競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【平安ステークス2019予想/追い切り後分析】中10週以上のローテでも結果を残してきたアノ実績馬に◎!1年前より斤量が軽くなった点も魅力的!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190518111345j:plain

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 185戦152勝(152-16-5-12)
勝率82.1%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 241戦182勝(182-28-12-19)
勝率75.5%馬券圏内率92.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


   

2019年5月18日(土)

京都競馬11レース(15時35分発走

第26回平安ステークス(G3)

京都ダート1900m 4歳以上別定

 

《平安ステークス2019》

《枠順確定後追い切り展望》

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 オメガパフューム(牡4歳 M・デムーロ 59kg)

15日(水):栗東CWコース6ハロン83.4-68.2-53.2-39.2-12.3

坂路主体の調整が多かった馬ですけど、今回はCWコースでの併せ馬というこれまでとは異なる調教パターンになっています。腹回りもスッキリ仕上がっているように見えたので、レース間隔が空いている中でも大丈夫かと思いますが、終いの反応がイマイチで【●●●●●●●】を喫した点がやや気になりましたから、完調一歩の状態に留まっているのでは?というネガティブな印象です。

 

ダート中距離で大崩れしていない

オメガパフュームの追い切りで

気になった点は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

1枠2番 サンマルデューク(牡10歳 武士沢友治 56kg)

15日(水):美浦Wコース4ハロン52.8-38.6-12.8

3歳未勝利・オウケンランボーとの併せ馬を敢行し、5馬身半ほど先行していた併走相手を差し切る事ができず、半馬身先着を許す形に。ラスト1ハロンで12秒台の時計を出していますので、時計面の不安はありませんけど、直線で鞍上が目一杯追ったものの、終いの反応が鈍く、迫力不足な動きに留まっていますから、追い切り面から強調できる点は見当たりません。

 

2枠3番 グレンツェント(牡6歳 幸英明 57kg)

15日(水):美浦Wコース5ハロン69.1-53.7-38.5-13.1

古馬1000万下・アームストレングスとの併せ馬を敢行し、半馬身先着。攻め馬の良さが実戦につながらない、というもどかしい状況が続いていますけど、併走相手に馬なりの手応えで先着を果たしていましたから、状態面の不安は皆無です。

 

2枠4番 トラキチシャチョウ(牡8歳 水口優也 56kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン54.8-39.8-26.2-13.2

坂路での単走追い。8歳のベテランホースなので、致し方ない面もあるかと思いますが、フィニッシュ地点を迎えるまで終始バランスを欠いた動きに留まっていましたから、可もなく不可もなし程度のデキという評価が妥当でしょう。

 

3枠5番 アナザートゥルース(セ5歳 大野拓弥 57kg)

15日(水):美浦Wコース4ハロン52.5-38.2-12.9

Wコースでの単走追い。兄・サウンドトゥルー譲りのダイナミックなフォームでWコースを駆け抜けていましたので、前走(アンタレスステークス1着)時の状態を維持しているのは間違いないかと思います。ただ、直線急坂コースの方を得意にしていますから、直線平坦の京都ダートコースに替わる点はあまり歓迎できません。

 

3枠6番 モズアトラクション(牡5歳 藤岡康太 56kg)

15日(水):栗東CWコース6ハロン81.1-67.7-53.0-39.6-12.7

※追い切り動画が公開されていないため、解説は省略

 

4枠7番 チュウワウィザード(牡4歳 川田将雅 58kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン52.8-38.5-24.6-12.2

2017年に芝2000mの重賞・新潟大賞典を優勝している古馬オープン・サンデーウィザードとの併せ馬を敢行。余力たっぷりの手応えで併走相手に2馬身先着したのはもちろん、鞍上が軽く仕掛けただけでグッと加速し、併走相手を置き去りにしたところも好感が持てましたので、人気に応えられるだけのデキには仕上がっていると思います。

 

4枠8番 サンライズソア(牡5歳 田辺裕信 57kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン53.3-38.5-24.5-12.3

古馬オープン・プラチナムバレットとの併せ馬を敢行し、2馬身半ほど先行していた併走相手に楽に並びかけ、1馬身先着したところでフィニッシュ地点を迎えました。約3ヶ月の休養明け初戦になりますけど、攻め駆けするタイプとはいえ、頭を上手く上下させながら、スピード感あふれる動きで併走相手にキッチリ先着を果たしていましたから、レース間隔が空いている状況でも水準以上のデキに仕上げてきた、という印象です。

 

5枠9番 ジョーダンキング(牡6歳 岩田康誠 56kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン52.9-38.3-24.9-12.5

4ハロン52秒台の全体時計は上々ですけど、併走相手との差を詰められないまま、フィニッシュ地点を迎えた点はやや気になるので、追い切り面から強調する材料は見当たりません。

 

5枠10番 ハイランドピーク(牡5歳 武豊 57kg)

15日(水):美浦Pコース65.2-50.3-36.9-12.3

ポリトラックコースでの単走追い。馬場の外めからスピード感あふれる動きでポリトラックコースを軽やかに駆け抜けていましたので、年明け3戦目で更に調子を上げてきた、という印象です。ただ、前走(マーチステークス16着)で大敗を喫しているように、ムラ駆け傾向の強いタイプですから、馬券の軸にはしづらい存在だと思います。

 

6枠11番 クイーンマンボ(牝4歳 北村友一 54kg)

15日(水):栗東CWコース6ハロン83.3-67.3-52.5-38.7-11.8

古馬オープン・グローブシアターとの併せ馬を敢行し、1馬身半ほど先行していた併走相手をキッチリ捕まえ、半馬身先着したところでフィニッシュ地点を迎えました。大型馬の休養明け初戦という難しい状況ではありますが、引っ張りっきりの手応えで併走相手を圧倒していましたので、僅差2着を確保した1年前の平安ステークスの走りを再現する可能性も十分あるかと思います。

 

6枠12番 マイネルオフィール(牡7歳 国分恭介 56kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン54.8-39.5-25.4-12.3

坂路での単走追い。全体時計は地味ですけど、力強い脚さばきで坂路を登板していましたので、使い詰めの影響を心配する必要はないかと思います。ただ、一連の調子を維持するのが精一杯という状況ですから、好メンバーがそろった平安ステークスで上位争いを展開するのは楽じゃありません。

 

7枠13番 メイショウスミトモ(牡8歳 小牧太 57kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン54.5-39.0-25.0-12.6

3歳未勝利・メイショウウチデとの併せ馬を敢行し、1馬身遅れ。終いにビッシリ追われる形になったのですが、鞍上がグイグイ押してもなかなか前に進まない、という格好の悪い形に留まっていますから、追い切り面で高い評価は与えられません。

 

7枠14番 マイネルユキツバキ(牡4歳 和田竜二 56kg)

15日(水):美浦Wコース4ハロン51.9-37.8-13.1

Wコースでの単走追い。1600万下条件戦を勝ち上がったばかりの格下なので、いきなり重賞レースで勝ち負けするのは難しいかと思いますが、頭を上手く上下させて、良いリズムを保ったままフィニッシュ地点を迎える、というセンスあふれる走りを見せていますから、将来的には重賞でも通用する存在になれるのでは?と考えています。

 

8枠15番 サトノティターン(牡6歳 石橋脩 57kg)

15日(水):美浦坂路4ハロン53.6-38.5-24.6-12.5

坂路での単走追い。馬体重570kg前後の巨漢馬ならではの豪快なフットワークで坂路を駆け上がっていました。3走前の京都遠征(花園ステークス11着)でボロ負けしていますから、長距離輸送への対応が大きなポイントになりますけど、追い切りの動きは引き続き良いので、調子の良さで長距離輸送をクリアする可能性も十分あると思います。

 

8枠16番 ロンドンタウン(牡6歳 藤岡佑介 56kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン54.0-39.2-24.8-12.2

坂路での単走追い。終い重点の軽い内容に留めていますけど、道中の追い切りはバッチリでしたし、終いまで高い集中力を保ちながら、フィニッシュ地点直前にしっかりと脚を伸ばす、という操縦性の高さをうかがわせる好内容の追い切りを消化していますから、良い意味で一連のデキを維持しているのは間違いありません。

 

《平安ステークス2019》

《追い切りランキング》

 

1位 チュウワウィザード

(芝の重賞勝ち馬相手に悠々先着!58kgでも侮るなかれ!)

2位 サンライズソア

3位 アナザートゥルース

4位 クイーンマンボ

5位 マイネルユキツバキ

 

《平安ステークス2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 チュウワウィザード 2.5倍

②人気 オメガパフューム  3.3倍

③人気 サンライズソア   3.9倍

④人気 アナザートゥルース 6.0倍

⑤人気 サトノティターン  7.8倍

 

《平安ステークス2019》

《展開予想》

 

ゲートが不安定な馬ではありますが、昨夏のG3・エルムステークスで軽快な先行力を見せていたハイランドピークが出走してきますので、不安定なスタートを上手く決めれば、テンの速い武豊騎手騎乗・ハイランドピークが果敢にハナを奪い、淀みのない平均ペースを形成するのでは?と予想しています。ただ、連覇を狙うサンライズソアはもちろん、チュウワウィザードやアナザートゥルースといった人気どころは直線入り口で先頭集団に追いつくイメージの競馬をするはずなので、ペースが緩みそうな状況でも堅実な末脚を持つ差し・追い込み脚質の台頭に注意してください。

 

《平安ステークス2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

CWコースでの追い切りでラスト1ハロン11秒台の好ラップを刻んだのはもちろん、併走相手を寄せ付けない圧巻のスパーリングを敢行していたこの馬を本命に抜てきします。近走の結果が思わしくない分、1年前の平安ステークスよりも1kg軽い斤量に留まった点は魅力的ですし、中10週以上で【0-1-1-0】というまずまずの結果を残しているように、鉄砲駆けの利くタイプでもありますから、レース間隔が空いていて、いつもより人気を落としそうな今回こそが最大の狙い目になるのでは?と考えています。

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 185戦152勝(152-16-5-12)
勝率82.1%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 241戦182勝(182-28-12-19)
勝率75.5%馬券圏内率92.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)オークス


オークス2019【1番人気分析】クロノジェネシス【消去データ】5頭

 

(おすすめ記事)オークス 

(おすすめ記事)平安S 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【平安ステークス2019予想/追い切り後分析】中10週以上のローテでも結果を残してきたアノ実績馬に◎!1年前より斤量が軽くなった点も魅力的!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.