競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

兵庫ジュニアグランプリ2019予想【本命馬公開】追い切り(坂路)で直近好時計をマークしているアノ馬に◎!久々でも調整に抜かりなし!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191127044803j:plain

 

兵庫ジュニアグランプリ2019予想【本命馬公開】追い切り(坂路)で直近好時計をマークしているアノ馬に◎!久々でも調整に抜かりなし!

 

おすすめ軸馬 235戦197勝(221/235)
勝率83.8%馬券圏内率94.0%

気になる軸馬 343戦267勝(322/343)
勝率77.8%馬券圏内率93.8%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191125060032j:plain

 

2019年11月27日(水)

園田競馬10レース(15時50分発走)

農林水産大臣賞典 第21回兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)

園田ダート1400m 2歳定量

 

★兵庫ジュニアグランプリ2019★

★予想オッズ★

 

①人気 メイショウテンスイ 2.4倍

②人気 テイエムサウスダン 2.8倍

③人気 ファシネートゼット 5.0倍

④人気 エキサイター    13.6倍

⑤人気 イロゴトシ     21.9倍

 

★兵庫ジュニアグランプリ2019★

★出走馬の顔ぶれ★

 

5枠5番 イロゴトシ(牡2歳 幸英明 55kg)

前走:サウジアラビアRC9着(東京芝1600m:1分34秒5)

熊本県出身の新種牡馬・ヴァンセンヌ産駒で、九州産限定のJRAオープン特別・ひまわり賞(小倉芝1200m)を優勝するなど、これまでに本賞金2,010万円を獲得しています。キャリア5戦目で初めてダート戦に出走しますけど、ダート色の濃い母父クロフネという血統背景の持ち主ですから、ダート替わりでパフォーマンスを跳ね上げる可能性も十分にあります。ただ、前走・サウジアラビアロイヤルカップでシンガリ負け(勝ったサリオスから1.8秒差)を喫しているように、九州産限定戦以外のレースで通用するメドを立てていないので、上位争いに加わるのはさすがに難しいかと思います。

 

5枠6番 メイショウテンスイ(牡2歳 武豊 55kg)

前走:オキザリス賞1着(東京ダート1400m:1分25秒1)

栗東・南井克己厩舎所属のダンカーク産駒ではありますが、過去2戦はいずれも関東圏の東京競馬場へと遠征していて、長距離輸送の影響をもろともしない走りを披露し、キャリア2戦2勝の立場で交流重賞・兵庫ジュニアグランプリの舞台にエントリーしてきました。近走よりも輸送距離が短くなる点が追い風になるだけでなく、五分以上のスタートを切り、道中2番手のポジションを楽に確保してからあっさり抜け出した前走・オキザリス賞の内容を見る限り、先行馬に有利な園田ダートコースも合うはずですから、コース替わりでパフォーマンスを落としそうもない状況であれば、過剰人気確実な情勢でも軽くは扱えないかと思います。ただ【●●●●●●●】というところは若干気になるので、全幅の信頼を置ける存在ではありません。

 

メイショウテンスイの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

6枠7番 テイエムサウスダン(牡2歳 M・デムーロ 55kg)

前走:なでしこ賞1着(京都ダート1400m:1分23秒6)

2018年北海道サマーセール出身のサウスヴィグラス産駒。キャリア3戦目の未勝利戦で2着馬に8馬身差の圧勝を決め、初勝利を挙げたところから急激に力をつけていき、骨っぽい相手がそろっていた前走・なでしこ賞で華麗な好位差しを決めています。脚抜きの良い馬場だったとはいえ、なでしこ賞の走破時計(1分23秒6)は優秀ですし、キャリアを積み重ねる事で着実にステップアップしているところも好感が持てますから、五分以上のスタートを切って、前々のポジションを楽に確保する形になれば、メイショウテンスイをはじめとする強豪がそろった兵庫ジュニアグランプリでも互角以上の勝負に持ち込めるのでは?と考えています。

 

7枠9番 ファシネートゼット(牝2歳 松若風馬 54kg)

前走:1勝クラス1着(阪神ダート1400m:1分24秒5)

2017年当歳セレクトセール出身のヘニーヒューズ産駒で、各路線の有力馬を数多く輩出しているノーザンファーム出身でもあります。前走の1勝クラスで2着に下したジェネティクスがその後のオキザリス賞でメイショウテンスイに完敗していますので、前走のレースレベルは平均的なものだったのかな?という印象こそありますけど、プラス10kgの馬体重(466kg)で新馬戦よりもふっくらとした馬体だった前走の内容そのものは悪くありませんから、前走の相手関係を見ただけで評価を決めつけてしまうのは危険だと思います。

 

7枠10番 エキサイター(牡2歳 吉村智洋 55kg)

前走:デイリー杯2歳S10着(京都芝1600m:1分36秒5)

JRAの芝レースに2度出走(野路菊ステークス3着、デイリー杯2歳ステークス10着)している地元園田競馬所属のベルシャザール産駒。瞬発力勝負になりやすいJRAの芝レースではキレ負けする形になっていますけど、園田のダート戦では5戦5勝という好結果を残していますから、得意舞台に替わる今回は侮れない存在になりそう。2走前の兵庫若駒賞(園田ダート1400m)では好位追走から早め先頭に立って、後続の追い上げを楽に振り切る、という強い競馬を見せていましたし、JRA勢が作り出すハイペースに上手く対応する事ができれば、上位争いに割って入る可能性も十分あるかと思います。

 

★兵庫ジュニアグランプリ2019★

★展開予想★

 

地方勢も軽快な先行力を持っていますけど、テンの速さはJRA勢の方に分がありますから、前々のポジションを楽に確保したい武豊騎手騎乗のメイショウテンスイとM・デムーロ騎手騎乗のテイエムサウスダンのどちらかがハナを奪い、積極策からの粘り込みを狙う形になりそう。短距離戦ならではの速いペースになるかと思いますが、強力なJRA勢が簡単に止まりそうもないので、後方からの差し切りを期待するのは難しいかもしれません。

 

★兵庫ジュニアグランプリ2019★

★最終予想★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

13日(栗東坂路4ハロン53.5-38.9-25.6-13.0)と20日(栗東坂路4ハロン53.0-38.9-25.2-12.4)の追い切りで水準以上の時計を叩き出しただけでなく、レース3日前の24日(栗東坂路4ハロン54.4-39.2-25.5-12.8)にも速い時計を出すなど、レース間隔が空いている中でも抜かりない調整を施してきたこの馬を本命に抜てきします。外寄りの好枠を引き当てていますから、道中で砂を被る心配も要りませんし、キャリアすべてで上がり3ハロン最速をマークしているように、堅実な差し脚を持っているところも大きな強調材料になっていますので、激しい先行争いを繰り広げそうな上位人気馬をゴール板寸前で差し切る、という場面があっても全く驚けないのでは?と考えています。

 

おすすめ軸馬 235戦197勝(221/235)
勝率83.8%馬券圏内率94.0%

気になる軸馬 343戦267勝(322/343)
勝率77.8%馬券圏内率93.8%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191125060032j:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
兵庫ジュニアグランプリ2019予想【本命馬公開】追い切り(坂路)で直近好時計をマークしているアノ馬に◎!久々でも調整に抜かりなし!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.