競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

中山金杯2020予想【出走予定馬分析】有馬除外のクレッシェンドラヴなどコース巧者が勢ぞろい!注目は枠順の不利に泣いた前走からの激変が期待できるアノ穴馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191229165047j:plain

 

中山金杯2020予想【出走予定馬分析】有馬除外のクレッシェンドラヴなどコース巧者が勢ぞろい!注目は枠順の不利に泣いた前走からの激変が期待できるアノ穴馬!

 

おすすめ軸馬 244戦205勝(230/244)
勝率84.0%馬券圏内率94.2%

気になる軸馬 363戦282勝(342/363)
勝率77.6%馬券圏内率94.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

2020年1月5日(日)

中山競馬11レース(15時35分発走

第69回日刊スポーツ賞 中山金杯(G3)

中山芝2000m 4歳以上ハンデ

 

★中山金杯2020★

★予想オッズ★

 

①人気 クレッシェンドラヴ 3.5倍

②人気 トリオンフ     4.2倍

③人気 ギベオン      4.9倍

④人気 ブレステイキング  6.5倍

⑤人気 カデナ       7.8倍

 

★中山金杯2020★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ウインイクシード

(牡6歳 父マンハッタンカフェ・母イクスキューズ)

前走:ディセンバーS2着(中山芝1800m:1分47秒5)

重賞レース初出走となった2走前のG3・福島記念(福島芝2000m)で4着(勝ち馬から0.4秒差)に健闘。前走・ディセンバーステークスは勝ち馬セダブリランテスの決め手に屈する形になりましたが、器用な立ち回りからしっかり2着を確保したのは立派ですし、中山芝2000mで【0-2-1-1】(連対率50%)というまずまずの結果を残していますから、1ハロンの距離延長も問題ないはず。ただ、じわじわと脚を伸ばす持久力勝負特化型で、よーいドンの瞬発力勝負だとやや分が悪いタイプなので、レースの流れ次第では案外な結果に終わる可能性もあります。

 

カデナ

(牡6歳 父ディープインパクト・母フレンチリヴィエラ)

前走:天皇賞秋13着(東京芝2000m:1分58秒4)

3歳時のG2・弥生賞勝ち以降、調子が下降気味でしたが、2019年のサマー2000シリーズで好走(小倉記念2着、新潟記念3着)し、復調気配に差し掛かっているのは間違いありませんし、13着に敗れた前走・天皇賞秋は相手関係が悪かっただけなので、前走よりもはるかに相手関係が弱化している今回は一変があっても不思議ない存在です。太め残りのケースが多い冬場の休養明け初戦という立場ですから、レース当日の馬体重の増減をしっかりチェックする必要がありますけど、弥生賞勝ちを決めた中山芝2000mは相性の良い舞台なので、上位人気確実な情勢でも軽くは扱えません。

 

ギベオン

(牡5歳 父ディープインパクト・母コンテスティッド)

前走:チャレンジカップ9着(阪神芝2000m:1分59秒5)

2018年12月のG3・中日新聞杯(中京芝2000m)で重賞初制覇を果たしたものの、充実期に差し掛かっているはずの4歳シーズンは5戦して馬券圏内ゼロという案外な結果に終わっています。ただ、デットーリ騎手騎乗の効果で1番人気に支持されていながら、9着に大敗した前走・チャレンジカップは直線の勝負どころで進路を完全に塞がれる、という致命的な不利を受けていましたから、直線をスムーズな形でさばく事ができれば、前走のような結果にはならないはずです。

 

クレッシェンドラヴ

(牡6歳 父ステイゴールド・母ハイアーラヴ)

前走:福島記念1着(福島芝2000m:1分59秒5)

暮れのグランプリ・有馬記念への出走を予定していましたが、フルゲート16頭の出走枠に入る事ができず、年明けの中山金杯へと目標を切り替えてきました。極端な差し・追い込み脚質なので、レースの流れが落ち着いてしまい、逃げ・先行脚質の馬に有利な流れになった場合は着順を落とす事になりそうですが、前走・福島記念で中団待機から豪快な捲りを決めているように、コーナリングが巧みで、直線の短いコースにも対応可能な差し馬ですから、55kgの斤量だった福島記念時よりも重いハンデ(57kg)を課される事が確実な情勢でも軽くは扱えません。

 

ザダル

(牡4歳 父トーセンラー・母シーザシー)

前走:菊花賞13着(京都芝3000m:3分08秒0)

無傷の3連勝でダービートライアルのオープン特別・プリンシパルステークス(東京芝2000m)を制し、G2・セントライト記念(中山芝2200m)でも勝ち馬から0.4秒差の3着を確保した実績を持つ明け4歳の好素質馬。前走・菊花賞は13着に大敗(勝ったワールドプレミアから2.0秒差)していますけど、3000mの長距離に対応できなかっただけで、2戦2勝の芝2000mへと場替わりする今回は巻き返しがあっても全く驚けません。

 

トリオンフ

(セ6歳 父タートルボウル・母メジロトンキニーズ)

前走:チャレンジカップ2着(阪神芝2000m:1分59秒1)

2018年シーズンに小倉芝レースの重賞を2勝(小倉大賞典・小倉記念)している実績馬で、レコード勝ちを決めた2018年小倉記念から中60週超の長期休養明け初戦だった前走・チャレンジカップで勝ったロードマイウェイ相手にアタマ差2着という好結果を残しています。チャレンジカップは前半1000m通過61.2秒の遅い流れが味方した面もありますけど、例年以上にメンバーがそろっていた昨年のチャレンジカップでいきなり馬券圏内を確保している事実は無視できません。でも、パドックでイレ込みやすいタイプなので【●●●●●●●】でイレ込みがこれまで以上に酷くなる事も視野に入れておく必要があるかと思います。

 

トリオンフの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

ブラックスピネル

(牡7歳 父タニノギムレット・母モルガナイト)

前走:チャレンジカップ6着(阪神芝2000m:1分59秒4)

スミヨン騎手とコンビを組んだ前走・チャレンジカップで5番人気6着という案外な結果に終わっていますけど、勝ったロードマイウェイとの着差はわずか0.3秒だったので、大きく負けたわけではありませんし、トリオンフにあっさりハナを奪われてしまい、マイペースで先行する事ができず、勝負どころでの粘りが今ひとつだった…という面もありましたから、トリオンフよりも内寄りの枠を引いて、単騎逃げの形に持ち込む事ができれば、変わり身があっても不思議ない存在です。

 

ブレステイキング

(牡5歳 父ディープインパクト・母シユーマ)

前走:チャレンジカップ3着(阪神芝2000m:1分59秒2)

2018年のG2・セントライト記念4着以来、約1年2ヶ月ぶりに重賞レースを経験した前走・チャレンジカップは馬群の内を巧みにさばくムーア騎手のファインプレーの効果もあり、勝ったロードマイウェイから0.1秒差の3着に奮闘。ノーザンファーム出身のディープインパクト産駒の割には究極の上がり勝負になるとキレ負けしてしまうタイプですから、上がりを要するケースが多い中山芝コースに替わる点は魅力的。POG2017-2018シーズンで大きな期待を集めていながら、G1に出走する事すらできなかった“未完の大器”が年明けの中山金杯で出世への足掛かりをつかむ可能性も十分あるかと思います。

 

レッドローゼス

(牡6歳 父ステイゴールド・母リヴィアローズ)

前走:福島記念5着(福島芝2000m:2分00秒0)

後方からの競馬を強いられた前走・福島記念でメンバー中最速の上がり3ハロン(35.2秒)をマークし、掲示板内の5着まで追い上げた末脚特化型。差し一手の競馬しかできないので、いつもレース展開に左右されてしまうのですが、中山芝コースで【3-3-2-1】(複勝率88.9%)の好結果を残していますし、タフな馬場状態になりやすく、春先よりもレース全体の上がり3ハロンの時計を要する冬場の中山芝コースであれば、決め手上位のこの馬が馬券圏内に割って入る可能性も否定できません。

 

★中山金杯2020★

★注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

昨シーズン、リステッド競走に指定された関西圏のオープン特別で2連対(都大路ステークス2着、カシオペアステークス1着)を果たしているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。前走・チャレンジカップは勝ち馬から1秒以上離されての完敗を喫していますけど、不利な外枠を引き当てた事で終始馬群の外々を回らされ、コースロスが大きくなってしまい、直線に向いたところでお釣りが残っていなかった…という消化不良な形に終わっていますから、内寄りの好枠を引き当てて、中団やや前めのポジションを確保する形に持ち込めれば、枠順の不利に泣いた前走からの激変が期待できるのでは?と考えています。

 

おすすめ軸馬 244戦205勝(230/244)
勝率84.0%馬券圏内率94.2%

気になる軸馬 363戦282勝(342/363)
勝率77.6%馬券圏内率94.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
中山金杯2020予想【出走予定馬分析】有馬除外のクレッシェンドラヴなどコース巧者が勢ぞろい!注目は枠順の不利に泣いた前走からの激変が期待できるアノ穴馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.