競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【オークス2019予想/追い切り後分析】コース替わり+距離延長でパフォーマンス上昇必至のアノ馬に◎!併走馬を楽に交わした最終追いの内容も高く評価!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190518171100j:plain

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 185戦152勝(152-16-5-12)
勝率82.1%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 241戦182勝(182-28-12-19)
勝率75.5%馬券圏内率92.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


   

2019年5月19日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第80回オークス(優駿牝馬・G1)

東京芝2400m 3歳牝馬定量

 

《オークス2019》

《枠順確定後追い切り展望》

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 ジョディー(牝3歳 武藤雅 55kg)

15日(水):美浦Pコース5ハロン71.2-55.7-41.3-12.5

障害未勝利・アンヴェイルドとの併せ馬を敢行し、併走同入。年明け4戦目になりますので、使い詰めの疲労を考慮して、終い重点の軽い内容に留めた点は納得がいきますし、小気味いいフットワークでポリトラックコースを駆け抜けていましたから、水準以上のデキには仕上がっていると思います。

 

1枠2番 クロノジェネシス(牝3歳 北村友一 55kg)

15日(水):栗東CWコース6ハロン84.3-68.1-53.0-38.8-11.7

3歳500万下・サマーセントとの併せ馬を敢行。2秒近く先行していた併走相手に対し、楽な手応えを保ったまま半馬身先着を果たしました。2戦2勝の好相性を誇る東京芝コースに替わるのはもちろん、引っ張りっきりの手応えで併走相手を圧倒した最終追い切りの内容もかなり良かったので、前走の馬体重(434kg)をキープする事ができれば、3着に終わった桜花賞からの巻き返しがあっても驚けない状況です。

 

2枠3番 コントラチェック(牝3歳 レーン 55kg)

15日(水):美浦Wコース5ハロン69.9-53.5-39.7-12.8

障害オープン・ドラゴンストームとの併せ馬を敢行し、5馬身ほど先行していた併走相手に同入を果たしました。併走相手と馬体をビッシリ併せる形になっていたので、直線での脚色を確認する事はできなかったのですが、折り合いを欠く場面はなかったですし、軽やかな脚取りでWコースを駆け抜けていましたから、レース間隔が空いている状況でも水準以上のデキに仕上げてきた、という風に解釈しています。

 

2枠4番 シェーングランツ(牝3歳 武豊 55kg)

15日(水):美浦Wコース3ハロン41.7-13.3

調教でキッチリと仕上げる、というよりも、気難しい面を出さない事に注力した最終追い切りになりました。藤沢和雄厩舎は緩い調教でも結果を出していますので、軽くは扱えませんが、追い切りで強い負荷を掛けられない状況は褒められたものではありませんから、可もなく不可もなし程度のデキに留まっている、と判断しています。

 

3枠5番 エールヴォア(牝3歳 松山弘平 55kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン53.6-38.7-24.6-12.3

坂路での単走追い。馬体重500kg前後の大型馬とは思えないくらい、キビキビとしたスピード感あふれる動きを披露していましたし、道中の折り合いもバッチリだったので、デキ良化+距離延長で近走以上の結果を残す可能性も十分あるかと思います。

 

3枠6番 アクアミラビリス(牝3歳 藤岡佑介 55kg)

15日(水):栗東CWコース6ハロン83.3-37.4-52.8-39.3-11.6

気難しい面がある馬ですけど、折り合いを欠くところはなかったですし、とても軽やかな脚さばきでCWコースを駆け抜けていましたので、レース当日のパドックまで落ち着いた状態を保つ事ができれば、気性難の不安を抱えるこの馬がアッと驚く激走を見せる事になっても全く不思議ありません。

 

4枠7番 シャドウディーヴァ(牝3歳 岩田康誠 55kg)

15日(水):美浦Wコース6ハロン84.0-67.6-52.4-38.7-12.6

3頭併せの最内から併走同入。道中で気負う場面こそありましたが、終いの反応は上々でしたし、馬場の内側を走っていたとはいえ、併走相手にキッチリと先着できた点は高く評価できますから、良い意味で一連のデキを維持しているのは間違いないでしょう。

 

4枠8番 ダノンファンタジー(牝3歳 川田将雅 55kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン55.4-40.3-25.9-13.1

コース追いを主体にしていましたが、今回は単走坂路追いというこれまでとは違う形の調教パターンでオークスに出走する事になりました。今回の最終追い切りでも道中で気負う面を見せていましたけど、調教パターンを切り替えた事で落ち着きが増す可能性も考えられますから、気性難の課題を抱えている状況でも侮れない存在である事には変わりありません。

 

5枠9番 ウインゼノビア(牝3歳 松岡正海 55kg)

15日(水):美浦Wコース6ハロン85.0-68.7-53.7-39.5-12.8

Wコースでの単走追い。年明け2戦目になりますので、前走(フローラステークス7着)を叩いての上積みを期待したいところですけど、勝負どころの反応がイマイチで、終いの伸びを欠く形に留まっていますから、完調一歩の状態という風にジャッジしたいです。

 

5枠10番 カレンブーケドール(牝3歳 津村明秀 55kg)

15日(水):美浦Wコース5ハロン67.3-52.4-38.0-12.5

3歳未勝利・ハーツイストワールとの併せ馬を敢行し、2馬身半ほど先行していた併走相手に同入。レース間隔が詰まっている分、終い重点の内容に留まっていますけど、内ラチ沿いから鋭い末脚を繰り出し、併走相手にキッチリ先着を果たした点は高く評価できますから、良い意味で前走(スイートピーステークス1着)のデキを維持しているのは間違いありません。

 

6枠11番 シゲルピンクダイヤ(牝3歳 和田竜二 55kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン53.2-38.7-24.9-12.3

坂路での単走追い。実戦だけでなく、追い切りでも幼い面を見せるタイプではありましたが、今回の最終追い切りでは気難しい面を見せず、まとまりのある走りを披露していましたので、キャリア5戦目で更に調子を上げてきた、という風に解釈しています。

 

6枠12番 ウィクトーリア(牝3歳 戸崎圭太 55kg)

15日(水):美浦Wコース4ハロン51.5-38.0-12.4

3頭併せの最内から最先着。道中で若干行きたがる面を見せていましたが、終いの反応は抜群でしたし、馬体減りしているようにも見えなかったので、前走(フローラステークス1着)時のデキを維持した状態でオークス当日を迎える事ができそうです。

 

7枠13番 ラヴズオンリーユー(牝3歳 M・デムーロ 55kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン54.7-40.2-26.2-12.8

坂路での単走追い。1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン80.9-65.4-51.3-37.9-11.4)で速い時計を出していますので、最終追い切りを軽めに留めたからといって評価を下げる必要はないでしょうし、終い重点の内容だった中でとても素軽い動きを見せていましたから、G1の大舞台へ向けて抜かりのない調整を施してきた、という風に解釈すべきだと考えています。でも【●●●●●●●】する点はあまり歓迎できないので、レース当日の気配次第では馬券の買い目から外す事も視野に入れなきゃいけません。

 

忘れな草賞楽勝の

ラヴズオンリーユーが抱える弱点は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

 

7枠14番 フェアリーポルカ(牝3歳 幸英明 55kg)

15日(水):栗東CWコース83.5-67.2-52.4-38.1-11.5

CWコースでの単走追い。頭をグッと低くして、推進力のある素軽い動きを披露していましたから、大外枠に泣いた前走(フローラステークス5着)以上の結果を残す事になっても全く驚けない状況だと考えています。

 

7枠15番 ノーワン(牝3歳 坂井瑠星 55kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン52.6-38.4-25.2-12.6

3歳未勝利・マックスブロケイドとの併せ馬を敢行し、半馬身先着。坂路で速い時計をバンバン出す馬ですから、4ハロン52.6秒という全体時計をマークしたからといって安易に高評価を与えるわけにはいきませんけど、スピード色の濃いこの馬らしいキビキビとした動きを見せていましたので、年明けからコンスタントにレースを使っている状況でも一連のデキを維持している、という風に解釈しています。

 

8枠16番 ビーチサンバ(牝3歳 福永祐一 55kg)

15日(水):栗東CWコース5ハロン70.6-54.3-39.5-12.6

単走CWコースでサラッと流す程度の追い切りになっていますけど、道中の折り合いはバッチリでしたし、リズミカルでまとまりのある走りを披露していましたから、年明け3戦目で調子が更に上向いているのは間違いないかと思います。

 

8枠17番 メイショウショウブ(牝3歳 池添謙一 55kg)

15日(水):栗東坂路4ハロン52.3-37.5-24.1-12.0

坂路での単走追い。頭の位置が高くなってしまうのは相変わらずですけど、牡馬相手に善戦した前走(ニュージーランドトロフィー2着)時並みかそれ以上の活気あふれる動きを披露していました。でも、スピード色の濃い馬ですから、マイル前後の距離じゃないと難しいかもしれません。

 

8枠18番 フィリアプーラ(牝3歳 丸山元気 55kg)

15日(水):美浦Wコース6ハロン83.3-67.3-53.0-38.8-13.0

3歳未勝利・リサオブザナイルとの併せ馬を敢行し、6馬身ほど先行していた併走相手に同入。叩き2戦目でキッチリと状態を上げてきた印象ですけど、小気味いいフットワークを見せるタイプなので、2400mという距離は少しばかり長いのでは?と考えています。

 

《オークス2019》

《追い切りランキング》

 

1位 シゲルピンクダイヤ

(坂路を軽やかに登板!激走した前回のデキ維持!)

2位 クロノジェネシス

3位 ラヴズオンリーユー

4位 ビーチサンバ

5位 コントラチェック

 

《オークス2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 コントラチェック  3.1倍

②人気 ラヴズオンリーユー 3.5倍

③人気 クロノジェネシス  4.3倍

④人気 ダノンファンタジー 5.0倍

⑤人気 シゲルピンクダイヤ 8.6倍

 

《オークス2019》

《展開予想》

 

フラワーカップで逃げ切り勝ちを決めた上位人気馬・コントラチェックが2枠3番という絶好枠を引き当てましたから、五分以上のスタートを切れば、前走に引き続いてコントラチェックが果敢にハナを奪い、前半1000m通過60秒前後の平均やや遅めのペースを形成するのでは?と予想しています。先週のヴィクトリアマイルがレコード決着だったように、今の東京芝コースは決着時計がかなり速い傾向にありますので、道中のペース次第ではジェンティルドンナが樹立したオークスのレースレコード(2分23秒6:2012年)を更新するかもしれません。

 

《オークス2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

大きくリードしていた併走相手に余力たっぷりの手応えで先着を果たした最終追い切りの動きを見る限り、年明け3戦目で更に調子が上がっている印象もあるこの馬を本命に抜てきします。広い東京芝コースで崩れていない点はもちろん、流れが速くなりやすいマイル戦だと道中の追走に手間取る面がありましたから、2400mへの距離延長がプラスに働きそうなところも本命に抜てきした大きな理由になっています。道中の追走が楽になる2400mでいつもより前めのポジションを確保できれば、G1奪取の可能性も十分あるのではないでしょうか。

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 185戦152勝(152-16-5-12)
勝率82.1%馬券圏内率93.5%

気になる軸馬 241戦182勝(182-28-12-19)
勝率75.5%馬券圏内率92.1%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)オークス


オークス2019【1番人気分析】クロノジェネシス【消去データ】5頭

 

(おすすめ記事)オークス 

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【オークス2019予想/追い切り後分析】コース替わり+距離延長でパフォーマンス上昇必至のアノ馬に◎!併走馬を楽に交わした最終追いの内容も高く評価!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.