競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【更新】東京盃2019予想【本命馬公開】コパノキッキングが断然の1番人気!本命は距離短縮魅力のアノ馬!最終追いで時計以上に見栄えのする動き披露!

投稿日:

f:id:jikuuma:20191002065953j:plain

 

【更新】東京盃2019予想【本命馬公開】コパノキッキングが断然の1番人気!本命は距離短縮魅力のアノ馬!最終追いで時計以上に見栄えのする動き披露!

 

おすすめ軸馬 213戦177勝(200/213)
勝率83.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 307戦234勝(286/307)
勝率76.2%馬券圏内率93.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20190929212456p:plain

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191002070519p:plain

 

2019年10月2日(水)

大井競馬11レース(20時10分発走

第53回東京盃(Jpn2)

大井ダート1200m(外回り)3歳以上別定

 

★東京盃2019★

★予想オッズ★

 

①人気 コパノキッキング 1.8倍

②人気 グランドボヌール 3.2倍

③人気 ヒザクリゲ    3.6倍

④人気 サクセスエナジー 7.0倍

⑤人気 ニホンピロタイド 10.8倍

 

★東京盃2019★

★出走馬の顔ぶれ★

 

1枠1番 ニホンピロタイド(牡4歳 幸英明 56kg)

前走:陽春S1番人気1着(阪神ダート1200m:1分11秒4)

京都芝1600mの新馬戦で初勝利を挙げたブラックタイド産駒ではありますが、3回芝レースに出走したところで芝路線からダート路線へと舵を切り、2019年4月の準オープン・陽春ステークスを優勝して待望のオープンクラス昇級を果たしています。1年前までなら今夏の段階で準オープンに降級していたのですが、今年から降級制度が廃止された事もあり、オープンクラスに留まった状況でJBCスプリントのステップレース・東京盃にエントリーする事になりました。オープンクラス昇級初戦がハイレベルな地方交流重賞という状況は常識的には厳しいですし、約5ヶ月半の休養明け初戦であるところもマイナスに働きそうですが、コースロスを極力減らす事が可能な最内枠に入ったのはプラスですから、絶好枠から五分以上のスタートを切って、前々のポジションを確保する事ができれば、上位進出する可能性も十分あるかと思います。

 

2枠2番 コパノキッキング(セ4歳 藤田菜七子 56kg)

前走:クラスターC1番人気3着(盛岡ダート1200m:1分09秒6)

デビュー当初から軽快な先行力を披露していたダート短距離型の外国産馬で、これまでにJRAのダート重賞を2勝(カペラステークス、根岸ステークス)している実績最上位馬でもあります。藤田菜七子騎手が騎乗するようになってから3戦未勝利という状況ですけど、3走前のG1・フェブラリーステークス(東京ダート1600m)はマイルの距離が合わなかったがゆえの凡退ですし、東京盃と同じ大井ダート1200mの条件で行われた2走前のG3・東京スプリントでは勝ったキタサンミカヅキ相手に1馬身差2着の好結果を残していますから、天敵であるキタサンミカヅキ不在の東京盃で藤田菜七子騎手が重賞タイトルをゲットする可能性に懸けてみる、というアプローチも全然アリだと考えています。ただ、ゲートが不安定な馬なので、スタートで後手を踏むような事があれば、取りこぼすかもしれませんし【●●●●●●●】は信頼度が落ちますから、人気を裏切るケースも視野に入れておきたいです。

 

コパノキッキングの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半にて公開中!

(2位くらい)

 

5枠9番 ヒザクリゲ(牝4歳 横山典弘 54kg)

前走:サマーチャンピオン2番人気2着(佐賀ダート1400m:1分26秒6)

初勝利を挙げるまでに5戦を要した“叩き良化型”ですから、レース間隔が約2ヶ月空いている点は少し引っ掛かりますけど、明け4歳になってから【3-1-1-0】(複勝率100%)の好結果を残しているように、充実期に差し掛かっているのが明らかな状況であれば、前走・サマーチャンピオンよりも骨っぽい相手がそろった東京盃でも十分通用するのでは?と考えています。南関東競馬に出走するのが初めてなので、ナイター競馬の独特な雰囲気に戸惑ってしまう可能性もありますが今夏の福島競馬場への長距離輸送を無事にクリア(福島遠征の2戦でいずれも馬体重増加)していますから、コース替わりの課題もあっさり克服してしまうかもしれません。

 

6枠11番 サクセスエナジー(牡5歳 松山弘平 57kg)

前走:オーバルスプリント4番人気5着(浦和ダート1400m:1分26秒2)

今年3月のG3・黒船賞(高知ダート1400m)を優勝するなど、これまでに地方交流重賞を3勝(かきつばた記念、さきたま杯、黒船賞)していますけど、1年前の東京盃で7着(勝ったキタサンミカヅキから0.8秒差)に凡退しているように、ダート1200mの条件では苦戦が続いていますので、苦手距離を克服できるのかどうか…というところが大きなポイントになります。でも、今回は馬の集中力を維持させるため、ブリンカーとシャドーロールを着用する事になっていますから、馬具着用の効果でこれまでとは異なる走りを見せても不思議ない状況です。

 

7枠13番 グランドボヌール(牡5歳 和田竜二 56kg)

前走:サマーチャンピオン3番人気1着(佐賀ダート1400m:1分26秒6)

未勝利時代の2017年1月以来、約2年7ヶ月ぶりとなるダート戦投入となった前走・サマーチャンピオンでヒザクリゲとの激しい競り合いを制し、交流重賞タイトルをゲットしたエンパイアメーカー産駒。芝レースを使っていた頃は左回りコースで良績を挙げていましたけど、右回りへのコース替わりとなった前走でもスムーズな競馬ができていましたから、前回に引き続いての右回りコースという状況でも本来の実力を発揮してくれるのでは?と期待しています。ライバル・ヒザクリゲとの斤量差が2kg差(サマーチャンピオン時は1kg差)に広がる点が若干気掛かりですが、9月19日の追い切り(栗東坂路4ハロン52.9-38.1-24.8-12.2)と9月26日の追い切り(栗東坂路4ハロン52.7-38.9-25.4-12.4)で水準以上の時計をマークしているように、直近の調教で好時計を連発していますから、再度ヒザクリゲに土をつける可能性も十分考えられます。

 

★東京盃2019★

★本命馬★

 

◎この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文前半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

オープンクラス昇級初戦の前走で通用するメドを立てているこの馬を本命に抜てきします。9月29日の最終追い切り(栗東坂路4ハロン58.4-42.9-27.8-13.0)はかなり遅い時計に留めていますけど、TCK東京シティ競馬のYouTubeチャンネルに公開されている追い切り動画の動きを見る限り、素軽いフットワークで坂路を一気に駆け上がっていましたから、状態面の不安はない、と解釈しています。道中の折り合いに気を配る必要があった前走から距離短縮される点もプラスですし、直線の長い大井外回りコースに替わる今回こそは差し切り勝ちを決めてくれるのでは?と期待しています。

 

おすすめ軸馬 213戦177勝(200/213)
勝率83.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 307戦234勝(286/307)
勝率76.2%馬券圏内率93.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

★おすすめYouTube★

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20190929212456p:plain

画像クリックで見れます↓

f:id:jikuuma:20191002070519p:plain

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【更新】東京盃2019予想【本命馬公開】コパノキッキングが断然の1番人気!本命は距離短縮魅力のアノ馬!最終追いで時計以上に見栄えのする動き披露!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.