝王賞5着(大井ダート2000m:2分06秒3)

JBCクラシックに出走するのは、JRAの京都ダートコースで開催された2018年以来2年ぶり。2019年春のドバイ遠征後に南関東競馬へと移籍しましたが、昨年末のG1・東京大賞典(大井ダート2000m)で2着に入るなど、JRA勢相手に互角のレース運びを展開していますから、JRA勢の3強(クリソベリル、オメガパフューム、チュウワウィザード)に票が偏りそうな状況であれば、馬券的妙味抜群のこの馬でヒモ荒れ馬券を狙っていく、というアプローチも全然アリだと思います。

 

6枠11番 ミューチャリー(牡4歳 御神本訓史 57kg)

前走:日本テレビ盃4着(船橋ダート1800m:1分51秒7)

極端なハイペースとなった前走・日本テレビ盃は早めに進出する形で、勝ちに行く姿勢を見せたものの、ペースが流れ過ぎたことで末脚が甘くなってしまい、惜しい4着に敗れています。日本テレビ盃は展開のアヤで負けたようなものなので、他の日本テレビ盃上位組と遜色ない実力を持ち合わせているのは明らかなのですが、日本テレビ盃よりも強い相手がそろっていますし、マイル前後の距離がベストで、2000mになると決め手が鈍る傾向にありますから、舞台替わりもあまり歓迎できません。

 

7枠13番 デルマルーヴル(牡4歳 戸崎圭太 57kg)

前走:日本テレビ盃2着(船橋ダート1800m:1分50秒9)

これまでに地方交流重賞を2勝(兵庫ジュニアグランプリ、名古屋グランプリ)していて、重賞で2着6回という成績を残している安定株。気難しい面がある分、3度目の騎乗でクセを掴んでいる戸崎圭太騎手とのコンビが継続するところも追い風になりそう。クリソベリルが圧勝した1年前のジャパンダートダービー(大井ダート2000m)で2着に入っていて、大井ダートとのコース相性も悪くありませんし、休養明け初戦の上位人気馬相手に一矢報いる可能性も十分あるかと思います。

 

8枠14番 チュウワウィザード(牡5歳 ルメール 57kg)

前走:帝王賞3着(大井ダート2000m:2分05秒9)

JRAの騎手リーディング1位を独走するルメール騎手とのコンビでJBCクラシック連覇に挑む実績上位馬。キャリア16戦で馬券圏内を外したのが昨年末のG1・チャンピオンズカップ4着の1度だけ、という安定感は魅力的ですし、1年前のJBCクラシックも帝王賞からの直行ローテで勝ち切っていますから、レース間隔が空いた中でもしっかりと走ってくれるはず。ただ【●●●●●●●】面がありますので、勝ち切るイメージは浮かびません。

 

チュウワウィザードの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

★JBCクラシック2020★

★展開予想★

 

3歳馬のダノンファラオぐらいしか確たる先行馬が見当たらない状況なので、差し馬向きの流れに泣いた日本テレビ盃からの巻き返しを狙うダノンファラオが果敢にハナを奪取し、前半1000m通過60秒前後の平均遅めのペースを形成するのでは?と予想しています。2日(月)と3日(火)に雨予報が出ていますので、JBCクラシックの前に行われるG1(JBCレディスクラシック、JBCスプリント)で馬場傾向をしっかりチェックして、馬券の買い目を決めるようにしてください。

 

★JBCクラシック2020★

★出走予定馬分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

特殊なレース展開になった前走でも上位争いを展開し、相手なりに走れる強みを活かしていたこの馬を本命に抜てきします。連対を確保した近2走はいずれも左回りコースでしたが、地方競馬の右回りコースで【2-2-0-0】(連対率100%)の好結果を残しているように、右回りコースの方が走りやすいタイプなので、コース替わりが追い風になりそうなところもイチオシにした理由になっています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube&公式LINE★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103030603p:plain

単勝強め1頭・複勝強め1頭は確認必須です。

10月(7-0-4-3) 09月(7-3-2-2)

⇒ 競馬検証(公式LINE)にて配信中!
(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103031554p:plain

【導き馬】10月複勝回収率152%!

⇒ 小十郎(公式LINEにて)配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

画像クリックでYouTube動画へ飛びます↓

f:id:jikuuma:20201103032145p:plain

LINE限定 平場の1着予想は注目必須です。

先週 福島10R ◎クリノオウジャ 単勝660円的中!

⇒ 1着予想(公式LINE)にて配信中!

(友だち追加でOKです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
JBCクラシック2020予想【出走予定馬分析】国内ダート無敗のクリソベリル登場!本命は地方の右回りコースで連対率100%誇るアノ馬!相手なりに走れる強み活かしての台頭に期待!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.