競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

菊花賞2019予想【注目馬公開】ヴェロックスの不利データ公開中!好相性の父サンデー系から抜群の安定感を誇るアノ馬をピックアップ!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191019173713j:plain

 

菊花賞2019予想【注目馬公開】ヴェロックスの不利データ公開中!好相性の父サンデー系から抜群の安定感を誇るアノ馬をピックアップ!

 

おすすめ軸馬 218戦181勝(204/218)
勝率83.0%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 318戦244勝(297/318)
勝率76.7%馬券圏内率93.3%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191015133656p:plain

 

2019年10月20日(日)

京都競馬11レース(15時40分発走

第80回菊花賞(G1)

京都芝3000m(外回り)

3歳定量

 

★菊花賞2019★

★データPickup★

 

※出走馬確定前の分析になります

 

①過去5年の単勝人気別成績データ

 

1番人気【2-0-1-2】

2番人気【0-2-0-3】

3番人気【1-0-0-4】

4番人気【0-1-0-4】

5番人気【1-0-0-4】

6番人気以下【1-2-4-58】

 

1番人気は過去5年で2勝(2016年サトノダイヤモンド、2017年キセキ)を挙げていますが、1年前の菊花賞で1番人気に支持されたブラストワンピースは馬券圏外の4着に敗れていますので、1番人気は全幅の信頼を置ける存在ではありません。また、過去5年の単勝オッズ別成績を見てみると、単勝オッズ15.0倍以上は【0-2-4-56】(連対率3.2%)という低調な結果に終わっていますから、無理な穴狙いは禁物です。

 

②過去5年の枠順別成績データ

 

1枠【1-0-0-9】

2枠【2-2-0-6】

3枠【0-0-0-10】

4枠【0-0-1-9】

5枠【0-1-1-8】

6枠【1-2-0-7】

7枠【1-0-2-12】

8枠【0-0-1-14】

 

過去5年ベースで連対馬が1頭も出ていないのは3枠・4枠・8枠。距離損が大きくなる8枠が苦戦するのは理解できますけど、真ん中内寄りの好枠という印象が強い3枠と4枠も厳しい結果に終わっている、というのは意外な感じがしますよね。逆に、2枠は過去5年で4頭の連対馬を輩出。2017年は10番人気のクリンチャーが2枠からスタートし、2着を確保していますので、人気薄の2枠を狙い打ちするのも良いかもしれません。

 

③過去5年の前走レース別成績データ

 

神戸新聞杯【3-3-2-25】

セントライト記念【1-1-0-24】

ラジオNIKKEI賞【1-0-0-0】

札幌記念【0-1-0-1】

条件戦【0-0-3-21】

 

1年前の菊花賞はラジオNIKKEI賞から直行した関東馬・フィエールマンが優勝しましたが、過去5年の前走レース別成績を見てみると、過去5年の連対馬10頭のうち8頭は神戸新聞杯(シフルマン・ユニコーンライオン・レッドジェニアル・ワールドプレミア・ヴェロックス)orセントライト記念(サトノルークス・ザダル・タガノディアマンテ・ナイママ・ニシノデイジー・メイショウテンゲン)の菊花賞トライアルを前走で使っていた事が分かりました。さらにデータを深掘りしてみたところ、前走神戸新聞杯で3着以内(ヴェロックス・ワールドプレミア)の条件に該当していた馬が【3-3-1-5】(勝率25%・連対率50%)の好結果を残していますので、神戸新聞杯上位組は素直に信頼した方が良さそうです。

 

④過去5年の種牡馬別成績データ

 

ディープインパクト【2-1-1-12】

ルーラーシップ【1-0-0-2】

ブラックタイド【1-0-0-2】※該当馬なし

スペシャルウィーク【1-0-0-0】※該当馬なし

ステイゴールド【0-2-0-10】※該当馬なし

ネオユニヴァース【0-1-0-3】※該当馬なし

ディープスカイ【0-1-0-1】※該当馬なし

キングカメハメハ【0-0-2-5】

ゼンノロブロイ【0-0-1-2】※該当馬なし

スクリーンヒーロー【0-0-1-2】※該当馬なし

ハーツクライ【0-0-0-7】

 

過去5年の連対馬10頭のうち9頭が父サンデーサイレンス系種牡馬(アドマイヤジャスタ・アドマイヤスコール・カリボール・サトノルークス・ザダル・タガノディアマンテ・ナイママ・ヒッチコック・ホウオウサーベル・メイショウテンゲン・メロディーレーン・ワールドプレミア・ヴェロックス)となっていますけど、ハーツクライ産駒(ホウオウサーベル)は過去5年で馬券圏内ゼロという低調な結果に終わっています。また、父サンデーサイレンス系以外の種牡馬(カウディーリョ・シフルマン・ディバインフォース・ニシノデイジー・バラックパリンカ・ヒシゲッコウ・ユニコーンライオン・レッドジェニアル・ヴァンケドミンゴ)で連対を確保したのは2017年1着・キセキだけ、という状況ですから、「父サンデー系>非サンデー系」の傾向が色濃くなっている事もおさえておきましょう。

 

他では【キャリア8戦以上】(アドマイヤジャスタ・アドマイヤスコール・シフルマン・タガノディアマンテ・ディバインフォース・ナイママ・ニシノデイジー・バラックパリンカ・ヒッチコック・メイショウテンゲン・メロディーレーン・ヴァンケドミンゴ・ヴェロックス)の条件に該当していると、【0-3-3-47】(連対率5.6%)の厳しい結果に終わっていますので、この不利データに当てはまった馬の評価は割り引いた方が良さそうです。

 

ヴェロックスが該当した不利データは

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

★菊花賞2019★

★過去データ分析/注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【◎ザダル】

過去5年ベースで9頭の連対馬を輩出している好調の父サンデーサイレンス系種牡馬の中から、これまでのレースで馬券圏内を外した事がない“堅実派”のこの馬を過去データ分析のオススメ馬としてピックアップします。折り合いに注文のつくタイプではないので、3000mへの距離延長はこなしてくれるはずですし、休養明け初戦特有の太め残りだった前走でもキッチリ馬券圏内を確保しているように、相手なりに走れる、という強みを持っていますから、不完全燃焼に終わった前走のリベンジを期待できるのでは?と考えています。

 

おすすめ軸馬 218戦181勝(204/218)
勝率83.0%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 318戦244勝(297/318)
勝率76.7%馬券圏内率93.3%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191015133656p:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
菊花賞2019予想【注目馬公開】ヴェロックスの不利データ公開中!好相性の父サンデー系から抜群の安定感を誇るアノ馬をピックアップ!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.