競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

【CBC賞2020予想】データから浮き上がる穴馬と推す2つの理由

投稿日:

CBC賞2020の予想をするうえで
馬券に入れておきたい穴馬
について

そして、その穴馬を推した理由・根拠について
ローテーションやレース内容、コース適性を見ながら話していきたいと思います。

是非、馬券の参考にしてください。

 

 

こんにちは、MOTOです。

「絶対に馬券を買わない危険な人気馬」コーナーと並んで

楽しみにしていただいている方が多い

「絶対に馬券を買いたい穴馬」コーナー

 

先週は宝塚記念がありましたが

ここでピックアップしました キセキ は2着

 

クロノジェネシスにはちぎられてしまいましたが

距離短縮ローテの効果もあってか
折り合いを上手くつけて、良い差し脚を見せてくれましたね。

勝てなかったことは残念ですが
守りに入らず、一発を狙っていきたいと思います。

 

それではCBC賞の穴馬に行ってみましょう!!

 

 

CBC賞2020で注目している穴馬はコイツだ!

CBC賞2020の出走予定メンバーは以下の通りです。

高松宮記念1着降着の クリノガウディー

シルクロードステークス勝ち馬の アウィルアウェイ

を中心に馬券が売れていきそうなメンツとなっています。

 

 


(1番人気が予想される クリノガウディー)

 

そんな中でも一発の可能性を残しているであろう

CBC賞2020の穴馬を公表したいと思います。

 

 

その馬の名前は

ディメンシオン

です。

 

ディメンシオンは阪神牝馬ステークス3着
京成杯オータムハンデ2着と重賞で馬券に絡んでいますが
重賞勝ちの実績がなく

今回は初めての1200m戦が危険視されて
CBC賞2020では人気にならなさそうな存在です。

 

そんなディメンシオンが、なぜCBC賞で
注目できる穴馬なのか??

今回はデータを基に話しをしていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

穴馬を狙う理由と買える材料

レコード決着の京成杯で2着!1200mのペースにも対応可能!

ディメンシオンを評価する際に最も注目されるのは

「1200mという距離がどうか?」

という点です。

 

もちろん初めての距離なので走ってみないと
分からない部分はあるのですが

「私は距離はこなせると思っています」

 

その根拠は京成杯オータムハンデのレースです。

京成杯オータムハンデはトロワゼトワルが勝った
高速馬場をレコード決着したレースなのですが

ディメンシオンはこのレースで速いラップを経験出来ています。

勝ったトロワゼトワルの

1200m通過タイムは 1分6秒8

2着ディメンシオンのタイムは公式には発表されていませんが
トロワゼトワルとの差を見る限り

1分7秒5前後では走っているのではないかと推察されます。

 

今年は阪神競馬場でのレースとなりますが
過去に中京で行われたCBC賞の勝ちタイムを見てみると

2018年 1分7秒0

2017年 1分8秒0

2018年 1分7秒2

(2019年は不良馬場で参考外:1分9秒8)

ディメンシオンにとって十分に走れる範囲であると言え

1200mへの対応は可能であると判断できます。

 


//adm.shinobi.jp/s/2d448c6cbe8ebfef5fd47df8bcb36075

 

重賞級の能力と夏競馬での体調アップに期待!

ディメンシオンは今回はそれほど目立たない存在ではありますが
重賞でも堅実な成績を残しています。

重賞での成績をまとめてみると

【0.1.1.5】

と今一歩に見えますが、関屋記念は4着
ターコイズステークスは5着、
府中牝馬ステークスと京都牝馬ステークス6着、と

昨年のターコイズステークス11着以外は
0.7秒以内に走っています。

重賞でもキッチリと形を見せていると言えます。

 

また、ディメンシオンは牝馬らしく夏場の成績は良好です。

全成績と夏場(6~9月)の成績を比較してみると

全成績 【5.3.1.8】

夏成績 【3.1.1.2】

勝率も連対率も上がっています。

 

重賞レースで見てみても

京成杯オータムハンデ 2着

関屋記念 4着

と2度好走しているので、

今回のCBC賞でも好走が期待できます。

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

以上の理由から

CBC賞2020における

ディメンシオンは今回穴馬として面白い存在

という結論に達します。

 

 

まとめ

1200mは初めてとなるディメンシオンですが

京成杯オータムハンデの内容から短縮は問題ないと判断できます。

また重賞でも堅実な走りを見せていますし
牝馬らしく、夏場は成績を上げてくるタイプの馬なので

能力のある馬がしっかりと力を出せそうな舞台となっています。

最も期待値の高い条件で出走してくるディメンシオンは
今回のCBC賞で大駆けすることが期待できます。

CBC賞でのディメンシオンは見逃せない穴馬ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

CBC賞2020で私が最も注目している馬はディメンシオン
ラジオNIKKEI賞で注目しているのは未知の力を持つ馬です。

こちらも注目してください。

この馬 → 人気ブログランキングへ

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
【CBC賞2020予想】データから浮き上がる穴馬と推す2つの理由

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.