競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

Dr.Kの競馬予想ブログ

【天皇賞・秋2019】予想|一週前追い切り分析&有力馬考察等

投稿日:

天皇賞・秋2019予想と有力出走馬分析&一週前追い切り後の見解について書いて行きます。

いよいよ今週は大注目の天皇賞・秋が行われます。

言わずもがな注目はアーモンドアイVSサートゥルナーリア。

サートゥルナーリアは菊花賞を選択せず天皇賞・秋へ。

そしてアーモンドアイも秋の緒戦はこのレースをチョイス。

2強ムードの1戦ですが実力馬も多く思わぬ伏兵の一発もありそうなメンバー構成です。

かなり楽しみなメンツの1戦になった訳ですがまずは一週前追い切りと共に有力馬分析へ行きましょう。

菊花賞はレース適正を見抜いて的中する事が出来た

先週の菊花賞はワールドプレミア勝利という1戦になりましたが人気薄サトノルークスが2着に入るという結果になりました。

有料配信の方でお伝えした通り今回の菊花賞では「菊花賞特化型」の馬が数頭おり、そこだけで取捨選択出来た1戦でした。

「菊花賞に特化した」と考えられる馬が以下の馬達になります。

ニシノデイジー

ヴェロックス

ワールドプレミア

ヒシゲッコウ

レッドジェニアル

サトノルークス

何と6頭しか該当馬がいなかったんです。

 

ホウオウサーベルやザダルと言った中穴になっていた馬達はとある理由があり切り捨てる事が出来た1戦だったのです。

個人的には上記6頭を3連単フォーメーション少点数で勝負したので3連単はハズレましたがサトノルークスを上手く拾ってプラス。

レース特有のポイントを押さえる事が出来たので良かったな、と思います。

天皇賞・秋もこのレース向きの馬をシッカリ抑え的中を狙って行きたいと思います!

また有料配信の方では天皇賞・秋に特化した馬をお伝えしますので参考にしてみて下さい。

秋はまだまだジャパンカップもありますし何と言っても有馬記念があります。

レース特有の適正馬を見抜いて的中ラッシュを狙って行きます!

今週入会される方は年末まで5000円での予想提供となりますのでぜひこの機会に試してみて下さいね!

⇒Dr.Kの競馬予想有料ver

 

天皇賞・秋有力出走馬分析

アーモンドアイ

破竹の7連勝も安田記念にてストップ。

仕切り直しの1戦がこのレースになる。

安田記念は出遅れ後方からの競馬になっており直線でもスムーズさを欠くルメールにしてはチグハグな競馬だった。

一週前追い切りはいつも通りの好時計を出しており休み明けからスッキリ走るこの馬らしい姿。

牡馬相手に56キロは決して楽ではないが安田記念でも上りは32秒4と斤量苦を感じさせない。

マイルに比べて追走が楽になる分、今回の方がこの馬の瞬発力が活きる舞台になりそうだ。

スムーズな競馬なら当然勝ち負け出来る存在になるだろう。

 

サートゥルナーリア

ダービーで1番人気を裏切る形になりましたが神戸新聞杯で改めて力を示した結果になった。

神戸新聞杯の競馬はただただ強いの一言。

一週前追い切りはCWで長めの追い切りを消化。

ここでアーモンドアイを破るようであれば一気に飛躍する事間違いなし。

初古馬相手の1戦で56キロは楽ではないがそこを能力でカバー出来るか?

後は天皇賞・秋というレースに適正があるかどうかだろう。

スミヨンが騎乗するというのはかなり心強い点ではあるが。

 

ダノンプレミアム

2番人気に支持された安田記念では川田が下馬したように16着というのは参考外の1戦と考えていいだろう。

ここは仕切り直しの1戦になる。

一週前追い切りでも速い時計を出しており及第点と言える状態か。

それでももっと速い時計を出せる馬と考えればやや物足りない内容かも。

2000mが距離の壁という印象もあり本質はもっと短い距離でこそというタイプ。

弥生賞や金鯱賞での勝ち鞍はあるがこのメンバー相手にどこまでやれるか?

後は天皇賞・秋というレースにおける適正を持ち合わせているかという点がポイント。

 

ワグネリアン

神戸新聞杯からぶっつけの大阪杯で3着と能力の高さを示した結果になった。

札幌記念では4着と人気を裏切る形になってしまったが楽鉄の影響もあったのだろう。

そもそもここ目標と思えるレース選択なので札幌記念の結果は度外視出来る。

脚質的にも札幌よりははるかに東京への適正が高いので舞台設定は好転する。

一週前追い切りでも福永を背に好時計を出しており力は出せる状態と考えていい。

舞台適正は高いので後はこのメンバーでの能力の比較になってくる。

 

アエロリット

レース間隔の影響か一週前追い切りは軽めだが好時計で終了。

毎日王冠を使っているので追い切りとしては速い時計を出さなくても全く問題ない。

この馬が走るととにかく速い時計が出るので今回も良馬場なら好時計決着が濃厚だ。

距離に壁があるような感じもするがペース次第では2000mもこなせるだろう。

特に今回は自分でペースを作れそうなメンバー構成なので面白い1頭である事は間違いない。

この馬と戦った事がない馬にとってはアエロリットが作り出す速いペースがカギ。

アエロリットがとにかく速い馬なので追走に脚を使ってしまうと自滅するパターンがある。

とにかく同馬が今年の天皇賞・秋でポイントになって来るのは間違いないハズ。

 

スワーヴリチャード

人気を落としていた宝塚記念で本命を打ち馬券を獲らせてくれた馬でもある。

今回のメンバーだからこそ宝塚記念同様人気を落としそうだが左回りがベストな馬であり宝塚記念の上位馬は強い。

リスグラシュー、キセキに続く3着ならここに入ってもヒケを取らない実力馬だ。

レース間隔は開いたが休み明けからキッチリ仕上げて来る厩舎でもあり一週前追い切り好時計。

このメンバーに入ると見劣るかもしれないが力はあるので侮らない方がいいかも。

天皇賞・秋2019一週前予想まとめ

アーモンドアイ、サートゥルナーリア2頭が抜けた人気になりそうな今年の天皇賞・秋ですが上述したように曲者がまあまあ揃った1戦になったかなと思います。

他にもアルアインやユーキャンスマイル、ウインブライト、カデナあたりもいるのでそう簡単な決着にはならないだろうと思える1戦になりました。

そこで過去の天皇賞・秋の結果からどのようなタイプの馬が好走しているのか?

少し見て行きたいと思います。

【2018年】

1着レイデオロ

2着サングレーザー

3着キセキ

【2017年】(不良馬場過ぎたので参考外になるか)

1着キタサンブラック

2着サトノクラウン

3着レインボーライン

【2016年】

1着モーリス

2着リアルスティール

3着ステファノス

【2015年】

1着ラブリーデイ

2着ステファノス

3着イスラボニータ

以上のような結果になっております。

ここ数年でも人気通りの決着は少なく穴馬が馬券に絡んでおりレース適正を見抜けば回収可能なレースではないか?と見込んでおります。

後は枠順と馬場次第という所。

それでは一週前時点における天皇賞・秋注目の1頭をランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

いきなりですがみなさん。
競馬予想においてこんなことないですか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これらを解決するのが今回ご紹介する「勝馬の栞」です!

元競馬エイトトラックマン「高橋績」氏監修のもと、エージェント、生産関係者、外厩スタッフ、造園関係者などから最高良質の情報を入手しているんです。

 

実際、このような馬券を毎週のように的中させかなりの指示を集めているわけです!

 

はっきり言って競馬は情報だな・・・と勝馬の栞を利用すればまじまじと思わされますよ(笑)

なんにせよ、これだけ「当たる」というのがこの勝馬の栞の強烈な武器。

なぜこれだけの的中を出せるのかはやはり「究極の情報」なんですよね。

 

ホントかよ!?

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、まずは無料なので試してみてはいかがですか?

きっともっと早く登録しておけばよかった!と、後悔するはずですよ(笑)

無料登録はメールアドレス入力だけで簡単なので是非試してみてください!

Source: Dr.Kの競馬予想ブログ
【天皇賞・秋2019】予想|一週前追い切り分析&有力馬考察等

-Dr.Kの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.