競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

菊花賞2019予想/前編【注目馬公開】ニシノデイジー、ルメール騎乗で反撃!注目は安定した先行力を持つアノ馬!叩き2戦目で上位進出も!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191014191703j:plain

 

菊花賞2019予想/前編【注目馬公開】ニシノデイジー、ルメール騎乗で反撃!注目は安定した先行力を持つアノ馬!叩き2戦目で上位進出も!

 

おすすめ軸馬 218戦181勝(204/218)
勝率83.0%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 318戦244勝(297/318)
勝率76.7%馬券圏内率93.3%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

2019年10月20日(日)

京都競馬11レース(15時40分発走

第80回菊花賞(G1)

京都芝3000m(外回り)

3歳定量

 

★菊花賞2019★

★予想オッズ★

 

①人気 ヴェロックス   2.3倍

②人気 ニシノデイジー  3.5倍

③人気 サトノルークス  7.4倍

④人気 ワールドプレミア 7.9倍

⑤人気 ヒシゲッコウ   10.6倍

 

★菊花賞2019★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

サトノルークス

(牡3歳 父ディープインパクト・母リッスン)

前走:セントライト記念2着(中山芝2200m:2分11秒8)

2015年のG2・ローズステークスを優勝したほか、同年のG1・エリザベス女王杯でも3着を確保したタッチングスピーチの全弟で、今春のG1戦線(皐月賞14着、日本ダービー17着)で大敗を喫したものの、復帰初戦となった前走・セントライト記念で勝ったリオンリオン(菊花賞に登録せず)から2馬身差の2着に入り、上り調子の状態で牡馬クラシック三冠最終戦の菊花賞にエントリーする事になりました。スタミナ色の濃い母父サドラーズウェルズの血が入っていますので、3000mへの距離延長は全く問題ないかと思いますが、セントライト記念は鞍上の川田将雅騎手がそつのない騎乗を見せた事も好走の要因でしたから【●●●●●●●】はあまり歓迎できません。

 

サトノルークスの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

ザダル

(牡3歳 父トーセンラー・母シーザシー)

前走:セントライト記念3着(中山芝2200m:2分11秒9)

3戦3勝の無敗馬という肩書があった事もあり、重賞レース初出走となった前走・セントライト記念は上位と差のない3番人気に支持されましたが、最内枠から窮屈なレースを強いられた結果、勝ったリオンリオンから0.4秒差離された3着に敗れています。セントライト記念で先着を許したサトノルークスだけでなく、ハイレベル決着となった神戸新聞杯組とも顔を合わせる今回は前走以上に厳しい戦いを強いられる事になりそう。ただ、セントライト記念はデビュー以来最高の馬体重(492kg)で太め残りの状態でしたから、馬体に余裕があった前走を叩いての上積みが見込める点はプラスに働くのでは?と考えています。

 

ニシノデイジー

(牡3歳 父ハービンジャー・母ニシノヒナギク)

前走:セントライト記念5着(中山芝2200m:2分12秒1)

デビューから一貫して勝浦正樹騎手とコンビを組んできましたが、脚を余す形で単勝人気を下回る着順に敗れるケースが多くなっていたため、今回は乗り慣れた勝浦正樹騎手ではなく、トップジョッキーのルメール騎手が騎乗する事になりました。道中の折り合いに苦労するタイプですけど、百戦錬磨のルメール騎手であれば、気難しい馬も難なく乗りこなすでしょうから、過剰人気確実な情勢でも軽くは扱えません。ただ、関西圏への長距離輸送を挟む形になりますので、長距離輸送の影響でいつも以上にテンションが上がっていた場合は評価を下げる必要があります。

 

ヒシゲッコウ

(牡3歳 父ルーラーシップ・母ラルケット)

前走:阿寒湖特別1着(札幌芝2600m:2分39秒4)

昨年のマイルチャンピオンシップを制したG1馬・ステルヴィオの半弟ではありますが、スタミナ色の濃い馬を数多く輩出しているルーラーシップ産駒という事もあり、父ロードカナロアのステルヴィオよりも距離の融通が利くタイプで、条件戦とは言え、芝2600mの2勝クラス・阿寒湖特別をキッチリ勝ち切るなど、長距離適性の高さを既に証明していますから、距離不安を持つ実績上位馬ではなく、距離へのメドが立っているだけでなく、世界的名手・スミヨン騎手(今週から短期免許で来日予定)とコンビを組むこの馬から勝負したい…とお考えの方も多いのではないでしょうか。時計の掛かる馬場で条件を勝ち抜いてきたので、決着時計が速くなりやすい良馬場だと苦しいかもしれませんが、天候不順の時期ですから、ひと雨降って馬場が渋るような事があれば、一気の下剋上を決める可能性も否定できません。

 

★菊花賞2019★

★出走予定馬分析(前半)/注目馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

究極の瞬発力勝負になった神戸新聞杯こそ凡退しましたが、叩き2戦目で前走以上のデキが見込めるだけでなく、安定した先行力をフルに活かしての先行粘り込みで上位進出を目論むこの馬を菊花賞事前予想(前編)のオススメ馬としてピックアップします。長距離適性の有無は不透明ですけど、3走前と2走前に見せた好位追走から押し切る形を再現する事ができれば、同世代相手の長距離戦なら十分対応できるはずですし、今春のオープン特別でワールドプレミア相手に0.1秒差の接戦に持ち込んだ実績も無視できないこの馬の激走に期待してみたいです。

 

おすすめ軸馬 218戦181勝(204/218)
勝率83.0%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 318戦244勝(297/318)
勝率76.7%馬券圏内率93.3%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
菊花賞2019予想/前編【注目馬公開】ニシノデイジー、ルメール騎乗で反撃!注目は安定した先行力を持つアノ馬!叩き2戦目で上位進出も!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.