競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【目黒記念2019予想/出走予定馬分析】G1ホース・ブラストワンピースが果敢にエントリー!注目は高速馬場で好結果を残してきた現役屈指のサウスポー!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190521172148j:plain

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 185戦152勝(152-16-5-12)
勝率82.1%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 241戦182勝(182-28-12-19)
勝率75.5%馬券圏内率92.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


   

2019年5月26日(日)

東京競馬12レース(17時00分発走)

第133回農林水産省賞典目黒記念(G2)

東京芝2500m 4歳以上ハンデ

 

《目黒記念2019》

《予想オッズ》

 

①人気 ブラストワンピース 2.4倍

②人気 ルックトゥワイス  3.0倍

③人気 ムイトオブリガード 5.7倍

④人気 パリンジェネシス  6.1倍

⑤人気 ポポカテペトル   8.5倍

 

《目黒記念2019》

《出走予定馬分析》

 

パリンジェネシス

(牡5歳 父タートルボウル・母メジロジョーンズ)

前走:サンシャインS3番人気1着(1600万下・中山芝2500m:2分35秒7)

名種牡馬・ノーザンダンサーの4×5のクロスが入っているタートルボウル産駒。大手クラブ・キャロットファームで募集されていた馬ですが、レイクヴィラファーム出身かつ母父メジロライアンというオールドファンにはたまらない古風な背景の持ち主でもあります。重賞レース初出走になりますので一気の相手強化に対応できるのかどうか…というところが取捨選択の大きなポイントですけど、条件戦だったとはいえ、近2走の勝ちっぷりは鮮やかでしたし、昨年5月の青嵐賞(1000万下・東京芝2400m)で2分22秒9というかなり速い走破時計をマークしていますから、高速馬場への適性の高さを過去に示しているこの馬であれば、手頃なハンデ(54kg)に収まる今回も軽く扱うわけにはいきません。

 

ブラストワンピース

(牡4歳 父ハービンジャー・母ツルマルワンピース)

前走:大阪杯1番人気6着(G1・阪神芝2000m:2分01秒3)

重いハンデを課される事が確実になっているだけでなく、5月15日(水)の計量で馬体重が557kgに到達(前走比プラス27kg)した事が報じられて以降、ネット上では不安視する声があがっているようですけど、前走の大阪杯は2000mの距離が短すぎたのはもちろん、直線が短い内回りコースでエンジンがかかる前にレースが終わってしまった…という不利な状況が重なっての凡退でしたし、年明け初戦で緩い状態だった事は間違いありませんから、馬体重をキッチリ絞り、叩き2戦目の上積みが見込めるような最終追い切りを披露する事ができれば、G1初制覇を果たした有馬記念と同じ2500mの得意距離に替わる今回も侮れない存在になるのでは?と考えています。ただ、過去5年の目黒記念に関するデータを調べてみたところ【●●●●●●●】という不利データにブラストワンピースが該当していますので、この不利データを覆せるのかどうか、というところも今年の目黒記念の注目点になりそうです。

 

グランプリホースの

ブラストワンピースが該当した

不利データの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

ポポカテペトル

(牡5歳 父ディープインパクト・母ミスパスカリ)

前走:日本海S1番人気1着(1600万下・新潟芝2200m:2分14秒0)

昨年8月の日本海ステークス1着以来、約9ヶ月の休養明け初戦になりますので、厳しい戦いを強いられそうな状況ですけど、1年前の目黒記念で勝ち馬から0.2秒差の4着に健闘しているほか、2017年のG1・菊花賞でも3着を確保するなど、ハイレベルなレースで上位入線を果たした経験がある実績馬ですから、レース間隔が空いている状況でも軽くは扱えません。ただ、極端な道悪馬場の菊花賞で好走しているように、時計の掛かる馬場を得意にしていますので、降雨で馬場が渋らないと苦しいかと思います。

 

ムイトオブリガード

(牡5歳 父ルーラーシップ・母ピサノグラフ)

前走:大阪杯14番人気8着(G1・阪神芝2000m:2分01秒6)

目黒記念と全く同じ東京芝2500mで行われた昨年のG2・アルゼンチン共和国杯で勝ったパフォーマプロミスに次ぐ2着を確保しているコース巧者。年明け3戦(日経新春杯6着、金鯱賞7着、大阪杯8着)の結果が振るわない分、どういう評価を与えたらいいのか分からない…という方も多いかと思いますが、東京芝2400m~2500mで【3-1-0-0】(連対率100%)の好結果を残しているように、長距離で直線が長い左回りコースの条件を最も得意にしていますから、相性抜群のコースへと舞台替わりする今回は巻き返しがあっても不思議ありません。

 

ルックトゥワイス

(牡6歳 父ステイゴールド・母エスユーエフシー)

前走:新潟大賞典2番人気4着(G3・新潟芝2000m:1分58秒8)

目下絶好調のレーン騎手とコンビを組む事もあり、昨年の有馬記念を勝ったブラストワンピースと同程度の評価を受けそうな晩成型のステイゴールド産駒。前走の新潟大賞典で馬券圏外に敗れていますけど、2000mの距離だとどうしても道中のポジションが悪くなってしまいますから、差し損ねの一戦になってしまうのは致し方ないところですし、中山芝コースではありますが、2500mの距離で勝った実績もありますので、前走から500mの距離延長で大きな変わり身が期待できるかと思います。

 

《目黒記念2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

昨秋から苦戦続きの状況ではありますが、キャリア6勝中4勝を左回りコースで挙げているように、上位人気馬と遜色ないコース相性の良さを誇るこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。内寄りの枠を引いた時しか好走していない馬なので、枠順の有利不利に左右されますけど、東京芝2400mで2分22秒台の速い走破時計を2度マークしている“高速馬場巧者”でもありますから、決着時計が速くなりやすい今の東京芝コースへの舞台替わりでのパフォーマンス上昇に期待したいです。

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 185戦152勝(152-16-5-12)
勝率82.1%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 241戦182勝(182-28-12-19)
勝率75.5%馬券圏内率92.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)日本ダービー


日本ダービー2019【1番人気分析】サートゥルナーリア【消去データ】3頭

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【目黒記念2019予想/出走予定馬分析】G1ホース・ブラストワンピースが果敢にエントリー!注目は高速馬場で好結果を残してきた現役屈指のサウスポー!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.