競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

フェアリーステークス2020の過去10年データ分析|3歳牝馬に酷な条件ならではの特徴が…

投稿日:

フェアリーステークス2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フェアリーステークス2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2020年が始まりましたが

MOTOは元旦早々に熱発して、寝込んでいました。

病院がやっていないので、外来診療に掛ることが出来ませんでしたが

おそらくインフルエンザなんじゃないかという症状で

2020年の行く末を暗示しているような状況になってしまいました。

 

普段は多少具合が悪くても、

ブログを書いたり、音声を録ったりするんですけどね。

元旦はただただ寝込むだけで終わってしまいました。

 

ただ、38度台まで熱が下がったので

少しずつ競馬予想家の活動も行っています。

MOTOは才能のない人間なので、

2020年もど根性で行こうと思いますよ。

 

という事で、フェアリーステークス2020のデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

ちなみに動画では完全版として話をしています。

こちらは細部まで話しているので、良かったら見て下さいね。

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

フェアリーステークス2020は中山競馬場芝1600mで行われています。

以前の朝日杯フューチュリティステークスと同じ舞台ですが
コースの形態も特徴的なので、かなり癖のあるコースです。

パワーと押し上げる力が問われるレースになりそうですね。

 

そんなフェアリーステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

フェアリーステークス、過去10年のデータ分析

中山芝1600m戦は溜めての末脚が通用しない舞台

まず、最初に注目したのはフェアリーステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はフェアリーステークスでの4コーナーでの順位別成績です。


パッとデータを見て分かる通り

”圧倒的に先行馬が有利”

です。

 

中山競馬場の外回りコースは三角形のような
形態をしている上に、直線が短く設定しており

基本的には前にいる馬の方が優勢です。

 

しかし、タフなコースなので、ただ前で粘るだけでなく、

コーナーである程度ポジションを上げて
勢いをつけて直線を迎えられる馬が優勢な面もありますので

フェアリーステークスの過去10年における
3コーナーでの順位別成績も見てみましょう。


多少、差し馬の数値が上がってきますが

原則的には、逃げ・先行馬が有利

 

前に行ける馬を狙っていくというのは必須ですね。

 

 

フェアリーステークスは馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」は馬連1点で的中を連発!

“フェアリーステークス”では自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

 

 

タフな条件で活躍できる馬を選んでいけ

次にフェアリーステークスの種牡馬別成績を見てみましょう。

1位のディープインパクト産駒は
パワーのある舞台は合わない馬が多くいますが

リーディングサイアーでありながら、早熟傾向にある馬

ここでの活躍はある程度想定通りと考えられます。

 

2位以下の馬を見てみると

ネオユニヴァース、ファルブラヴ

というパワーをウリにしている2大種牡馬が並んでいます。

 

この2頭に続く馬を見てみると

ヴァーミリアン、パイロ、とダート血統が揃っていたり

ブラックタイド、ジャングルポケット、クロフネ、オンファイアなど

とにかくパワーに特化した馬が揃っています。

 

血統面にも注目ですね。

 

 

また、フェアリーステークスにおける過去10年の馬体重別成績を見てみると

 

馬体の軽い馬もそれなりに活躍をしていますが

480kgを超える大型馬の成績が飛びぬけて良くなっています。

競走馬は基本的に大型馬になればなるほどパワーがあります。

 

馬体が大きくてパワーのある馬はプラス評価になりますね。

 

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

3歳牝馬には酷な条件!それを乗り越えられる馬を見つけよう

次にフェアリーステークスにおける枠順別成績を見てみましょう。

真ん中の馬の成績が悪くて、内と外の成績が良くなっています。

フルゲートで行われる傾向にあるフェアリーステークスでは

真ん中の枠に入ると馬群に揉まれてしまいます。

内枠からスッと前に出られる馬か

外枠でのびのび競馬が出来る馬を狙いたいですね。

 

 

また、フェブラリーステークスの前走頭数別成績を見てみましょう。

前走から頭数増となる馬は苦戦しており

前走と同じ頭数、もしくは頭数減となる馬が活躍しています。

 

枠順別成績のところでも話した通り

もともとタフな舞台で行われるのに加えて
フルゲートで揉まれる可能性のある舞台

前走、少頭数で楽な競馬をした馬にとっては苦しい舞台ですね。

 

ちなみに前走の距離別成績を見てみると

前走から距離を延ばした馬の活躍はほぼ皆無

距離短縮で挑んできた馬の成績が良い点を見てみると

1600m以上のスタミナを求められるレースである事が分かりますね。

 

 

以上がフェアリーステークス2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

フェアリーステークスは12月開催からずっと続いている
冬場の中山開催のレースになりますので

かなりタフな馬場でのレースとなります。

それゆえに後方から一気の差し脚は通用しづらいですし

パワーを持っている馬が活躍できるレースです。

 

それゆえに先行力がある馬は活躍をしているので

”パワーを備えた馬” と ”先行できる馬”

この2つのキーワードで馬を選んでいきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がフェアリーステークス2020で注目しているのは
この条件にマッチしたスペックを持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
フェアリーステークス2020の過去10年データ分析|3歳牝馬に酷な条件ならではの特徴が…

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.