競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

桜花賞2020の過去10年データ分析|末脚勝負の舞台に変わった傾向が…

投稿日:

桜花賞2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
桜花賞2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は桜花賞が行われます。

昨年はグランアレグリアが朝日杯フューチュリティステークスから
直行という異端のローテーションで勝利しました。

データ派からすると

グランアレグリアみたいな異端ローテって
すごく予想しづらいんですよね。

 

今年の桜花賞でもグランアレグリア的な
ローテーションで出走してくる馬がいますよ。

それは阪神ジュベナイルフィリーズで

1番人気だった リアアメリア です。

 

この馬とどう向き合っていくのか?

ここが予想の大きな鍵になってきそうですが

リアアメリアの評価を含めて
チューリップ賞組をどのように評価すればいいのか?

桜花賞のデータを分析していきたいと思います。

 

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

桜花賞2020は阪神競馬場芝1600mで行われています。

広くて直線の長い阪神競馬場外回りで行われるレースなので

スピードと末脚の威力が求められるコースになっています。

 

そんな桜花賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

高松宮記念、過去10年のデータ分析

差し馬有利から先行馬有利へ、ガラッと変わった傾向

まず最初にいつも通り桜花賞で
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下は桜花賞での4コーナーでの順位別成績です。


4コーナー5番手以内の馬の 複勝率は42.9%

4コーナー7番手以下の馬の 複勝率は26.5%

好走率の面で大きく差がついているだけでなく

複勝回収率を見ても倍の差をつけられていますね。

 

ブエナビスタやハープスターが勝った時は
末脚勝負になる傾向があり、差し馬が有利だった桜花賞ですが

近年は先行して馬がそのまま粘り込むレースになってきました。

差し馬から先行馬にトレンドが変わった

という事を抑えておきましょう。

 

次に桜花賞における過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

先行馬有利の割には上がり6位以下の馬は成績が振いません。

ただ、逃げるだけでなく、前に行きながら力を溜めて
直線でも二の足を使える馬が好走している

という事が分かりますね。

 

 

ブラスト飛ぶ~~~~!!!大阪杯2020
ダノン先行からの最後ラッキーライラック

そして大阪杯無料情報本命ドンピシャ3連単的中!

━━━━━━━━━━━━━━━━

5日朝出てきた無料で見れた買い目↓

しっかり2券種で150%強獲得!

━━━━━━━━━━━━━━━━
【他毎週朝見てる無料情報(笑)】

3/28中京9Rリーガルマインド

単勝+3連単投資2万→6万500円/300%

3/21黄梅賞クロノメーター

単勝+3連単投資2万→4万6350円/249%

3/15阪神8R→113%
2/22小倉9R→111%
━━━━━━━━━━━━━━━━

AJCCでも2万投資3連単60点が3万1620円と今年本命馬おさえた3連単多発してます。
去年有馬記念231万的中からずっと検証してて、無料の情報で本命馬選びと負けない3連単がずっと好調なんです。

▼今年一番好調かも?▼

桜花賞週無料予想エントリー

メール登録のみまずは完了しておき、当日朝買い目が出るのでチェックしてみてください。

 

 

体力よりもスピードが重視されるレース

次に桜花賞の種牡馬別成績を見てみましょう。

”前に行きながらも、直線でのもう一伸びが必要”

というコース形態なので

当然、サンデーサイレンス系の馬が好成績を収めています。

 

その中でもハーツクライ、ステイゴールドと言った
スタミナ系の種牡馬よりも

ディープインパクト、ダイワメジャーといった
スピードの系の種牡馬の活躍が目立ちます。

桜花賞に求められるのは「スピード」

という事ですね。

 

ちなみに桜花賞における枠順別成績を見てみると

 

1、2枠は複勝率10%台と苦戦しているのが分かります。

阪神芝外回りコースは3コーナーから直線まで
ずっと下りが続くので、

多少の距離ロスがあっても加速をつけて
直線を迎えられる馬が有利なコース形態です。

内枠の馬は一枚割り引きが必要ですね。

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

中心となるチューリップ賞組で活躍できるのは?

次に桜花賞における前走レース名別成績を見てみましょう。

前走でチューリップ賞に出走していた馬が

【6.6.5.18】

と圧倒的な好走率と回収率を見せています。

 

ちなみにクイーンカップやエルフィンステークスなど
間隔を空けて出走してくるタイプは苦戦していますが

前走がGIの場合はキッチリ走っているので
リアアメリアにマイナス評価は必要なさそうです。

ちょっと話がそれましたが

前走チューリップ賞に出走した馬で
どんな馬が活躍しているのか?

データから推察していきましょう。

 


(チューリップ賞での4角順位別成績)

 


(チューリップ賞での上がり3ハロン別成績)

 


(チューリップ賞から桜花賞への騎手乗り替わり別成績)

 


(チューリップ賞での着順別成績)

 


(チューリップ賞での人気別成績)

 

前走の着順はそれほど影響ありませんが
5番人気以内に支持される素質馬でないと厳しくなります。

また騎手は乗り替わっても大丈夫
(むしろ乗り替わった方が勝負騎乗で好成績となっている)

 

そして、チューリップ賞は後方からの差し競馬をした馬が好走しています。

基本的にチューリップ賞はスローペースになりがちなので

スローで結果を出せなかった差し馬が
桜花賞の速い流れで力を出す

という傾向がみられる点は見逃せません。

 

 

以上が桜花賞2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

阪神競馬場外回りコースという舞台で行われる
桜花賞ですが、近年の傾向からすると

先行する馬が粘りやすいレースとなっています。

それゆえにスタミナよりもスピードを持っている馬が活躍しており、

コーナーでスムーズに加速が出来る
外枠の馬が活躍しやすい舞台設定となっています。

ローテーションとしては休み明けは不利ですが
GIからの直行ローテは問題ありません。

例年、チューリップ賞組が中心となっていますが
チューリップ賞で差しに回った馬の方が
桜花賞で力を出している点は見逃せないですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が桜花賞2020で注目しているのは
人気はなさそうですが、勢いは十分に持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
桜花賞2020の過去10年データ分析|末脚勝負の舞台に変わった傾向が…

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.