競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【東京ダービー2019/最終予想】二冠制覇目指すミューチャリーが抜けた1番人気に!注目は末脚に磨きがかかってきたアノ伏兵!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190605044341j:plain

 

【1着予想さん(LINE@限定配信)】

おすすめ軸馬 188戦155勝(176/188)
勝率82.4%馬券圏内率93.6%

気になる軸馬 253戦191勝(234/253)
勝率75.4%馬券圏内率92.4%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

1着予想さんLINE@(無料)

 


 

2019年6月5日(水)

大井競馬11レース(20時10分発走

第65回東京ダービー(S1)

大井ダート2000m(外回り)

3歳定量


《東京ダービー2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 ミューチャリー  1.8倍

②人気 ウィンターフェル 4.3倍

③人気 ヒカリオーソ   5.0倍

④人気 サクセッサー   11.7倍

⑤人気 カジノフォンテン 15.6倍

 

《東京ダービー2019》

《枠順確定後出走馬分析》

 

1枠1番 カジノフォンテン(牡3歳 本田正重 56kg)

前走:羽田盃6番人気4着(S1・大井ダート1800m:1分55秒2)

キャリア7戦2勝のカジノドライヴ産駒で、勝った2戦はいずれも船橋ダートコースという状況ですけど、年明け初戦となったS3・雲取賞(大井ダート1800m)で勝ったヒカリオーソから0.6秒差の3着を確保したほか、前々のポジションから粘り込む形になった前走・羽田盃でも4着に踏ん張るなど、大井ダートの中距離戦でまずまずの結果を残している状況ですから、積極的なポジション取りが功を奏した前走と同じような形に持ち込む事ができれば、再度の好走があっても驚けません。ただ、末脚比べになると見劣りますので、ミューチャリーをはじめとする末脚自慢が勢ぞろいした東京ダービーを勝ち切るのは容易な事ではない、という風に解釈しています。

 

3枠5番 サクセッサー(牡3歳 石崎駿 56kg)

前走:東京湾カップ2番人気1着(S3・船橋ダート1700m:1分50秒6)

年明け7戦目という状況なので、南関東競馬転厩後初勝利を挙げた前走・東京湾カップ以上のデキを期待するのは酷かもしれませんけど、早め先頭から押し切る形になった東京湾カップの勝ちっぷりは目を見張るものがありましたし、勝ったミューチャリーから2.7秒差の8着という大敗を喫した2走前・羽田盃は差し・追い込み脚質に有利な流れになった面もありましたから、道中の流れが落ち着いて、逃げ・先行脚質に有利な展開に持ち込む事ができれば、骨っぽい相手がそろった東京ダービーでも十分通用する存在だと考えています。

 

5枠10番 ウィンターフェル(牡3歳 森泰斗 56kg)

前走:羽田盃2番人気2着(S1・大井ダート1800m:1分54秒5)

昨年末の交流G1・全日本2歳優駿(川崎ダート1600m)では地方馬最先着となる5着を確保し、東京ダービーで抜けた1番人気に支持される事が確実なミューチャリーにも先着を果たしている実力馬。年明け2戦(京浜盃2着、羽田盃2着)で安定した走りを見せている分、前走・羽田盃と同程度のメンバー構成となった東京ダービーでも上位争いに加わる事が期待されていますけど【●●●●●●●】という若駒特有の気難しい面を抱えている馬ですから、百戦錬磨の名手・森泰斗騎手が上手くエスコートできるのかどうか、というところが勝負の分かれ目になるかもしれません。

 

羽田盃2着の上位人気馬

ウィンターフェルが抱える不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

6枠12番 ミューチャリー(牡3歳 御神本訓史 56kg)

前走:羽田盃1番人気1着(S1・大井ダート1800m:1分53秒5)

短距離志向の強い馬を数多く輩出しているパイロ産駒なので、2000mへの距離延長でパフォーマンスを落とす可能性がありますけど、上がり3ハロン・36.9秒という異次元の末脚を繰り出し、2着のウィンターフェル以下を寄せ付けない内容だった前走・羽田盃では道中の折り合いもバッチリついていましたから、2000mまでの距離なら許容範囲内だと考えています。キャリア6戦で2着以下に敗れた2走(全日本2歳優駿6着、雲取賞2着)はいずれも脚抜きの良い馬場だった事が敗因ので、レース当日に晴予報が出ていて、良馬場で行われる事が確実な東京ダービーで大きく崩れるイメージは浮かびませんし、徹底先行型がそろっていて、淀みのない平均的なペースで流れそうなところも追い風になりますから、羽田盃・東京ダービーの“二冠制覇”を成し遂げる可能性はかなり高いのでは?と予想しています。

 

7枠13番 ヒカリオーソ(牡3歳 山崎誠士 56kg)

前走:京浜盃1番人気14着(S2・大井ダート1700m:1分56秒0)

年明け2戦目のS3・雲取賞(大井ダート1800m)で圧倒的人気・ミューチャリー相手に勝ち切った実績を持っているものの、前走・京浜盃でまさかの14着に大敗してしまい、評価が急落しています。でも、最下位に敗れた京浜盃は鼻出血のアクシデントに見舞われたがゆえの凡退ですから、前走の結果だけを鵜呑みにしてしまうのは危険ですし、ミューチャリーよりも前のポジションでレースを進める実績上位のこの馬を軽く扱うわけにはいかないかと思います。ただ、馬体重440kg前後で仕上がりの早い小柄な馬とはいえ、レース間隔が空いている状況で息が持つのかどうか…というところは疑問に思いますので、順調な調整過程を歩んでいるミューチャリー相手に再逆転を決めるのは楽な事ではない、という風に解釈しています。

 

《東京ダービー2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

素直にミューチャリーを本命に推しておけば大丈夫…というレースかもしれませんが、差し馬のミューチャリーが早めに先頭集団に取りつき、上位人気の先行勢を潰しに行く可能性が高い状況で急浮上しそうな差し・追い込み脚質のこの馬を穴めの狙いとしてピックアップしたいと思います。道中の折り合いに注文がつくタイプではないので、2000mへの距離延長は全く問題ありませんし、デビュー以来最高の馬体重だった前走で直線大外から目の覚めるような末脚を繰り出しているように、1戦ごとに末脚に磨きがかかってきたところもこの馬を推奨する理由の1つになっています。

 

【1着予想さん(LINE@限定配信)】

おすすめ軸馬 188戦155勝(176/188)
勝率82.4%馬券圏内率93.6%

気になる軸馬 253戦191勝(234/253)
勝率75.4%馬券圏内率92.4%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

1着予想さんLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)エプソムカップ


エプソムカップ2019【1番人気分析】ミッキースワロー【消去データ】5頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【東京ダービー2019/最終予想】二冠制覇目指すミューチャリーが抜けた1番人気に!注目は末脚に磨きがかかってきたアノ伏兵!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.