競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

スプリングステークス2020の過去10年データ分析|小回りをこなす器用さが必須

投稿日:

スプリングステークス2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
スプリングステークス2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はスプリングステークスと阪神大賞典が行われますが

春の中では、GI以外の週で一番好きな週かもしれません。

 

共にG2のレース

阪神大賞典は過去には現役最強馬が出ていたような
重厚な長距離重賞レースですし

スプリングステークスも皐月賞を狙っていくような馬が
出走してくるハイレベルなG2レース

どっちもたまらないですね~

 

ちなみにスプリングステークスは馬券的な相性もいいです。

昨年は勝ち馬であるエメラルファイトを本命にしていましたし
(残念ながら2着馬のファンタジストが抜けましたが)

一昨年はエポカドーロから馬券を買って的中

と、なかなか良い感じで予想が出来ているので

今年のスプリングステークスも頑張りたいと思います。

 

ここではスプリングステークス2020のデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

スプリングステークス2020は中山競馬場芝1800mで行われています。

中山競馬場内回りのコースですが
スタートから最初の直線までが短い設定なので

機動力とスピードが求められるコースになっています。

 

そんなスプリングステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

スプリングステークス、過去10年のデータ分析

これぞ小回り!圧倒的に前にいる馬が有利なレース

まず最初にいつも通りスプリングステークスで
活躍する馬の脚質を見ていきましょう。

以下はスプリングステークスでの4コーナーでの順位別成績です。


見るまでもなく、前にいる馬が有利になっています。

 

ただこれだとコーナーで仕掛けた馬の挙動が分からないと思いますので
スプリングステークスでの3コーナーでの順位別成績も見てみます。


先ほどの4コーナーでの成績よりもだいぶマイルドになってきましたね。

3角5番手以内にいる馬の複勝率は 44.8%

3角7番手以下にいる馬の数字は 25%

複勝回収率の面でも5番手以内にいる馬が
約15%上回っているように

”スプリングステークスは先行馬が有利である”

 

という事が分かりますね。

中山芝1800mはスタートしてから
最初のコーナーまでの距離が短く

コーナーを1周する小回りコースなので
機動力が問われるレースになっています。

 

次にスプリングステークスにおける過去10年の
上がり3ハロン順別成績も見てみましょう

上がり3ハロン1,2位の馬が不振を極めています。

このデータからも溜めて末脚勝負ではなく

前に行っての粘り込みレースになっている事が分かります。

 

 

阪神大賞典で来るのは、あの関西馬!

チェックメイトでは阪神大賞典において

“絶対的な主役となる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営が今後の活躍を確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
阪神大賞典で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

 

末脚が使えないという事は…

スプリングステークスは上がりの末脚勝負にはなっていない

と言う事が分かったところで、次のデータを見てみます。

 

スプリングステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

前走1600m以下のレースを使った馬の成績が良いです。

前走短いレースを使ったという事は
速いペースを経験しているという事。

前の位置を取りやすいという事に繋がりますので

距離延長ローテの馬は評価を一つプラスしたいですね。

 

また、スプリングステークスにおける種牡馬別成績を見てみると

 

1位のディープインパクト産駒が複勝回収率43%と大苦戦

ディープと言えば、

”スローからの上がり勝負が得意”

 

上がり勝負にならないスプリングステークスは

「ディープインパクトの良さが通用しづらい舞台である」

という点に注目が必要です。

 

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

3歳重賞は勢いのない馬は通用しない!

次にスプリングステークスにおける
前走着順別成績を見てみましょう。

前走で5着以下に敗れた馬は13頭出走して馬券絡みは0頭

複勝率の面などを見ても

”前走で3着以内に入っている事が必須である”

という事が分かります。

 

この時期の競走馬は本質的な癖が出づらいので

勢いを持って出走することが好走への大きな条件となります。

 

最後にスプリングステークスにおける馬体重別成績を見てみると

と、馬体の大きい馬が活躍しています。

 

馬体重をあまり気にする人って少ないのですが
人間の社会でも分かるように

「馬体が大きい=パワーがある」

という事に繋がってくるので

タフな中山競馬場で内回りの持久力勝負となると

やはり馬体の大きな馬が活躍しますね。

 

 

以上がスプリングステークス2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

スプリングステークスは中山芝1800m戦という
小回りで行われる舞台なので

”原則的に前にいる馬が有利です”

それゆえに先行しやすい「距離延長ローテ」に注目です。

 

また溜めての末脚勝負を武器とする
ディープインパクト産駒には苦手な舞台。

パワーがあって、先行して押し切れるような馬を選びたいですし

若駒同士の争いなので、勢いも欲しいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がスプリングステークス2020で注目しているのは
この舞台に適性のありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
スプリングステークス2020の過去10年データ分析|小回りをこなす器用さが必須

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.