競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

スプリンターズステークス2020予想【出走予定馬分析/前編】1週前追い切り(坂路)でキビキビとしたフットワーク披露していたアノ馬に注目!先行激化必至で差し脚活きる展開なら上位争いも!

投稿日:

f:id:jikuuma:20200927203230j:plain

 

スプリンターズステークス2020予想【出走予定馬分析/前編】1週前追い切り(坂路)でキビキビとしたフットワーク披露していたアノ馬に注目!先行激化必至で差し脚活きる展開なら上位争いも!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2020年10月4日(日)

中山競馬11レース(15時40分発走

第54回スプリンターズステークス(G1)

中山芝1200m 3歳以上定量

 

★スプリンターズステークス2020★

★予想オッズ★

 

①人気 グランアレグリア  2.2倍

②人気 モズスーパーフレア 2.7倍

③人気 ダノンスマッシュ  6.5倍

④人気 レッドアンシェル  8.3倍

⑤人気 ライトオンキュー  11.9倍

 

★スプリンターズステークス2020★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

エイティーンガール

(牝4歳 父ヨハネスブルグ・母センターグランタス)

前走:キーンランドC1着(札幌芝1200m:1分10秒6)

キャリア5勝すべてを芝1200mの舞台で挙げている差し・追い込み脚質。豪快な差し切り勝ちを決めた前走・キーンランドカップは差し馬向きの展開と外差し馬場の恩恵を受ける形だったので、特筆すべき内容ではなかったのですが、引き続き差し馬向きの流れになれば、上位争いに割り込む可能性を秘めた好素質馬であることには変わりありません。1週前追い切り(栗東芝6ハロン79.5-62.4-48.0-35.1-11.7)は単走終い重点の内容。軽やかな脚さばきで腹回りもふっくらしていましたから、高いレベルのデキを維持しています。

 

キングハート

(牡7歳 父オレハマッテルゼ・母ラブハート)

前走:セントウルS13着(中京芝1200m:1分08秒9)

2018年のG3・オーシャンステークス優勝馬。唯一の重賞勝ちを決めたオーシャンステークスと全く同じ中山芝1200mへのコース替わりは歓迎材料になりますけど、今春からブリンカーを着用しているにも関わらず、道中の追走に手間取るケースが多くなっていますので、好メンバーがそろった今回も苦しい戦いを強いられることになりそう。ただ、1週前追い切り(美浦坂路4ハロン51.8-37.7-24.7-12.7)で好時計をマークしていますから、デキ自体は問題ありません。

 

クリノガウディー

(牡4歳 父スクリーンヒーロー・母クリノビリオネア)

前走:セントウルS7着(中京芝1200m:1分08秒5)

収得賞金下位の存在で、特別登録が発表された段階では除外対象となっていましたが、レーティング上位だったこともあり、スプリンターズステークスの出走ラインを越えてきました。1位入線後4着降着という悔しい結果に終わった今春のG1・高松宮記念の走りを見る限り、今回の相手関係でも十分通用しそうな状況ですが、右回りコースだと道中でスムーズさを欠くケースが目立っていますので、中山芝コースへの場替わりは歓迎できません。

 

グランアレグリア

(牝4歳 父ディープインパクト・母タピッツフライ)

前走:安田記念1着(東京芝1600m:1分31秒6)

芝のG1最多勝記録更新を狙ったアーモンドアイ相手に2馬身半差の快勝を決めた前走・安田記念で評価が急上昇している現役屈指の快速馬がぶっつけ本番でスプリンターズステークスへとエントリー。スピードに特化したディープインパクト産駒で、軽い馬場の時に本領発揮しますけど、重馬場発表だった今年のG1・高松宮記念でも僅差2着を確保し、タフな馬場にもしっかり対応していますので、馬場状態不問という点もこの馬の魅力になっているかと思います。併せ馬を敢行した1週前追い切り(美浦W5ハロン67.0-51.8-38.3-12.5)でもキッチリ動いて、休み明けの分の割引も最小限で済みそうですが【●●●●●●●】という点は気掛かりですから、慎重な判断をしていきたいところです。

 

グランアレグリアの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

ダイアトニック

(牡5歳 父ロードカナロア・母トゥハーモニー)

前走:キーンランドC15着(札幌芝1200m:1分12秒9)

1番人気に支持されていながら、15着に大敗した前走・キーンランドカップは洋芝の重馬場というタフな条件に全く対応できず、レース序盤からリズムを崩していたので、道悪に泣いた前走の負けは度外視可能ですし、直線で不利を受けた今年のG1・高松宮記念でも勝ち馬とタイム差なしの3着に好走しているように、いつG1を勝っても不思議ない好素質馬ですから、大敗明け直後の一戦でも軽くは扱えません1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.5-38.4-25.6-13.4)は終いの時計を要す形だったので、最終追い切りでは終いのキレが目立つ形の動きを見せてもらいたいです。

 

ダイメイフジ

(牡6歳 父アグネスデジタル・母ダイメイダーク)

前走:キーンランドC7着(札幌芝1200m:1分11秒9)

2走前のG3・函館スプリントステークス(函館芝1200m)で完璧な立ち回りを見せたダイアトニックに次ぐ2着を確保している徹底先行型。前走・キーンランドカップはレース序盤から行きっぷりが悪く、見せ場すら作れない内容でしたが、すんなりと先行する形に持ち込むことができれば、単騎逃げ確実なモズスーパーフレアが出走する状況でも侮れない存在になりそうです。

 

ダイメイプリンセス

(牝7歳 父キングヘイロー・母ダイメイダーク)

前走:北九州記念13着(小倉芝1200m:1分08秒6)

2018年のスプリンターズステークスで4着を確保するなど、短距離の重賞路線で安定した走りを見せている夏シーズン得意の快速牝馬。明け7歳になってから、道中の追走に苦労する場面が目立っていますので、近走よりも一気に相手関係が強化される今回は苦しい戦いを強いられそう。

 

★スプリンターズステークス2020★

★出走予定馬分析/前編⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

単走で終いを強めに追った1週前追い切り(栗東坂路4ハロン53.8-38.1-24.5-12.3)でキビキビとしたフットワークを披露し、状態の良さをうかがわせたこの馬をスプリンターズステークス事前展望<前編>のオススメ馬としてピックアップします。道中の位置取りが悪くなってしまった前走でも鋭い決め手を発揮していたように、末脚不発の場面が少なくなってきた点は魅力的ですし、モズスーパーフレア参戦で先行激化必至の今回は安定した末脚を持ち合わせているこの馬が上位争いに顔を出す可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js
Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
スプリンターズステークス2020予想【出走予定馬分析/前編】1週前追い切り(坂路)でキビキビとしたフットワーク披露していたアノ馬に注目!先行激化必至で差し脚活きる展開なら上位争いも!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.