競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

シンザン記念2020の過去10年データ分析|スピード条件の京都マイルには意外な傾向が…

投稿日:

シンザン記念2020を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
シンザン記念2020で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いつもはここで私が気になっている事などを書くのですが

2020年初っ端から体調を崩してしまい、
あまり物事が考えられません(笑)

という事で、体調が良くなるまでは

しばらくご容赦頂きたいと思っています。

 

とりあえず2020年は

「鬼滅の刃を読むぞ!!」

という事だけは決めているので、読破したいと思います。

 

という事で、シンザン記念2020のデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

シンザン記念2020は京都競馬場芝1600mで行われています。

GIマイルチャンピオンシップが行われる舞台で
通年で考えると、スピード比べとなる舞台ですが

冬場のあれば芝で行われるレースという事で
ある程度のパワーと位置取りを問われるレースになりそうですね。

 

そんなシンザン記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

シンザン記念、過去10年のデータ分析

京都マイル戦でも末脚が通用しない

まず、最初に注目したのはシンザン記念で活躍する馬の脚質です。
以下はシンザン記念での4コーナーでの順位別成績です。


パッとデータを見て分かる通り

”先行馬が有利”

です。

 

京都競馬場の外回りコースは基本的に末脚が通用する舞台ですが

冬場のタフな馬場ではそれほど末脚が通用しません。

 

また、シンザン記念における過去10年の
上がり3ハロン順別成績を見てみると

上がり1,2位の馬は複勝回収率200%超えと

好成績を収めていますが

上がり3ハロン4,5位の馬のアベレージの高さが目を引きます。

 

ある程度、前の位置を取った中で

上がり3ハロンもそれなりにまとめる。

こういった馬が一番の狙い目ですね。

 

 

シンザン記念はあの穴馬抜きには語れない!

今週のシンザン記念ではあの穴馬3頭で
大万馬券を狙えるレースだ!!

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
シンザン記念の無料予想を公開します!!

以下をクリックして登録して下さい。

シンザン記念の予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

 

 

データでは圧倒的に内枠が有利だけど

次にシンザン記念の枠順別成績を見てみましょう。

データだけを見ると圧倒的に内枠が有利となっています。

 

ただ、以前の年明け京都競馬場の馬場は
極端な内枠有利の馬場でしたが、

ここ2年は極端な内有利の馬場にはなっていないので
実際に馬券に絡んだ馬の枠番を見てみると

2019年

1着 ヴァルディゼール 2番枠

2着 マイネルフラップ 1番枠

3着 ミッキーブリランテ 10番枠

2018年

1着 アーモンドアイ 3番枠

2着 ツヅミモン 7番枠

3着 カシアス 11番枠

 

ここ2年も内枠の馬は馬券に絡んでいるので

上手く力を溜められる内枠は要注意ですね。

 

 

ここでシンザン記念における過去10年の前走クラス別成績を見てみると

 

前走、条件戦から出走してきた馬が活躍をしています。

 

シンザン記念はクラシックのトライアルレースとしては
中途半端な時期に行われる上に

距離的にも皐月賞や日本ダービーとは関わりが薄いだけに

クラシックを狙えるような重賞を走った実績馬・実力馬は出走してきません。

 

新馬戦、500万条件から出走してきた馬は要注意ですね。

 

 


//adm.shinobi.jp/s/0f0ee30543c8488b43783b337ff71631

 

冬場に行われるタフな馬場でのレースをこなせる条件を見つける

次にシンザン記念における種牡馬別成績を見てみましょう。

1位ディープインパクト、2位ロードカナロアと
大御所がランクインしていますが

共に回収率はよくありません。

 

その後にランキングされている馬を見てみると

マンハッタンカフェ、ハーツクライなどのスタミナ系種牡馬

ヴィクトワールピサ、ネオユニヴァースなどのパワー系種牡馬

が、上位に入っており

シンザン記念がスピード比べになっていない事が分かります。

 

 

また、シンザン記念の前走距離別成績を見てみましょう。

前走1400m以下のレースを使った馬の成績が著しく悪いのが目立ちます。

 

距離延長ローテの馬の成績が悪いという事は

シンザン記念はマイル以上のスタミナを要するタフなレース

という事ですね。

 

体力を消費するレースである

という事を抑えておきたいですね。

 

 

以上がシンザン記念2020を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

シンザン記念は冬場の京都開催のレースになりますので

かなりタフな馬場でのレースとなります。

それゆえに後方から一気の差し脚は通用しづらいですし

パワーを持っている馬が活躍できるレースです。

 

枠順としては内枠が有利な傾向にあるので

うまく脚を溜められそうな馬を選んでいきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がシンザン記念2020で注目しているのは
この条件にマッチしたスペックを持っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ
シンザン記念2020の過去10年データ分析|スピード条件の京都マイルには意外な傾向が…

-【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.