競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

有馬記念2019予想【出走予定馬分析/後編】女傑リスグラシュー有終の美飾れるか!注目は海外帰り初戦の前回叩いた上積み見込めるアノ実績馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191218100700j:plain

 

有馬記念2019予想【出走予定馬分析/後編】女傑リスグラシュー有終の美飾れるか!注目は海外帰り初戦の前回叩いた上積み見込めるアノ実績馬!

 

おすすめ軸馬 242戦203勝(228/242)
勝率83.8%馬券圏内率94.2%

気になる軸馬 358戦278勝(337/358)
勝率77.6%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191215223523j:plain

 

2019年12月22日(日)

中山競馬11レース(15時25分発走

第64回グランプリ 有馬記念(G1)

中山芝2500m 3歳以上定量

 

★有馬記念2019★

★予想オッズ★

 

①人気 アーモンドアイ   1.7倍

②人気 リスグラシュー   3.0倍

③人気 サートゥルナーリア 5.8倍

④人気 フィエールマン   8.3倍

⑤人気 ワールドプレミア  8.9倍

 

★有馬記念2019★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

フィエールマン

(牡4歳 父ディープインパクト・母リュヌドール)

前走:凱旋門賞12着(フランス・ロンシャン芝2400m)

欧州競馬特有のタフな馬場に全く対応できず、まさかのシンガリ負けを喫した凱旋門賞からのリベンジを誓う関東勢のエース格。昨秋の菊花賞以降、ずっとルメール騎手が騎乗してきましたが、アーモンドアイが電撃的に有馬記念への参戦を決めた事を受け、1年前の有馬記念をブラストワンピースで優勝している“G1請負人”池添謙一騎手へと乗り替わります。凱旋門賞を除いた国内のレースでは【4-2-1-0】(複勝率100%)の好結果を残していますので、今回も上位争いに食い込む可能性がありますけど、国内復帰戦でどの程度の仕上がりにあるのか…というところをいつも以上にチェックしなければいけません。重賞2勝馬セダブリランテスを7馬身追いかけ、併走同入に持ち込んだ1週前追い切り(美浦W6ハロン83.1-67.1-52.2-38.7-11.8)の内容は良かったので、最終追い切りでも見栄えのする動きを見せた場合は高い評価を与える必要がありそうです。

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191218101434p:plain

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191218101650p:plain

 

リスグラシュー

(牝5歳 父ハーツクライ・母リリサイド)

前走:コックスプレート1着(ムーニーバレー芝2040m:2分04秒21)

2歳時の頃から「G1の舞台ではあと一歩…」というもどかしい状況が続いていましたが、モレイラ騎手とのコンビでG1タイトルを奪取した昨秋のエリザベス女王杯から大崩れする場面がなくなり、日豪の伝統G1を連勝(宝塚記念・コックスプレート)するなど、ハーツクライ産駒特有の“晩成型”らしい右肩上がりの活躍を見せている女傑が超豪華メンバー集結の有馬記念でラストランを迎えます。1歳年下の“現役最強馬”アーモンドアイとは初対戦になりますので、アーモンドアイとの実力差が不透明な分、急激な成長を遂げているリスグラシューの評価をどうすべきか…と悩んでいる方も多いはず。宝塚記念で早め先頭から押し切る競馬を見せていますし、道中の折り合いもバッチリつくタイプなので、中山芝2500mへの場替わりは問題ないかと思いますが有馬当日が中山初騎乗のレーン騎手】というところは若干気掛かりな材料だと考えています。

 

リスグラシューの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

レイデオロ

(牡5歳 父キングカメハメハ・母ラドラーダ)

前走:ジャパンカップ11着(東京芝2400m:2分28秒1)

2017年の日本ダービー優勝馬で、1年前の有馬記念でも僅差2着を確保するなど、国内の芝中・長距離路線を盛り上げてくれた功労馬ではありますが、5歳になってからの4戦でいずれも馬券圏内に敗れる(ドバイシーマクラシック6着、宝塚記念5着、オールカマー4着、ジャパンカップ11着)という案外な結果に終わっています。前走のジャパンカップは重い馬場への対応に苦慮しながら…という形だったので、大きく着順を落としてしまうのは致し方ないかもしれませんが、これといった見せ場を作れないまま馬群に沈んでいるように、本調子を欠いた状態に留まっていますから、アーモンドアイをはじめとする現役最強クラスが勢ぞろいした今年の有馬記念で上位争いを展開するのはさすがに難しいのでは?と考えています。

 

ワールドプレミア

(牡3歳 父ディープインパクト・母マンデラ)

前走:菊花賞1着(京都芝3000m:3分06秒0)

全兄・ワールドエースが果たせなかったG1タイトル奪取の夢を前走・菊花賞で成し遂げ、古馬相手の有馬記念へと果敢に挑戦する事になった充実一途のディープインパクト産駒。2走前の神戸新聞杯でサートゥルナーリア相手に0.7秒先着を許していますので、菊花賞への出走を見合わせた現3歳世代のトップホース・サートゥルナーリアと再度顔を合わせる今回は楽な戦いにはならないでしょう。でも、中団やや前めのポジションを確保した菊花賞時と同じような好位差しの競馬を再現できれば、道中の立ち回りの上手さが要求される中山芝2500mの条件がドハマりする可能性も十分あるかと思います。

 

★有馬記念2019★

★出走予定馬分析(後編)から見る◎注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【◎シュヴァルグラン】

ここ2年続けて有馬記念で上位争いを展開していて、案外な結果に終わった海外帰り初戦の前走を叩いた上積みが見込めるこの実績馬を有馬記念事前展望<後編>のオススメ馬としてピックアップします。年度代表馬の座を争うアーモンドアイ・リスグラシュー以外の馬が横一線の状況であれば、芝2500m以上で【2-3-3-1】(複勝率88.9%)の好結果を残している現役屈指のステイヤーが好配当を生み出してくれるかもしれません。

 

おすすめ軸馬 242戦203勝(228/242)
勝率83.8%馬券圏内率94.2%

気になる軸馬 358戦278勝(337/358)
勝率77.6%馬券圏内率94.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191215223523j:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
有馬記念2019予想【出走予定馬分析/後編】女傑リスグラシュー有終の美飾れるか!注目は海外帰り初戦の前回叩いた上積み見込めるアノ実績馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.