競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

新潟記念2020予想【追い切り後分析】最終追い切り単走軽めで活気十分の動き!1週前に併せ馬を消化し、臨戦過程万全のアノ馬を本命に!適度に上がりを要する今の新潟はベスト舞台!

投稿日:

f:id:jikuuma:20200905175429j:plain

 

新潟記念2020予想【追い切り後分析】最終追い切り単走軽めで活気十分の動き!1週前に併せ馬を消化し、臨戦過程万全のアノ馬を本命に!適度に上がりを要する今の新潟はベスト舞台!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200905172903p:plain

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200905172830p:plain

 

2020年9月6日(日)

新潟競馬11レース(15時45分発走

サマー2000シリーズ第5戦

第56回農林水産省賞典 新潟記念(G3)

新潟芝2000m 3歳以上ハンデ

 

★新潟記念2020★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 インビジブルレイズ(牡6歳 北村宏司 56kg)

2日(水):栗東CW6ハロン84.1-67.4-52.0-38.1-11.9

新潟記念に出走するアイスストームとの併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走遅れを喫する形に…。最終追い切りではアイスストーム相手に見劣りしていますけど、1週前追い切り(栗東CW6ハロン83.3-66.6-51.4-37.7-12.0)でアイスストームに1馬身ほど併走先着を果たしていますので、まずまずのデキには仕上がっているのかな?という印象です。

 

1枠2番 アイスバブル(牡5歳 戸崎圭太 55kg)

2日(水):栗東CW6ハロン86.8-68.9-53.7-39.1-12.8

エイスオーシャン(2歳新馬)との併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走遅れを喫する形に…。2歳のスパーリング相手に見劣っていますけど、この馬は追い切りで全然動かないタイプですし、3頭併せで併走遅れを喫した1週前追い切り(栗東CW6ハロン84.0-68.5-53.9-40.0-12.8)よりも終いの脚にお釣りを残す形でしたから、レース間隔が空いた状況でも十分通用するだけのデキには仕上がっています。

 

2枠3番 ピースワンパラディ(牡4歳 池添謙一 55kg)

2日(水):美浦W5ハロン69.8-53.6-39.1-12.9

ソルレオーネ(3歳未勝利)との併せ馬を敢行し、クビ差併走先着。3頭併せ最先着を果たした1週前追い切り(美浦W6ハロン81.6-65.3-51.3-37.8-12.7)ほどのインパクトはなかったのですが、1週前の時点でビッシリ追った効果もあってか、終い重点の軽い内容だった最終追い切りでは引っ張りっきりの手応えを保ったまま、格下のスパーリング相手を圧倒する、という見た目以上に中身の濃い走りを披露していますので、水準以上のデキで新潟記念当日を迎えることができそうです。

 

2枠4番 サトノダムゼル(牝4歳 岩田康誠 53kg)

2日(水):美浦W5ハロン70.6-54.6-39.6-12.8

1週前追い切り(美浦W5ハロン69.6-53.5-39.2-13.4)に引き続き、終い重点の軽い内容に留めています。直前の追い切りで速い時計を出さない、という形は堀宣行厩舎お決まりの調教パターンですし、脚の回転の速さが目立つ好内容の追い切りを消化していますので、状態面の不安はありません。

 

3枠5番 ジナンボー(牡5歳 M・デムーロ 56kg)

2日(水):美浦W4ハロン54.5-39.6-13.2

単走の4ハロン追いという軽めの内容でしたが、1週前追い切り(美浦W5ハロン65.7-51.2-37.2-12.0)の時点で3頭併せ終い強めのスパーリングを消化していますから、上々の臨戦過程で新潟記念へと駒を進めてきた、と判断できるかと思います。ただ【●●●●●●●】ので、全幅の信頼を置ける存在ではない、と考えています。

 

ジナンボーの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(現在2位)

 

08/16(日)

関屋記念(不利データ)プリモシーン 2人気 15着

過去10年で前走ヴィクトリアマイル組【0-0-1-4】

08/16(日)

小倉記念(不利データ)ランブリングアレー 1人気 6着

過去5年でキャリア10戦以下【0-1-0-4】

08/09(日)

レパードS(不利データ)デュードヴァン 1人気 4着

過去5年でノーザンダンサー系種牡馬【0-0-1-11】

08/09(日)

エルムS(不安要素)エアスピネル 3人気 7着

折り合い面に課題が残っていて1700mへの距離延長はマイナス

08/02(日)

クイーンS(不利データ)フェアリーポルカ 2人気 6着!

(過去5年で前走上がり3ハロン2位以内【0-0-0-6】)

07/21(火)

マーキュリーC(不安要素)ヒストリーメイカー 2人気 4着!

(盛岡への長距離輸送で順調さを欠く危険性)

07/19(日)

函館記念(不安要素)カウディーリョ 1人気 7着!

(セン馬を3頭輩出しているディアデラノビアの仔は

気性難の産駒が多い)

07/19(日)

中京記念 (不安要素)ギルデッドミラー 1人気 6着!

(実戦の道中でムキになるケースが目立つ)

07/12(日)

七夕賞(不利データ)ジナンボー 1人気 9着!

(過去5年前走4角通過順2番手以内【0-1-0-14】)

07/12(日)

プロキオンS(不安要素)レッドルゼル 1人気 8着!

(出遅れ癖があり馬力型で脚抜きの良いダートは不向き)

07/05(日)

CBC賞 (不利データ)クリノガウディー 1人気 12着!

(過去5年で前走高松宮記念組【0-1-2-7】)

07/05(日)

ラジオNIKKEI賞(不安要素)パラスアテナ 1人気 4着!

(ゲート裏で待機している時にテンションが上がるタイプ)

06/28(日)

宝塚記念(不利データ)サートゥルナーリア 1人気 4着!

(過去5年で前走馬体重500kg以上【0-1-1-12】)

06/21(日)

ユニコーンS(不利データ)レッチェバロック 2人気 9着!

(過去5年で前走ダート1400m組【0-0-1-17】)

 

3枠6番 メートルダール(牡7歳 丸山元気 56kg)

2日(水):美浦B6ハロン69.3-54.0-39.9-12.5

アーザムブルー(6歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。頭の位置がやや高くなってしまうのはいつものことなので、気にする必要はありませんけど、鞍上が促してからの反応がイマイチで、全盛期よりも見劣りする形に留まっていますから、可もなく不可もなし程度の評価が妥当だと思います。

 

4枠7番 アールスター(牡5歳 長岡禎仁 56kg)

2日(水):栗東坂路4ハロン56.0-40.2-25.5-12.4

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

4枠8番 サトノガーネット(牝5歳 坂井瑠星 55kg)

3日(木):栗東坂路4ハロン56.2-40.0-25.7-12.5

坂路単走追い。1週前追い切り(栗東CW4ハロン50.7-38.2-13.3)は上がりを要する形でしたが、坂路に切り替えた最終追い切りでは、道中で少し頭を上げる場面こそあったものの、終い重点の中で機敏なフットワークを披露し、ラスト1ハロンで12.5秒というまずまずの時計をマークしていますから、状態面の不安はありません。

 

5枠9番 アイスストーム(牡5歳 柴田大知 56kg)

2日(水):栗東CW6ハロン83.5-66.9-51.5-37.6-11.6

新潟記念に出走するインビジブルレイズとの併せ馬を敢行し、半馬身ほど併走先着を果たしました。1週前追い切り(栗東CW6ハロン83.5-66.8-51.6-37.9-12.2)でもインビジブルレイズとの併せ馬を敢行していて、終いの反応が鈍く、併走遅れを喫していましたが、ラスト1ハロン11秒台をマークした最終追い切りでは1週前よりも終いの反応がかなり良化していましたから、水準以上のデキには仕上がっています。

 

5枠10番 ウインガナドル(牡6歳 三浦皇成 55kg)

2日(水):美浦坂路4ハロン53.4-38.9-25.1-12.4

坂路単走追い。1週前追い切り(美浦坂路4ハロン52.3-38.4-25.1-12.4)よりも全体時計は遅くなっていますけど、暑さを考慮してハードワークを避ける形だったので、時計が遅くなるのは致し方ないところですし、程よい気合い乗りを維持しながら、スナップの利いた脚さばきで坂路を登板していましたから、状態面の不安はありません。

 

6枠11番 ワーケア(牡3歳 ルメール 53kg)

2日(水):美浦W5ハロン69.3-53.8-39.4-12.8

ライバーバード(6歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。1週前追い切り(美浦W5ハロン69.1-53.7-39.9-12.3)に引き続き、ラスト1ハロンで12秒台の速いラップを刻んでいますので、水準以上のデキには仕上がっていますけど、勝負どころでのズブさが目立っていますから、レース間隔が空いている今回は多少の割引が必要か思います。

 

6枠12番 プレシャスブルー(牡6歳 石橋脩 54kg)

2日(水):美浦W5ハロン67.3-53.0-39.4-13.2

サペラヴィ(3歳2勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。併走相手に最後まで食い下がる形でしたが、鞍上が追い出してからの反応が鈍く、ラスト1ハロンで13.2秒の時計を要してしまった点は気掛かりなので、追い切り面から高く評価を与えることはできません。

 

7枠13番 ゴールドギア(牡5歳 田辺裕信 53kg)

2日(水):美浦W5ハロン68.6-53.8-38.7-12.8

スズカゴウケツ(3歳未勝利)との併せ馬を敢行し、併走同入。格下のスパーリング相手を突き放せなかった点は気掛かりですけど、攻め駆けするタイプじゃないですし、1週前追い切り(美浦W5ハロン66.3-51.4-37.5-12.7)で新潟2歳ステークス2着のブルーシンフォニー相手に互角の動きを披露していましたから、上々のデキに仕上がった、と解釈しています。

 

7枠14番 カデナ(牡6歳 鮫島克駿 58kg)

2日(水):栗東坂路4ハロン53.5-37.9-24.7-12.5

坂路単走追い。新潟競馬場への長距離輸送を控えていながら、1週前追い切り(栗東坂路4ハロン53.4-37.6-24.5-12.5)と同程度のラップタイムを刻んでいますので、この馬なりのデキには仕上がっています。ただ、鞍上が促したところで少し集中力を欠くような素振りを見せていましたから、レース間隔が空いた分の割引が必要かと思います。

 

7枠15番 リープフラウミルヒ(牝5歳 津村明秀 53kg)

2日(水):美浦W5ハロン67.5-52.6-39.4-12.6

エドノフェリーチェ(3歳1勝クラス)との併せ馬を敢行し、併走同入。馬なりの手応えで最終追い切りを消化していますが、1週前追い切り(美浦W5ハロン67.0-52.5-38.4-12.1)の時点で終いをビッシリ追い、強い負荷をかけていますので、最終追い切りを終い重点の軽い内容に留めた点は特に気になりません。

 

8枠16番 サンレイポケット(牡5歳 荻野極 54kg)

2日(水):栗東坂路4ハロン53.2-38.5-24.9-12.4

坂路単走追い。微調整程度の軽い内容だったにも関わらず、キッチリと右肩上がりのラップを刻んだ点は評価できますし、2週前追い切り(栗東坂路4ハロン51.8-37.7-24.7-12.4)で速い時計をマークしているように、順調な形で調整が進んでいますから、相手強化の一戦でも侮れない存在になりそうです。

 

8枠17番 ブラヴァス(牡4歳 福永祐一 56kg)

2日(水):栗東P6ハロン82.1-66.1-52.4-38.9-12.5

ポリトラックコース単走追い。1週前追い切り(栗東CW6ハロン82.4-66.8-52.7-38.8-12.5)で3頭併せを消化しておいて、最終追い切りをポリトラックコース単走の形に留める、という調教パターンは前走(七夕賞2着)と全く同じですし、シャープな体つきを維持した状態でキッチリと終いの脚を伸ばすことができていたので、暑さが続く中でも順調に調整が進んでいる、と判断したいです。

 

8枠18番 サトノクロニクル(牡6歳 藤井勘一郎 56kg)

2日(水):栗東坂路4ハロン55.6-39.8-25.9-13.0

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

★新潟記念2020★

★追い切りランキング★

 

1位 ピースワンパラディ

(引っ張りっきりの手応えで併走相手圧倒!)

2位 ブラヴァス

3位 サトノダムゼル

4位 サンレイポケット

5位 ウインガナドル

 

★新潟記念2020★

★予想オッズ★

 

①人気 ワーケア      2.8倍

②人気 ブラヴァス     3.5倍

③人気 ピースワンパラディ 4.9倍

④人気 ジナンボー     8.0倍

⑤人気 カデナ       8.6倍

 

★新潟記念2020★

★展開予想★

 

フルゲート18頭がそろった状況ではありますが、差し・追い込み脚質の馬が多く、先手を主張しそうなのがウインガナドルぐらいしか見当たらないので、軽快な先行力を持ち合わせているウインガナドルが押し出される形でハナを奪取し、前半1000m通過60秒前後の平均遅めのペースを形成するのでは?と予想しています。今の新潟芝コースは外差しが利く馬場状態ですけど、適度な荒れ馬場にもなっていますので、タフな馬場にも強い差し・追い込み脚質を狙っていきたいところです。

 

★新潟記念2020★

★追い切り後分析⇒注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(現在2位)

 

【●●●●●●●】

1週前の時点で併せ馬をこなし、最終追い切りを単走軽めの内容に留める、という臨戦過程で良績を積み上げてきたこの馬を本命に抜てきします。暑さに強いタイプじゃないようなので、レース当日のパドックでの気配をしっかりチェックする必要がありますけど、究極の上がり勝負だと分が悪いこの馬にとって、開催最終週で適度に上がりを要する今の新潟芝コースはベストですから、勝負どころで鞍上が上手く馬群の外にエスコートし、他馬との叩き合いに持ち込むことができれば、今回の相手関係でも十分勝負になるのでは?と考えました。

 

07/19(日)

函館記念 15人気 ◎アドマイヤジャスタ 1着 単勝7730円 的中!

↓記事抜粋

f:id:jikuuma:20200720085613p:plain

07/12(日)

七夕賞 3人気 ◎クレッシェンドラヴ 1着 単勝740円 的中!

↓記事抜粋

f:id:jikuuma:20200712223753p:plain

07/05(日)

ラジオNIKKEI賞 8人気 ◎バビット 1着 単勝2020円 的中!

↓記事抜粋

f:id:jikuuma:20200705180742p:plain

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200905172903p:plain

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200905172830p:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
新潟記念2020予想【追い切り後分析】最終追い切り単走軽めで活気十分の動き!1週前に併せ馬を消化し、臨戦過程万全のアノ馬を本命に!適度に上がりを要する今の新潟はベスト舞台!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.