競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

白山大賞典2020予想【出走予定馬分析】本命は時計を要する地方競馬のダートで本領発揮しているアノ実力馬!手前替えの課題もクリアするなど、充実一途の現状なら十分通用!

投稿日:

f:id:jikuuma:20200929112753j:plain

 

白山大賞典2020予想【出走予定馬分析】本命は時計を要する地方競馬のダートで本領発揮しているアノ実力馬!手前替えの課題もクリアするなど、充実一途の現状なら十分通用!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube再生数ランキング★

【1位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929113119p:plain

【2位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929114951p:plain

【3位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929115120p:plain

【4位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929115452j:plain

 

2020年9月29日(火)

金沢競馬11レース(16時25分発走

農林水産大臣賞典

第40回白山大賞典(Jpn3)

金沢ダート2100m 3歳以上別定

 

★白山大賞典2020★

★予想オッズ★

 

①人気 エルデュクラージュ 2.6倍

②人気 マスターフェンサー 2.9倍

③人気 ロードレガリス   7.0倍

④人気 ヒストリーメイカー 7.8倍

⑤人気 ロードゴラッソ   12.6倍

 

★白山大賞典2020★

★出走馬の顔ぶれ★

 

1枠1番 エルデュクラージュ(セ6歳 ルメール 54kg)

前走:スレイプニルS1着(東京ダート2100m:2分09秒9)

2015年の1歳セレクトセールで落札額2,900万円(税抜)を記録した芦毛のクロフネ産駒。昨秋に中央の3勝クラスを卒業し、東京ダート2100mのオープン特別で2連勝を決めただけでなく、近2走でマスターフェンサー相手にキッチリ先着を果たしている点も大きな強調材料としてピックアップしたいです。ただ、初めて地方競馬のレースを使いますので、地方競馬特有の砂が深いダートに上手く対応できるのか…というところがポイントになりますし【●●●●●●●】な印象も…。

 

エルデュクラージュの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

3枠3番 ロードゴラッソ(牡5歳 藤岡佑介 55kg)

前走:エルムS11着(札幌ダート1700m:1分45秒1)

ダート中距離の重賞を2勝(2019年シリウスステークス、2020年名古屋大賞典)しているハーツクライ産駒。昨年末のG1・東京大賞典(大井ダート2000m)で5着を確保するなど、今年の白山大賞典で上位人気に支持されているエルデュクラージュ&マスターフェンサー以上の実績を残しています。前走・エルムステークスはまさかの11着(勝ったタイムフライヤーから1.7秒差)に凡退していますが、1700mの距離が忙しかったのはもちろん、約4ヶ月ぶりの実戦で完調一歩手前の状態でしたし、スタートで出遅れてしまい、レースの流れに乗り損ねる…という踏んだり蹴ったりな形だったので、不利な条件が重なった前走大敗からの変わり身があっても不思議ない状況です。

 

5枠5番 ロードレガリス(牡5歳 武豊 54kg)

前走:平安S10着(京都ダート1900m:1分57秒4)

JRAの芝レースで勝ち上がることはできませんでしたが、大井競馬へと移籍し、ダート路線に舵を切ってから目まぐるしい成長を遂げたハーツクライ産駒。再度JRAに所属するようになってからもダートで5戦4勝の好結果を残しています。2走前のOP・アルデバランステークス(京都ダート1900m)でスワーヴアラミス(マーチS優勝)相手に勝ち切っているように、重賞級の能力を持ち合わせているのは間違いないかと思いますが、スタート後から耳を絞り、走りに集中できなかった前走・平安ステークスで10着に凡退し、気性難の課題を露呈させていますので、レース当日のパドックでの気配をしっかりチェックする必要があります。

 

6枠8番 ヒストリーメイカー(牡6歳 畑端省吾 54kg)

前走:マーキュリーC4着(盛岡ダート2000m:2分04秒1)

金沢競馬所属時に10勝を挙げ、JRAへと出戻りしたエンパイアメーカー産駒で、約1年10ヶ月ぶりに金沢ダートコースに姿を現すことに。3走前のOP・仁川ステークス(阪神ダート2000m)を勝ち切っているように、JRAのオープンクラスで通用するメドを既に立てていますけど、前走・マーキュリーカップで1.1秒先着を許したマスターフェンサー相手だと分が悪い印象なので、2・3着候補の一角として考えています。

 

8枠11番 マスターフェンサー(牡4歳 川田将雅 55kg)

前走:マーキュリーC1着(盛岡ダート2000m:2分03秒0)

3歳春にダートの本場・アメリカ遠征を敢行し、伝統G1・ベルモントステークスで掲示板内の5着を確保した実績を持つジャスタウェイ産駒。国内のダート重賞初挑戦となった前走・マーキュリーカップで力強い末脚を繰り出し、鮮やかな差し切り勝ちを決めています。エンジンの掛かりが遅い分、距離が2100mに延長される点は歓迎ですし、右回りコースでも2勝を挙げていますから、右回りへの場替わりも無難に対応するのでは?と考えています。

 

★白山大賞典2020★

★展開予想★

 

白山大賞典のトライアルに指定されているイヌワシ賞を逃げ切った道営馬・リンノレジェンドが果敢にハナを奪取し、前半1000m通過62秒前後の淡々としたスローペースを形成するのでは?と予想しています。ゆったりとした流れになる可能性が高いメンバー構成ですけど、2周目の向正面から地力上位のJRA勢が先頭集団に躍り出るはずなので、人気薄の地方馬が上位争いに食い込むのは難しいかもしれません。

 

★白山大賞典2020★

★出走予定馬分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

スパッとキレる脚が使えない分、決着時計が速くなりやすいJRAのダート戦だと詰めの甘さを露呈していましたが、砂が深くて時計を要する地方競馬のダート戦でキレ味不足の課題をクリアしているこの馬を本命に抜てきします。レース中盤までの位置取りがカギですけど、キャリアを積み重ねるにつれて、手前替えがスムーズになっていて、かつてよりも道中の立ち回りが上手になっている現状を考えれば、今回の相手関係でも十分通用する、と考えました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube再生数ランキング★

【1位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929113119p:plain

【2位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929114951p:plain

【3位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929115120p:plain

【4位】画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200929115452j:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
白山大賞典2020予想【出走予定馬分析】本命は時計を要する地方競馬のダートで本領発揮しているアノ実力馬!手前替えの課題もクリアするなど、充実一途の現状なら十分通用!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.