競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

安田記念2020予想【追い切り後分析】坂路最終追い快走!充実期に突入し成績安定のアノ馬に◎!終いまで脚を残す形でキッチリ結果を出した前走の内容優秀!

投稿日:

f:id:jikuuma:20200606174340j:plain

 

安田記念2020予想【追い切り後分析】坂路最終追い快走!充実期に突入し成績安定のアノ馬に◎!終いまで脚を残す形でキッチリ結果を出した前走の内容優秀!

 

先週配信した【激アツ無料競馬サイト】

05/30(土) 回収率348% 収支+14万8500円 達成!

05/31(日) 回収率419% 収支+19万1100円 達成!

今週も公式LINEにて

最新の検証結果&激アツ競馬サイトを随時配信!

レッドアタック公式LINE(無料)

(上記成績サイトは友だち追加ですぐに見れます)

 

2020年6月7日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第70回農林水産省賞典 安田記念(G1)

東京芝1600m 3歳以上定量

 

★安田記念2020★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 ダノンプレミアム(牡5歳 レーン 58kg)

3日(水):栗東坂路4ハロン52.5-37.5-24.3-12.3

坂路単走追い。海外帰り初戦ということもあってか、2週続けて単走で追い切りを消化している点は少し気掛かりですけど、道中でピッタリと折り合い、ラスト1ハロン12.3秒の好時計を叩き出した最終追い切りの内容は上々だったので、レーン騎手とのタッグでスムーズなレース運びが叶えば、アーモンドアイ相手に一矢報いる可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

1枠2番 ダノンキングリー(牡4歳 戸崎圭太 58kg)

3日(水):美浦W6ハロン81.3-64.9-50.7-37.4-12.2

同じ安田記念に出走するノームコアとの豪華な併せ馬を敢行。終始楽な手応えを保ったまま、ノームコア相手に2馬身併走先着を果たしました。年明け3戦目になりますけど、適度にレース間隔を空けていることもあってか、脚さばきはとても軽やかでしたし、450kg台の馬体重の馬とは思えないくらい、筋肉隆々で迫力満点な馬体をしっかり維持していますから、水準以上のデキに仕上げてきたのは間違いないでしょう。ただ【●●●●●●●】を見る限り、レース当日のパドックでの気配次第では評価を下げる必要もあるかと思います。

 

ダノンキングリーの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

ブログ更新情報はTwitterにてお知らせしています。

 

3枠3番 ノームコア(牝5歳 横山典弘 56kg)

3日(水):美浦W5ハロン65.7-51.1-37.8-12.6

同じ安田記念に出走するダノンキングリーとの併せ馬を敢行し、2馬身の併走遅れを喫していますけど、ヴィクトリアマイル3着から中2週のタイトな臨戦過程で無理をさせるわけにはいきませんし、ダノンキングリーの方が走り過ぎた…というだけで、ノームコアの方はふっくらとした馬体を維持した状態でWコースを元気一杯に駆け抜けていたので、高いレベルのデキをキープしているのは間違いないでしょう。

 

3枠4番 クルーガー(牡8歳 石橋脩 58kg)

3日(水):栗東坂路4ハロン52.6-37.8-24.4-12.0

坂路単走追い。小気味いいフットワークで坂路を一気に駆け上がっていき、ラスト1ハロン12.0秒の好時計をマーク!8歳のベテランホースですけど、余力を残した状態で右肩上がりのラップを刻んだ点は高く評価できますから、決着時計が少しでも掛かれば、馬券圏内に割って入ることになっても全く驚けないぐらい、文句ないデキに仕上がっています。

 

4枠5番 アーモンドアイ(牝5歳 ルメール 56kg)

3日(水):美浦W5ハロン66.5-51.8-37.9-12.4

4歳3勝クラス・サトノラディウスとの併せ馬を敢行し、2馬身先着。直線に向いてからしばらくは併走相手と馬体を併せる形でしたけど、鞍上が軽く促したところでギアを入れ替え、一杯に追われた併走相手をあっという間に突き放す、というド迫力のスパーリングを消化していますので、叩き2戦目で状態UPが見込めます。圧倒的人気を背負う状況でも軽くは扱えません。

 

4枠6番 インディチャンプ(牡5歳 福永祐一 58kg)

3日(水):栗東坂路4ハロン51.6-37.4-24.7-12.7

同週のG3・鳴尾記念に出走するアメリカズカップとの併せ馬を敢行し、3馬身併走先着を果たしました。右肩上がりのラップを刻んだわけではありませんけど、ラスト1ハロンで少し時計を要するのはいつものことですし、引っ張りっきりの手応えで併走相手に並びかけ、鞍上が仕掛けたところでスムーズに反応し、グイグイと脚を伸ばしていく、という理想的なスパーリングを消化していますから、安田記念連覇へ向けて抜かりのない調整を施してきた、と考えるのが妥当でしょう。

 

5枠7番 ペルシアンナイト(牡6歳 田辺裕信 58kg)

3日(水):栗東CW6ハロン84.4-66.6-51.6-38.4-11.6

同週のG3・鳴尾記念に出走するサトノルークスを含んだ3頭併せを敢行し、サトノルークス相手に1馬身先着を果たしたところでフィニッシュ地点を迎えています。全盛期と比較すると、終いの反応がやや鈍く見えたので、マイルの条件は忙しいかもしれません。ただ、スナップの利いた素軽いフットワークでCWコースを駆け抜ける姿は爽快そのもので、高いレベルのデキを維持しているのは間違いありませんから、デキの良さでマイルの舞台を克服する可能性も十分あるかと思います。

 

5枠8番 ケイアイノーテック(牡5歳 津村明秀 58kg)

3日(水):栗東坂路4ハロン52.6-38.0-24.4-11.8

坂路単走追い。頭の位置が若干高く、推進力を欠くフォームに留まっていますけど、この馬のクセになっていますので、そこまで気にする必要はありませんし、ラスト1ハロン11.8秒の時計が示す通り、終いの反応の良さが目立つ高水準の追い切りを消化していますから、状態面の不安はありません。

 

6枠9番 アドマイヤマーズ(牡4歳 川田将雅 58kg)

3日(水):栗東CW6ハロン80.2-64.5-50.0-36.4-11.6

CWコース単走追い。レース間隔が空いている分、少し腹回りに余裕があるので、レース当日の馬体重をしっかりチェックする必要がありますけど、頭を上手く動かしながら、バネの利いたフットワークでCWコースを一気に駆け抜けていましたし、道中で気負う面を見せず、リラックスした状態で最終追い切りを消化することができていたので、久々でも態勢は整っています。

 

6枠10番 ミスターメロディ(牡5歳 北村友一 58kg)

3日(水):栗東CW4ハロン52.1-35.7-11.8

CWコース単走追い。脚の回転が速いピッチ走法でスプリント向きですし、追い切りの道中で少しムキになる面をのぞかせていたので、マイルの条件は微妙に長いのかな…というネガティブな印象こそありますが、はち切れんばかりの馬体でCWコースを軽やかに駆け抜けていましたから、ドバイ遠征が頓挫した影響はなさそうです。

 

7枠11番 グランアレグリア(牝4歳 池添謙一 56kg)

3日(水):美浦W6ハロン80.8-64.8-51.1-37.8-12.4

5歳オープン・レイエンダとの併せ馬を敢行し、馬なりの手応えを保ったまま併走同入に持ち込んでいます。脚の回転の速さが際立つピッチ走法でスピード感あふれるフットワークを披露していましたし、四肢のバランスが良いのはもちろん、道中の折り合いもバッチリだったので、マイルへの距離延長で更にパフォーマンスを跳ね上げる可能性も十分あるかと思います。

 

7枠12番 セイウンコウセイ(牡7歳 内田博幸 58kg)

3日(水):美浦W5ハロン68.4-53.3-38.6-11.5

Wコース単走追い。引っ張りっきりの手応えを保った状態で直線に向き、終いをやや強めに追う形でラスト1ハロン11.5秒の好時計を叩き出しました。1200mで結果を残してきたスプリンターですから、マイルへの距離延長はマイナスに働くかと思いますが、年明け4戦目でもフレッシュな状態をキープしていますので、高いレベルのデキを維持しているのは間違いありません。

 

8枠13番 ヴァンドギャルド(牡4歳 岩田望来 58kg)

3日(水):栗東CW4ハロン54.7-39.5-12.7

CWコース単走追い。道中の折り合いに専念する形だったので、時計は目立つものではありませんけど、道中でしっかりと溜めを利かせ、引っ張りっきりの手応えを保った状態でフィニッシュ地点を通過する、という時計以上に中身の濃い追い切りを消化しています。ゲート難の課題を抱えていますが、デキ自体は文句ありません。

 

8枠14番 ダノンスマッシュ(牡5歳 三浦皇成 58kg)

3日(水):栗東坂路4ハロン52.5-38.6-25.1-12.5

坂路単走追い。京王杯スプリングカップ1着から中2週の強行軍になりますので、強い負荷をかけるのではなく、サラッと流す程度の軽い内容に留めていますけど、頭の位置をグッと下げ、推進力たっぷりなスピード感あふれるフットワークで坂路を登板していましたから、レース間隔が詰まっている状況でも高いレベルのデキを維持しているのは間違いありません。

 

★安田記念2020★

★追い切りランキング★

 

1位 アーモンドアイ

(コース併せ馬で圧巻の動き!叩き2戦目で状態UP!)

2位 インディチャンプ

3位 ダノンスマッシュ

4位 グランアレグリア

5位 アドマイヤマーズ

 

★安田記念2020★

★予想オッズ★

 

①人気 アーモンドアイ  1.3倍

②人気 インディチャンプ 3.9倍

③人気 グランアレグリア 6.0倍

④人気 ダノンプレミアム 10.7倍

⑤人気 アドマイヤマーズ 11.5倍

 

★安田記念2020★

★展開予想★

 

1200mのG1で先行するスピードを持ち合わせているセイウンコウセイが果敢にハナを奪い、前半600m通過34秒台後半~35秒台半ばの平均ペースを形成するのでは?と予想しています。春の東京開催ならではの硬くて速い時計が乱発する高速馬場の傾向が続いていくかと思いますので、今年のヴィクトリアマイルの勝ち時計(1分30秒6)に匹敵する高速決着になる可能性も十分ありそうです。

 

★安田記念2020★

★追い切り後分析/注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

坂路の最終追い切りでキビキビとしたフットワークを披露し、使い詰めの不安を吹き飛ばしたこの馬を本命に抜てきします。道悪馬場でのレースを強いられた時や海外遠征の時に崩れてしまっていますけど、スムーズな形でレースを運べたとはいえ、後続が差を詰めてきたところでギアを入れ替え、ゴール板手前で追撃するライバルを逆に突き放す、という迫力十分な走りを見せた前走の内容を見る限り、終いまで脚を残す形ができていますから、マイルへの距離延長にも無難に対応してくれるのでは?と考えました。

 

ブログ更新情報はTwitterにてお知らせしています。

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200531202044p:plain

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200606174912p:plain

 

先週配信した【激アツ無料競馬サイト】

05/30(土) 回収率348% 収支+14万8500円 達成!

05/31(日) 回収率419% 収支+19万1100円 達成!

今週も公式LINEにて

最新の検証結果&激アツ競馬サイトを随時配信!

レッドアタック公式LINE(無料)

(上記成績サイトは友だち追加ですぐに見れます)

 

-中央競馬版-

おすすめ軸馬 51戦33勝(46/51)
勝率64.7%馬券圏内率90.1%

気になる軸馬 73戦41勝(58/73)
勝率56.1%馬券圏内率79.4%

軸馬発表さん(公式LINE限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい😊

⇒ 軸馬発表さん公式LINE(無料) 

(友だち追加で見れます)

 

-南関競馬版-

おすすめ軸馬 32戦25勝(29/32)
勝率78.1%馬券圏内率90.6%

気になる軸馬 41戦32勝(40/41)
勝率78.0%馬券圏内率97.5%

軸馬発表さん(公式LINE限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい😊

⇒ 軸馬発表さん公式LINE(無料) 

(友だち追加で見れます)

 

-地方競馬版-

おすすめ軸馬 271戦227勝(256/271)
勝率83.7%馬券圏内率94.4%

気になる軸馬 424戦334勝(402/423)
勝率78.7%馬券圏内率95.0%

1着予想さん(公式LINE限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい😊

⇒ 1着予想さん公式LINE(無料) 

(友だち追加で見れます)

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
安田記念2020予想【追い切り後分析】坂路最終追い快走!充実期に突入し成績安定のアノ馬に◎!終いまで脚を残す形でキッチリ結果を出した前走の内容優秀!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.