競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【関屋記念2019/事前予想】3歳馬ケイデンスコールなど豪華メンバー集結!注目は前走で1年2ヶ月ぶりの勝ち星を挙げたアノ馬!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190804175007j:plain

 

【関屋記念2019/事前予想】3歳馬ケイデンスコールなど豪華メンバー集結!注目は前走で1年2ヶ月ぶりの勝ち星を挙げたアノ馬!

 

おすすめ軸馬 199戦164勝(186/199)
勝率82.4%馬券圏内率93.4%

気になる軸馬 284戦215勝(263/284)
勝率75.7%馬券圏内率92.6%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

2019年8月11日(日)

新潟競馬11レース(15時45分発走

第54回関屋記念(G3)

新潟芝1600m(外回り)

3歳以上別定

 

★関屋記念2019★

★想定オッズ★

 

①人気 ケイデンスコール  3.1倍

②人気 サラキア      3.5倍

③人気 ソーグリッタリング 4.0倍

④人気 ミッキーグローリー 8.6倍

⑤人気 オールフォーラヴ  11.9倍

 

★関屋記念2019★

★出走予定馬の顔ぶれ★

 

オールフォーラヴ

(牝4歳 父ディープインパクト・母レディアルバローザ)

前走:米子ステークス1番人気1着(阪神芝1600m:1分34秒7)

G3・中山牝馬ステークス2連覇(2011年&2012年)の実績を誇る女傑・レディアルバローザの仔で、これまでにオープン特別を2勝(忘れな草賞&米子ステークス)しています。重賞レース初出走となったG1・オークス(東京芝2400m)に出走(9着に凡退)してから5戦連続で掲示板外に敗れているのですが、2走前の1600万下・錦ステークス(京都芝1600m)で1分31秒6の好時計をマークし、準オープンを卒業したあたりから急激に力をつけている上がり馬ですから、一気の相手強化となる関屋記念でも面白い存在になりそう。ただ、関東圏への長距離輸送を挟む形で2度凡退(オークス9着、初音ステークス13着)していますので、新潟競馬場への長距離輸送を無事にクリアできるのかどうか…というところが勝敗の分かれ目になります。

 

ケイデンスコール

(牡3歳 父ロードカナロア・母インダクティ)

前走:NHKマイルカップ14番人気2着(東京芝1600m:1分32秒5)

差し馬向きの流れが味方したとはいえ、前走のG1・NHKマイルカップでアドマイヤマーズ相手に半馬身差2着という好結果を残し、現3歳世代トップクラスの実力を持ち主である事を証明している充実一途のロードカナロア産駒。2歳限定の重賞でしたが、関屋記念と同条件のG3・新潟2歳ステークスを勝ち切っているように、左回りの芝1600mで【2-2-0-0】(連対率100%)という上々の数字を叩き出している“サウスポー”ですし、古馬との斤量差もありますから、キャリアの浅い3歳馬だからといって安易に軽視してしまうのは危険です。ただ【●●●●●●●】という点は若干気になりますので、最終追い切りの動き次第では評価を割り引く事も視野に入れています。

 

ケイデンスコールの不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

サラキア

(牝4歳 父ディープインパクト・母サロミナ)

前走:エプソムカップ7番人気2着(東京芝1800m:1分49秒2)

6月2日の新馬戦(東京芝1600m)で超ド級の差し切り勝ちを決め、来年の牡馬クラシック路線有力候補に名乗りを挙げた2歳の評判馬・サリオスの半姉で、極端なスローペースが追い風になったとはいえ、前走のG3・エプソムカップでレイエンダに次ぐ2着を確保し、牡馬相手の重賞で通用するメドを立てています。小気味いいフットワークで芝コースを駆け抜けていくスピード特化型なので、マイルへの距離短縮は歓迎ですし、瞬発力勝負になりやすい新潟芝コースへのコース替わりも問題ありません。ただ、デビュー当初からスタートで後手を踏むケースが目立っていますから、ゲート先入れの奇数枠を引いてしまった場合は信頼度が少し下がってしまいます。

 

ソーグリッタリング

(牡5歳 父ステイゴールド・母ソーマジック)

前走:エプソムカップ1番人気3着(東京芝1800m:1分49秒4)

渋った馬場に苦労させられた前走のG3・エプソムカップで勝ったレイエンダから0.3秒差の3着に入り、健在っぷりをアピールした晩成型のステイゴールド産駒。1分44秒6というなかなかの勝ち時計でオープン勝ちを決めた2走前・都大路ステークス(京都芝1800m)の内容が良かった分、ベスト距離は芝1800mなのかな…という印象こそありますけど、キャリア7勝のうち5勝を挙げている芝1600mも守備範囲内ですから、200mの距離短縮で極端にパフォーマンスを落とす可能性は低いかと思います。また、新潟芝コースを走るのは初めてですが、直線平坦の京都芝コースでオープン勝ちの実績がありますし、前走・エプソムカップで左回りコースも無難に対応していましたので、コース替わりの一戦でも軽くは扱えません。

 

ミッキーグローリー

(牡6歳 父ディープインパクト・母メリッサ)

前走:マイルCS8番人気5着(京都芝1600m:1分33秒5)

昨秋のG3・京成杯オータムハンデ(中山芝1600m)でマイル重賞のタイトルを奪取しているほか、前走・マイルチャンピオンシップでも掲示板内の5着を確保した実績馬ではありますが、今年3月に左第1指骨剥離骨折のアクシデントに見舞われてしまい、長期休養を余儀なくされています。ルメール騎手とのコンビで出走予定ですので、いつも以上に人気する可能性がありますし、骨折明け初戦という難しい状況ですから、慎重な判断が求められます。

 

★関屋記念2019★

★事前予想★

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

減った馬体重を戻してきた前走で1年2ヶ月ぶりとなる勝ち星を挙げたこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。昨春以降の重賞戦線で苦戦が続いていますけど、距離が長すぎたり、相手関係が悪かったり…と適性外のレースを使い続けた事も不振に陥った要因だったので、直近の戦績が悪くなっている状況でも侮れませんし、2週前追い切り(美浦坂路4ハロン52.5-38.3-25.1-12.4)と1週前追い切り(美浦坂路4ハロン52.6-38.2-25.3-12.9)で水準以上の時計を出しているように、トレセンで入念に乗り込んでいますから、レース間隔が空いている中でも期待が持てる存在だと考えています。

 

おすすめ軸馬 199戦164勝(186/199)
勝率82.4%馬券圏内率93.4%

気になる軸馬 284戦215勝(263/284)
勝率75.7%馬券圏内率92.6%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【関屋記念2019/事前予想】3歳馬ケイデンスコールなど豪華メンバー集結!注目は前走で1年2ヶ月ぶりの勝ち星を挙げたアノ馬!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.