競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

菊花賞2019予想/後編【注目馬公開】ヴェロックス、強力ライバル不在でG1奪取のチャンス到来!注目は長距離適性抜群のアノ伏兵!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191015150422j:plain

 

菊花賞2019予想/後編【注目馬公開】ヴェロックス、強力ライバル不在でG1奪取のチャンス到来!注目は長距離適性抜群のアノ伏兵!

 

おすすめ軸馬 218戦181勝(204/218)
勝率83.0%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 318戦244勝(297/318)
勝率76.7%馬券圏内率93.3%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191015133656p:plain

 

2019年10月20日(日)

京都競馬11レース(15時40分発走

第80回菊花賞(G1)

京都芝3000m(外回り)

3歳定量

 

★菊花賞2019★

★予想オッズ★

 

①人気 ヴェロックス   2.1倍

②人気 ニシノデイジー  2.9倍

③人気 ヒシゲッコウ   5.7倍

④人気 ワールドプレミア 7.4倍

⑤人気 サトノルークス  9.9倍

 

★菊花賞2019★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

ホウオウサーベル

(牡3歳 父ハーツクライ・母バランセラ)

前走:阿賀野川特別1着(新潟芝2200m:2分11秒7)

2017年の1歳セレクトセール出身(落札額は税抜1億3,500万円)で、2016年のG3・紫苑ステークスを優勝したビッシュの半弟だった事もあり、デビュー当初から大きな注目を集めていましたが、成長速度が予想以上に遅く、牡馬クラシック路線に乗れないまま、今年の春競馬を終えてしまいました。しかし、相手関係に恵まれていたとはいえ、古馬相手の2勝クラス・阿賀野川特別で2着馬に5馬身差の圧勝を決めているように、右肩上がりの状態で菊花賞にエントリーした“上がり馬”ですから、夏を越して一気に成長してきたこの馬がジャイアントキリングを果たす可能性も十分あるのでは?と考えています。ただ、デビューから一貫して左回りコースを使ってきたので、初の右回りコースへの対応が取捨選択の大きなポイントになります。

 

レッドジェニアル

(牡3歳 父キングカメハメハ・母レッドアゲート)

前走:神戸新聞杯4着(阪神芝2400m:2分27秒8)

中2週の強行軍だった2走前のG1・日本ダービー(東京芝2400m)で8着に健闘したのはもちろん、3走前のG2・京都新聞杯(京都芝2200m)でダービー馬・ロジャーバローズに土をつけた実績が光る、伸びしろたっぷりな社台ファーム出身のキングカメハメハ産駒。前走・神戸新聞杯は勝ったサートゥルナーリアから1.0秒差の4着に凡退していますけど、【2-0-2-0】(複勝率100%)の京都芝コースに替わる点はプラスですし、叩き2戦目の上積みも見込めますから、サートゥルナーリア不在の菊花賞で前走以上の結果を残す可能性も十分あるかと思います。でも、速い上がりを使うタイプではないので、極端な瞬発力勝負になった場合は案外な結果に終わるかもしれません。

 

ワールドプレミア

(牡3歳 父ディープインパクト・母マンデラ)

前走:神戸新聞杯3着(阪神芝2400m:2分27秒5)

キャリア5戦すべてで3着以内を確保している安定感が魅力的なディープインパクト産駒で、マイラーズカップでレコード勝ちを決めるなど、マイル付近の距離で強さを発揮した全兄・ワールドエースよりも距離の融通が利くタイプですから、3000mへの距離延長も無難にこなしてくれるのでは?と期待しています。近2走(若葉ステークス2着、神戸新聞杯3着)で先着を許しているヴェロックスと3回目の対戦になりますので、分の悪いヴェロックスを逆転できるのか…というところを慎重に判断する必要がありますけど、逆転の可能性が少ない状況でも馬券圏内に割って入る可能性は十分ありますから、要警戒の存在である事には変わりありません。ただ【●●●●●●●】ですから、立ち回りの上手さが要求される京都芝3000mの菊花賞はベストの舞台ではない、と考えています。

 

ワールドプレミアの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

ヴェロックス

(牡3歳 父ジャスタウェイ・母セルキス)

前走:神戸新聞杯4着(阪神芝2400m:2分27秒3)

皐月賞でアタマ差の接戦を演じたサートゥルナーリアとの再戦が実現した前走・神戸新聞杯は最終追い切りの動きもまずまずで、休養明け初戦である事を考えれば、申し分ないデキに仕上がっていたのですが、前々のポジションを楽に確保したサートゥルナーリアの驚異的な末脚(上がり3ハロン32.3秒)に屈し、勝ったサートゥルナーリアから3馬身差の2着に敗れています。サートゥルナーリアとの力差を痛感させられる内容でしたが、サートゥルナーリアが天皇賞秋の方に出走しますので、強力ライバル・サートゥルナーリア不在の菊花賞で悲願のG1初制覇を決めたいところでしょう。3000mの距離でも大丈夫なのかどうかは走ってみなければ分からない…というところが正直な感想ですけど、サートゥルナーリアだけでなく、日本ダービーで先着を許したロジャーバローズ・ダノンキングリーも出てこない、という状況は明らかに恵まれていますから、多少のマイナス要素は存在していたとしても、他馬との絶対能力の違いで菊花賞を楽に勝ち切ってしまうかもしれません。

 

★菊花賞2019★

★出走予定馬分析(後編)/注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

3戦連続で10着以下に敗れていますけど、生粋のスタミナ型で一気の距離延長が大きなプラス材料になるこの馬を菊花賞事前展望(後編)のオススメ馬としてピックアップします。阪神芝コースのような直線急坂コースがベストのような感じもありますが、徐々に追い切り時のフットワークが力強くなっていて、晩成型ならではの成長曲線を描いているこの馬が波乱の立役者になるかも?と考えています。

 

おすすめ軸馬 218戦181勝(204/218)
勝率83.0%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 318戦244勝(297/318)
勝率76.7%馬券圏内率93.3%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191015133656p:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
菊花賞2019予想/後編【注目馬公開】ヴェロックス、強力ライバル不在でG1奪取のチャンス到来!注目は長距離適性抜群のアノ伏兵!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.