競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

朝日杯フューチュリティステークス2019予想【出走予定馬分析/後編】初距離のラウダシオンはルメールJとのタッグで参戦!注目は前走凡退で人気急落しているアノ実績馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191210200827j:plain

 

朝日杯フューチュリティステークス2019予想【出走予定馬分析/後編】初距離のラウダシオンはルメールJとのタッグで参戦!注目は前走凡退で人気急落しているアノ実績馬!

 

おすすめ軸馬 235戦197勝(221/235)
勝率83.8%馬券圏内率94.0%

気になる軸馬 343戦267勝(322/343)
勝率77.8%馬券圏内率93.8%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191209070613j:plain

 

2019年12月15日(日)

阪神競馬11レース(15時40分発走

第71回朝日杯フューチュリティステークス(G1)

阪神芝1600m(外回り)2歳定量

 

★朝日杯フューチュリティステークス2019★

★予想オッズ★

 

①人気  サリオス      2.4倍

②人気 レッドベルジュール 3.5倍

③人気 ラウダシオン    3.7倍

④人気 タイセイビジョン  5.5倍

⑤人気 ペールエール    11.9倍

 

★朝日杯フューチュリティステークス2019★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ビアンフェ

(牡2歳 父キズナ・母ルシュクル)

前走:京王杯2歳S2着(東京芝1400m:1分21秒1)

2015年の阪神ジュベナイルフィリーズで3着を確保するなど、デビュー間もない頃から完成度が高く、早熟傾向にあったブランボヌールの半弟で、2走前のG3・函館2歳ステークスでは朝日杯フューチュリティステークスの有力馬・タイセイビジョン相手に土をつけています。休養明け初戦で大幅に馬体重が増えていた(プラス24kgの534kg)前走・京王杯2歳ステークスではタイセイビジョンの決め手に屈する形になっていますけど、課題のスタートもしっかりと決めていましたし、馬体が緩かった中でキッチリと2着を確保したのは立派ですから、叩き2戦目で更なる調子上昇が見込める今回はタイセイビジョンを逆転する場面があっても不思議ありません。ただ、姉・ブランボヌールと同様に、短距離色の濃いタイプなので、マイルへの距離延長でパフォーマンスを落とす可能性もあります。

 

ペールエール

(牡2歳 父ダイワメジャー・母アピール2)

前走:デイリー杯2歳S(京都芝1600m:1分34秒8)

2走前のG3・新潟2歳ステークスでウーマンズハートに次ぐ2着を確保した実績上位馬。休養明け初戦だった前走・デイリー杯2歳ステークスは直線での伸びを形になり、まさかの3着に敗れていますけど、3頭併せの最内からキッチリと脚を伸ばした1週前追い切り(栗東CW6ハロン80.2-64.7-50.4-36.6-11.8)で上々のラップを刻んでいるように、久々の前走を叩いた事で状態もかなり上向いていますし、パワー型の競走馬を数多く輩出しているダイワメジャー産駒ですから、直線に急坂が待ち構えている阪神芝コースへの場替わりもプラスに働きそうです。

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191210201157p:plain

 

ラウダシオン

(牡2歳 父リアルインパクト・母アンティフォナ)

前走:もみじS1着(京都芝1400m:1分24秒1)

今年10月の秋華賞をクロノジェネシスで優勝し、G1トレーナーの仲間入りを果たした新進気鋭の栗東・斉藤崇史厩舎が送り出す好素質馬。オープン特別勝ちを決めた前走・もみじステークスに引き続いてルメール騎手が手綱を取ります。京王杯2歳ステークスをレコード勝ちしたお手馬・タイセイビジョンも朝日杯フューチュリティステークスにエントリーしている中、ルメール騎手はラウダシオンの方に騎乗するのですから、ルメール騎手の頭の中では「ラウダシオン>タイセイビジョン」というビジョンが浮かんでいるのかもしれません。初めてマイルの条件を使いますので、初距離への対応が取捨選択の大きなポイントになりますけど、1400mの前走でも道中の折り合いはバッチリついていましたから、マイルまでなら許容範囲内なのでは?と考えています。

 

レッドベルジュール

(牡2歳 父ディープインパクト・母レッドファンタジア)

前走:デイリー杯2歳S1着(京都芝1600m:1分34秒5)

1番人気濃厚のサリオスと同じく、キャリア2戦目に重賞タイトルを奪取している逸材。前走・デイリー杯2歳ステークスはプラス28kgの馬体重(478kg)で余裕残しの状態だったのですが、他の上位人気馬が案外な結果に終わったとはいえ、馬場の内ラチ沿いから鋭い末脚(メンバー中最速の上がり3ハロン33.8秒)を繰り出す、というなかなかの走りを見せていますから、叩き2戦目で馬体のシェイプアップが見込める今回は前走以上のパフォーマンスを披露する可能性も十分あるのでは?と考えています。ただ、前回は時計の掛かる馬場が追い風になった格好なので【●●●●●●●】である事を踏まえた上で取捨判断するようにしてください。

 

レッドベルジュールの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

★朝日杯フューチュリティステークス2019★

★出走予定馬分析から見る注目馬(後編)★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

1200mの速い流れに慣れてしまったがゆえに、距離延長の前走の道中で折り合いを欠き、人気を下回る着順に凡退したこの馬の巻き返しに注目しています。前走はレース間隔が空いていた影響で気合いが空回りしていた感じもありますので、叩き2戦目で状態の上積みが見込めるだけでなく、長距離輸送を挟む形だった前走とは異なり、精神的な負担が軽くなる当日輸送で出走する今回は一気の変わり身があっても不思議ない状況です。

 

おすすめ軸馬 235戦197勝(221/235)
勝率83.8%馬券圏内率94.0%

気になる軸馬 343戦267勝(322/343)
勝率77.8%馬券圏内率93.8%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191209070613j:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
朝日杯フューチュリティステークス2019予想【出走予定馬分析/後編】初距離のラウダシオンはルメールJとのタッグで参戦!注目は前走凡退で人気急落しているアノ実績馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.