競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

フェアリーステークス2020予想【追い切り後分析】追い切り(坂路)でパワフルな脚色が目立ったアノ馬に◎!調整難しい冬場で追い切り好時計連発!初距離も問題なし!

投稿日:

f:id:jikuuma:20200112171012j:plain

 

フェアリーステークス2020予想【追い切り後分析】追い切り(坂路)でパワフルな脚色が目立ったアノ馬に◎!調整難しい冬場で追い切り好時計連発!初距離も問題なし!

 

ブログ発表馬の直近成績/注目馬

01/12 【追い切り後分析】シンザン記念 2着(5人気)記事はこちら

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200107193613j:plain

 

おすすめ軸馬 249戦210勝(235/249)
勝率84.3%馬券圏内率94.3%

気になる軸馬 367戦286勝(346/367)
勝率77.9%馬券圏内率94.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200112175235j:plain

 

2020年1月13日(月)

中山競馬11レース(15時35分発走

第36回フェアリーステークス(G3)

中山芝1600m 3歳牝馬別定

 

★フェアリーステークス2020★

★追い切り情報★

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 スマイルカナ(牝3歳 柴田大知 54kg)

9日(木):美浦W5ハロン67.0-52.5-38.9-12.6

Wコース単走追い。5ハロン67.0秒の全体時計はやや物足りませんけど、単走でも高い集中力を保つ事ができていましたし、余力たっぷりの手応えを保ったまま、馬場の外ラチ沿いをゆったりと駆け抜けていましたから、使い詰めの状況でも高いレベルのデキを維持しているのは間違いないと思います。

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200112175641p:plain

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200112175808p:plain

 

1枠2番 ウィーンソナタ(牝3歳 大野拓弥 54kg)

9日(木):美浦W5ハロン67.0-51.3-38.4-12.0

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

2枠3番 ソーユーフォリア(牝3歳 武藤雅 54kg)

9日(木):美浦P5ハロン66.2-50.1-36.1-11.6

時計の出やすいポリトラックコースでの追い切りだったので、5ハロン66.2秒-ラスト1ハロン11.6という速い時計が出るのは当たり前の事かもしれませんけど、リードする併走相手に並びかける時の脚は目を見張るものがありましたし、鞍上が促してからの反応も上々だったので、マイルへの距離延長が上手くハマれば、人気以上の走りを見せる可能性も十分ありそうです。

 

2枠4番 ダイワクンナナ(牝3歳 北村宏司 54kg)

9日(木):美浦坂路4ハロン51.3-38.2-26.0-13.3

3歳未勝利・フェデネージュとの併せ馬を敢行し、1馬身先着。4ハロン51.3秒は9日(木)の美浦坂路で2番目に速い全体時計になります。ラスト1ハロン13.3秒という終いの時計はやや物足りませんけど、馬なりの手応えで流す感じだったので、気にする必要はありませんし、母ダイワスカーレットという血統背景も魅力的ですから、骨っぽい相手がそろったフェアリーステークスでも上位争いが期待できる素質馬だと思います。ただ【●●●●●●●】【0-1-1-6】(2019年はこの不利データに該当したアクアミラビリスが1番人気5着に凡退)という気掛かりなデータもありますので、過信は禁物です。

 

ダイワクンナナの不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

3枠5番 ポレンティア(牝3歳 池添謙一 54kg)

10日(金):美浦坂路4ハロン54.4-39.5-25.1-12.0

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

3枠6番 セイウンヴィーナス(牝3歳 野中悠太郎 54kg)

9日(木):美浦坂路4ハロン55.8-40.0-25.7-12.4

坂路単走追い。小気味いいフットワークで坂路を一気に駆け上がっていたのですが、終始頭の位置が高く、推進力を欠いたフォームに留まっていますので、大きな変わり身を期待するのは酷だと思います。

 

4枠7番 ペコリーノロマーノ(牝3歳 吉田隼人 54kg)

9日(木):美浦坂路4ハロン54.5-39.5-25.2-12.1

坂路単走追い。4ハロン54.5秒というセーブ気味の全体時計に留まっていますけど、力強い脚さばきで坂路を一気に駆け上がる姿はとても頼もしく見えましたし、道中で気負う面を見せるところもなかったので、1戦ごとにパワーアップしている印象もありますから、初距離への対応がポイントになる今回も侮れない存在になりそうです。

 

4枠8番 チェーンオブラブ(牝3歳 石橋脩 54kg)

9日(木):美浦W6ハロン82.6-66.2-52.3-39.3-12.8

手応え優勢の状態で併走相手を一気に突き放す、というド迫力のスパーリングを消化。鞍上が追い出してからの反応も良かったですし、力強い脚さばきでWコースを颯爽と駆け抜けていましたから、状態面の不安はありません。

 

5枠9番 ウインドラブリーナ(牝3歳 鮫島良太 54kg)

9日(木):栗東坂路4ハロン56.4-40.7-26.4-12.9

坂路単走追い。3日(金)の追い切り(栗東坂路4ハロン54.3-39.3-25.3-12.4)で平均的な時計を出していますので、最終追い切りを遅い時計に留めた点は気になりませんけど、口向きが悪く、気性的に難しい面を露呈していましたから、重賞で上位争いを演じるのは厳しいかもしれません。

 

5枠10番 シャインガーネット(牝3歳 マーフィー 54kg)

9日(木):美浦W4ハロン53.2-37.8-12.6

Wコース単走追い。馬場の真ん中付近を走っていたので、もうちょっと速い時計を出して欲しかった…というところが正直な感想ですけど、終い重点の軽い内容に留めた中でもスピード感あふれるフットワークでWコースを駆け抜けていましたから、良い意味で一連の調子を維持しているのは間違いないのでは?と考えています。

 

6枠11番 アヌラーダプラ(牝3歳 ルメール 54kg)

9日(木):美浦W5ハロン68.5-53.4-39.5-11.9

5歳2勝クラス・クレディブルとの併せ馬を敢行し、併走同入。併走相手にリードしてもらう形で直線に向き、引っ張りっきりの手応えを保ったまま、古馬の併走相手に対して脚色優勢の状態で併走同入に持ち込む、という見せ場たっぷりのスパーリングを消化しています。ラスト1ハロン11.9秒の時計を馬なりの手応えで叩き出しているように、道中でしっかりと脚を溜める事ができれば、牡馬顔負けの末脚を繰り出すタイプなので、レース当日のパドックで落ち着いた雰囲気を保っていれば、勝ち負けに加わる可能性も十分あると考えています。

 

6枠12番 フルートフルデイズ(牝3歳 木幡巧也 54kg)

9日(木):栗東坂路4ハロン58.1-42.8-28.4-13.9

坂路単走追い。4ハロン58.1秒という全体時計はかなり遅くなっていますけど、管理する栗東・浜田多実雄厩舎は最終追い切りを遅い時計に留めるケースがほとんどですから、厩舎の調教パターンに合致した状況でフェアリーステークスにエントリーする事になります。ただ、道中の動きが少しもっさりしていて、追い出してからの反応も鈍かったので、マイルの距離は忙しいかもしれません。

 

7枠13番 メイプルプレゼント(牝3歳 横山和生 54kg)

8日(水):美浦W5ハロン66.9-52.7-38.5-12.4

馬場の内寄りを走っていたので、5ハロン66.9秒という速い全体時計を額面通りに受け取るわけにはいきませんけど、軽やかなフットワークでキビキビとした動きを披露していましたから、良い意味で一連の好調子を維持しているのは間違いないでしょう。

 

7枠14番 カインドリー(牝3歳 田辺裕信 54kg)

9日(木):美浦W5ハロン66.8-52.0-39.3-13.4

ラスト1ハロンで13.4秒という遅い時計に留まっていますけど、攻め駆けするタイプではないので、追い切りの時計が遅いから…という理由だけで評価を下げるのは危険ですし、じわじわと脚を伸ばす形で併走相手にキッチリ先着を果たしていますから、右肩上がりの状態に差し掛かっているのは間違いないでしょう。皐月賞馬エポカドーロの半妹が距離延長で変わり身を見せる可能性も十分ありそうです。

 

8枠15番 ニシノステラ(牝3歳 藤田菜七子 54kg)

9日(木):美浦坂路4ハロン54.2-39.1-25.1-12.3

4歳1勝クラス・クロヒョウとの併せ馬を敢行し、1馬身先着。追われてからの反応も良かったですし、とても軽やかな脚さばきで坂路を駆け上がっていましたから、スピード勝負の芝レースにも対応できるのかな?という印象がありますけど、短距離向きの小気味いいピッチ走法なので、マイルへの距離延長はあまり歓迎できません。

 

8枠16番 ハローキャンディ(牝3歳 ミナリク 54kg)

9日(木):美浦W5ハロン67.9-53.4-39.8-11.9

3頭併せの最内から併走馬2頭を追走する形に。ラスト1ハロン11.9秒の時計が示す通り、終いに鋭い脚を繰り出して、手応え優勢の状態で併走同入に持ち込んでいます。キャリア4戦目で初勝利を挙げた“叩き良化型”ですけど、時計の掛かる馬場になれば、上位争いに食い込む可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

★フェアリーステークス2020★

★追い切りランキング★

 

1位 アヌラーダプラ

(古馬との併せ馬で併走同入!終いに抜群のキレ味!)

2位 ペコリーノロマーノ

3位 シャインガーネット

4位 ダイワクンナナ

5位 チェーンオブラブ

 

★フェアリーステークス2020★

★予想オッズ★

 

①人気 アヌラーダプラ   2.3倍

②人気 シャインガーネット 2.7倍

③人気 ダイワクンナナ   5.0倍

④人気 スマイルカナ    6.1倍

⑤人気 ポレンティア    9.7倍

 

★フェアリーステークス2020★

★展開予想★

 

芝1200mの1勝クラス・黒松賞で先行する競馬を見せていたカインドリー、ダート1200mの新馬戦で逃げ切り勝ちを決めたニシノステラ、フェアリーステークスと同舞台の1勝クラス・ひいらぎ賞を逃げ切っているスマイルカナ、といったあたりが逃げ馬候補になっていますけど、いずれの馬もテンからビュンビュン飛ばすタイプではありませんから、どの馬が逃げる事になっても極端なハイペースにはならず、前半600m通過35秒台半ばの平均やや遅めのペースを形成するのでは?と予想しています。

 

★フェアリーステークス2020★

★追い切り後分析/注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

最終追い切りでパワフルな登板を披露していただけでなく、6日(月)の追い切り(美浦坂路4ハロン53.3-38.4-24.5-12.1)でも好時計をマークするなど、馬体重管理が難しい冬場に意欲的な調整を進めているこの馬を本命に抜てきします。初めてマイル戦に投入しますけど、道中の折り合いに不安のあるタイプではありませんから、初距離にも無難に対応してくれるはずですし、崩れたのはハイレベルのG3・ファンタジーステークスだけ、というところも強調材料になりますので、4角の勝負どころで上手く馬群の外に出して、直線での脚比べに持ち込む事ができれば、勝機も十分だと思います。

 

ブログ発表馬の直近成績/注目馬

01/12 【追い切り後分析】シンザン記念 2着(5人気)記事はこちら

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200107193613j:plain

 

おすすめ軸馬 249戦210勝(235/249)
勝率84.3%馬券圏内率94.3%

気になる軸馬 367戦286勝(346/367)
勝率77.9%馬券圏内率94.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20200112175235j:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
フェアリーステークス2020予想【追い切り後分析】追い切り(坂路)でパワフルな脚色が目立ったアノ馬に◎!調整難しい冬場で追い切り好時計連発!初距離も問題なし!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.