競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

弥生賞2020予想【出走予定馬分析】1週前追い切り情報!ホープフルS3着ワーケアが1番人気濃厚!注目は馬具着用の前回で走りが一変したアノ上がり馬!1戦ごとに馬体がボリュームアップ!

投稿日:

f:id:jikuuma:20170722150245j:plain

 

弥生賞2020予想【出走予定馬分析】1週前追い切り情報!ホープフルS3着ワーケアが1番人気濃厚!注目は馬具着用の前回で走りが一変したアノ上がり馬!1戦ごとに馬体がボリュームアップ!

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200301232036j:plain

 

おすすめ軸馬 258戦218勝(244/258)
勝率84.4%馬券圏内率94.5%

気になる軸馬 390戦305勝(369/390)
勝率78.2%馬券圏内率94.6%

1着予想さんの(公式LINE限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

⇒ 1着予想公式LINE(無料) 

(友だち追加で見れます)

 

2020年3月8日(日)

中山競馬11レース(15時45分発走

第57回報知杯弥生賞

ディープインパクト記念(G2)

中山芝2000m 3歳定量

 

★弥生賞2020★

★予想オッズ★

 

①人気 ワーケア      2.6倍

②人気 オーソリティ    3.5倍

③人気 サトノフラッグ   3.7倍

④人気 ブラックホール   6.8倍

⑤人気 ウインカーネリアン 15.4倍

 

★弥生賞2020★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ウインカーネリアン

(牡3歳 父スクリーンヒーロー・母コスモクリスタル)

前走:セントポーリア賞6着(東京芝1800m:1分47秒6)

ワーケアが勝ち切った2019年6月9日の新馬戦(東京芝1800m)で2着に入線したほか、2走前のOP・芙蓉ステークス(中山芝2000m)でも勝ったオーソリティから0.4秒差2着を確保していて、右回りコースでは2戦2連対の好結果を残しています。苦手な瞬発力勝負に持ち込まれたとはいえ、終いの伸び脚がイマイチだった前走・セントポーリア賞は物足りない内容に終わっていますけど、4歳2勝クラス・グラナタスとの併せ馬を敢行して半馬身先着を果たした1週前追い切り(美浦W5ハロン69.9-53.8-39.4-12.3)では古馬の併走相手を馬なりの手応えで煽っていましたので、年明け2戦目で右肩上がりの状態に差し掛かっているのは間違いないかと思います。

 

オーソリティ

(牡3歳 父オルフェーヴル・母ロザリンド)

前走:ホープフルS5着(中山芝2000m:2分02秒2)

重賞レース初出走となった前走・ホープフルステークスは掲示板ギリギリの5着を確保するのがやっと…という寂しい結果に終わりましたが、スタート直後、他馬に前をカットされてしまい、道中の位置取りが極端に悪くなる…という大きな不利を受けたホープフルステークスは度外視可能なレースになるのでは?と考えています。追い切りの道中で舌を出したり、レース当日のパドックで馬っ気を出したり…と所々で気ムラな面を見せる発展途上の馬ですけど、追い出してから上々の反応を見せ、併走相手にキッチリ先着を果たした1週前追い切り(美浦W5ハロン67.1-52.1-38.1-11.9)の内容はかなり良かったので、レース間隔が空いている状況でも水準以上のデキには仕上がっているかと思います。

 

サトノフラッグ

(牡3歳 父ディープインパクト・母バラダセール)

前走:1勝クラス1着(中山芝2000m:2分01秒4)

2017年当歳セレクトセール出身(落札額は1億6,500万円)。キャリア2戦目の未勝利戦(東京芝2000m)で1分59秒5の2歳コースレコードを樹立したところから注目度が一気に上がっていき、弥生賞と全く同じ中山芝2000mの3歳1勝クラスを楽に勝ち上がり、待望の重賞レース初出走を果たします。ディープ産駒らしいバネの利いたフットワークで併走先着を果たした1週前追い切り(美浦W5ハロン66.2-51.9-38.4-12.2)の内容も良く、重賞のメンバーに入っても見劣りしない存在かと思いますが【●●●●●●●】はマイナスに働きそうなので、近走の勝ちっぷりの良さで過剰人気して、馬券的妙味が薄い状況であれば、逆に切ってみるのもアリだと思います。

 

サトノフラッグの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

ブラックホール

(牡3歳 父ゴールドシップ・母ヴィーヴァブーケ)

前走:ホープフルS9着(中山芝2000m:2分03秒3)

昨夏のG3・札幌2歳ステークス(札幌芝1800m)で豪快な差し切り勝ちを決め、ゴールドシップ産駒初の重賞制覇を果たした持久力勝負特化型ではありますが、レース間隔が空いていたとはいえ、これといった見せ場すら作れず、あっさり9着に凡退した前走・ホープフルステークスの内容を見る限り、本格化手前の状況なのかな…というネガティブな印象を持っています。

 

ワーケア

(牡3歳 父ハーツクライ・母チェリーコレクト)

前走:ホープフルS3着(中山芝2000m:2分01秒9)

オーソリティと同様に、スタート直後に大きな不利を受けてしまい、位置取りが悪くなってしまった前走・ホープフルステークスはコントレイルに押し切られる形になりましたが、道中の不利さえなければ、2着・ヴェルトライゼンデ相手にはもっと迫れたはずなので、天敵・コントレイル不在の弥生賞で存在感を示して、春の大一番・皐月賞へと駒を進めたいところ。3頭併せの最内を通った1週前追い切り(美浦W5ハロン65.8-50.7-37.3-12.6)でマルターズディオサ(チューリップ賞に出走予定)と馬体をビッシリ併せ、併走同入に持ち込むなど、年明け初戦の弥生賞へ向けて入念な乗り込みを重ねていますから、最終追い切りでもこの馬らしい機敏な動きを見せる事ができれば、骨っぽい相手がそろった中でも逆らえない存在になるのでは?と考えています。

 

★弥生賞2020★

★出走予定馬分析/注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

強力な上位人気馬が馬券圏内を独占しそうな状況ですけど、チークピーシーズを初めて着用した前走で見違えるような走りを見せたこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。前走は外差しが決まる馬場状態が味方した形でしたがデビューしてから1戦ごとに馬体重が増加しているように、どんどんボリュームアップしている点は魅力的ですし、休養明け初戦となるホープフルステークス組を狙うよりは、コンスタントにレースを使っているこの馬を狙った方が得策だろう、と考えています。

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200301232036j:plain

 

おすすめ軸馬 258戦218勝(244/258)
勝率84.4%馬券圏内率94.5%

気になる軸馬 390戦305勝(369/390)
勝率78.2%馬券圏内率94.6%

1着予想さんの(公式LINE限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

⇒ 1着予想公式LINE(無料) 

(友だち追加で見れます)

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
弥生賞2020予想【出走予定馬分析】1週前追い切り情報!ホープフルS3着ワーケアが1番人気濃厚!注目は馬具着用の前回で走りが一変したアノ上がり馬!1戦ごとに馬体がボリュームアップ!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.