競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

種牡馬リオンディーズはどんな子供(産駒)を生む?血統に頼らない特徴分析

投稿日:

いよいよ2020年がスタートしました。

2017年はオルフェーヴル、ロードカナロアといった注目種牡馬の産駒がデビューしたものの
2018年はジャスタウェイなどやや小ぶりな印象。

昨年の2019年はキズナやエピファネイアの産駒が出走して
2歳戦を賑わしてくれました。

2020年新種牡馬のメンツを見てみると
2017年以来、期待できる種牡馬が揃っているかなぁ

という感じを受けます。

注目度は高いですよ。

 

そんな2020年、新種牡馬の特徴と適性を分析していきたいと思います。

今回取り上げるのは、2020年新種牡馬の中でも血統背景から期待されている種牡馬

リオンディーズ です。

リオンディーズは新馬戦を圧勝した後に
キャリア1戦で朝日杯フューチュリティステークスに出走

圧倒的な人気だったエアスピネルを下して、GI初挑戦で初勝利

翌年のクラシックも期待されましたが
激しい気性が災いしてレースぶりが安定せずに

皐月賞5着(4着入線降着)、日本ダービー5着と敗れ
そのまま引退してしまった悲運の馬です。

 

今回は現役時代のリオンディーズの走りと照らし合わせてうえで
分析して産駒の特徴を挙げていきたいと思います。

 

 

2020年にデビューを予定している他の種牡馬の産駒特徴については以下から確認して下さい。

2020新種牡馬の特徴を徹底予想、注目馬の産駒は走るのか?

 

< はじめに >

 

一つお断りしておきたいのですが
種牡馬の特徴というと血統に深く入り込んで話をする形が多く見受けられますが
ここでは血統という要素を極力減らして
ドゥラメンテという1頭の馬の個性・特徴から産駒の個性を分析しています。

そのような形にした理由は2つあります。

・血統に詳しくない人にも分かりやすく説明をするため

「競馬は血のロマン」という言葉があるように血統は競馬の魅力の一つですが
奥が深いがゆえに、初心者には入りづらいという面があります。
競馬は楽しんでなんぼだと思っていますので「血統分からない奴は予想をするな」
というような排他的な考えは持ちたくなかったので、個性を中心に分析をして
全員が分かるような形で分析を行っています。

・血統のみの分析によるミスマッチを防ぐため

サンデー系の種牡馬が席巻している日本競馬界において
同じ血統や似たような血統は多数存在します。

例えば、ディープインパクトとブラックタイドは父も母も同じなので、
血統面からいえば全く同じ適性の産駒が誕生するはずですが、
実際の産駒特徴は全く異なります。
それはディープインパクトとブラックタイドが全く違う能力で
違う適性を持っているからに他ならないのですが、
血統だけで分析を行うとそういった点を見過ごす可能性が高くなります。

そういった事を防ぐため、ここでは個の特徴を中心にお話をしています。
血統に特化した分析を聞きたいという方は他の方が行っている分析を聞くことをオススメします。

それでは、分析をはじめていきます。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

< 競馬場、馬場について >

まずはリオンディーズが現役時代にどの競馬場が得意だったのか?
そして、重馬場は得意だったのか?不得意だったのか?
という点について分析をしていきたいと思います。

リオンディーズの現役時代の競馬場別成績を見てみると

右回り 【2.1.0.1】
左回り 【0.0.0.1】

東京 【0.0.0.1】
中山 【0.1.0.1】
阪神 【1.0.0.0】
京都 【1.0.0.0】

成績を見ると右回りが優勢ですが
左回りは1戦しかしていません。

実際のレース内容を見る限りでは気持ちが前に出る馬なので
東京だとパフォーマンスが落ちそうなタイプ。

という点を考えると

“小回りの競馬場が合うタイプ”

である事と言えそうですね。

 

ただ、弥生賞や皐月賞で見せたような荒々しい気性・闘争心が
リオンディーズの個性であり、武器であるので

折り合いを重視しないといけないようなコースは
(東京コースのような広くてのびのびした舞台)

苦手としそうなタイプですね。

 

産駒にも、リオンディーズのこの傾向は引き継がれそうです。

闘争心と先行力を活かせる競馬場を

得意とする馬が多くなりそうですね。

この傾向は産駒にも引き継がれそうなので

東京から中山替わりのような形で狙いたいですね。

癖が強ければ強いほど、競馬場によってのパフォーマンスが変わるので
リオンディーズ産駒は予想しやすい種牡馬になりそうです

 

馬場に関しても話をしていきます。

リオンディーズが現役時代に重馬場以下の条件でレースをしたのは0回

実績からは重馬場への適性は分かりませんが

闘争心が全面に出ており、
パワーも備わっている馬だったので

それなりにはこなせたと判断します。

一方で、馬群にも揉まれたり、泥を被ったりすると
嫌気を差す馬も多くなりそうなので

重馬場よりも良馬場の方が良い

と、考えた方が良さそうです。

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

< 距離について >

リオンディーズが活躍したのは短中距離(1600m~2000m)でした。

こちらもまずは距離別成績から見ていきましょう。

1600m以下 【2.0.0.0】

1800~2000m 【0.1.0.1】

2200m~2400m 【0.0.0.1】

2500m以上 【0.0.0.0】

 

ベストのパフォーマンスを見せた 朝日杯フューチュリティステークスでは
後方待機から直線一気の競馬を見せましたが

2000m戦となった弥生賞や皐月賞では
自らの気性を抑える事が出来ずに
暴走気味に飛ばす形での競馬になりました。

この傾向を見ると

マイル前後で強さを見せる馬だと言えます。

 

逆に日本ダービーでは最後方付近に待機して
勝負に参加出来ずに着差だけを詰めたレース内容を見てみると

2000mを以下の距離は戦力ダウンを強いられそうです。

 

とは言え、リオンディーズの父親である
キングカメハメハも中長距離戦を得意としていたように

リオンディーズも体力的には中距離をこなす体力はありそうです。

気性面さえ落ち着いた馬が現れれば

距離的には幅広い活躍をみせる可能性は十分にあります。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

< 性格、気性面について >

リオンディーズは高い能力と闘争心を
武器にレースをしていましたが

気性や性格についてはどのような傾向があるのでしょうか?

リオンディーズのレース内容を見てみると
とにかく気性が荒く、激しいパフォーマンスを見せていました。

ですので

“自分の能力を100%以上、出し切る爆発力”

を持った馬だと言えます。

 

ただ、その反面、気性の荒さゆえに
暴走してしまう可能性も秘めており

「諸刃の剣」と言える気性を持っています。

 

この「闘争心溢れる荒い気性」は
産駒へも継承されそうです。

競走馬のタイプとして

気持ちにスイッチが入ると立て続けに走るけれども
一度、気持ちをこじらせてしまうと不振期に入ってしまう馬の

2パターンに分かれてそうです。

荒い気性と闘争心を持つリオンディーズの子供は
好調期と不調期が分かれそうです。

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

< 成長曲線について >

ドゥラメンテは2歳秋にデビューして
3歳の春には引退してしまった馬です。

それゆえにリオンディーズから成長曲線は読みづらいですが
全兄弟であるエピファネイアから考えてみる事が出来そうです。

エピファネイアは古馬になってからジャパンカップを勝ちましたが

3歳時がベストのパフォーマンスで走っていました。

古馬になってからややインパクトが弱くなったところを見ると
成長曲線は「持続型」であると言えます。

リオンディーズの父親であるキングカメハメハも
3歳時にハイパフォーマンスを見せていたように

「持続型の血脈」は色濃く受け継がれていそうですね。

デビュー戦や2歳戦は期待値が上がりそうですし
古馬になってスランプ期に入ってしまうと立ち直りが難しい

というような傾向もみられそうですね。

 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

< まとめ >

リオンディーズは闘争心を中心とした高い総合力と持っているので
どんな競馬場でも満遍なく活躍した馬です。

産駒にもその傾向は受け継がれそうで
競馬場で狙いを定めるのは難しそうです。

リオンディーズの現役時代のパフォーマンスを見る限り

適性距離は1600m前後が向きそうです

荒い気性と激しい闘争心を併せ持ち、レースを走り抜いたリオンディーズなので
産駒は好調期とスランプ期が分かれそうです。

また、持続型でデビュー時から活躍し続けていたことからも
若駒の時に積極的に狙っていきたいですね。

長期休み明けなどは馬券的には狙いを下げたいですね。

高い総合力を持つ反面、気性面での危うさがあるので

どこまで総合力を産駒に伝えられるかで
サイアーリーディングの順位は変わってきそうです。

不発の可能性もありますし、天下を取る可能性もありそうです。

「持続」「勝負根性」「安定感なし」「短距離」

というキーワードが並んでいますが
馬券的には攻略の難しい種牡馬になりそうです。

産駒の活躍が楽しみですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

人気馬を切って、穴馬から狙うスタンスなので
普通の予想とは全く違う見解が聞けますので
是非、一度覗いてみて下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
種牡馬リオンディーズはどんな子供(産駒)を生む?血統に頼らない特徴分析

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.