競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【京王杯スプリングカップ2019予想/出走予定馬分析】阪急杯で復活を遂げたスマートオーディンが人気の中心!注目は東京芝1400mで好結果残すアノ人気薄!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190509030850j:plain

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年5月11日(土)

東京競馬11レース(15時45分発走

第64回京王杯スプリングカップ(G2)

東京芝1400m 4歳以上別定

 

《京王杯スプリングカップ2019》

《予想オッズ》

 

①人気 スマートオーディン 3.1倍

②人気 ロジクライ     3.7倍

③人気 タワーオブロンドン 5.2倍

④人気 トゥザクラウン   7.0倍

⑤人気 サトノアレス    9.6倍

 

《京王杯スプリングカップ2019》

《出走予定馬分析》

 

サトノアレス

(牡5歳 父ディープインパクト・母サトノアマゾネス)

前走:東京新聞杯4番人気3着(G3・東京芝1600m:1分32秒0)

レコード決着になった1年前の京王杯スプリングカップで勝ったムーンクエイク相手にタイム差なしの3着(走破時計は1分19秒5)を確保するなど、左回りコースの芝1400m~1600mで良績を積み上げていますし、2歳時にはG1・朝日杯フューチュリティステークスを勝ち切った実績もありますから、2017年7月のOP・巴賞以来、1年以上勝ち星から遠ざかっている状況でも侮れない存在になりそうです。前走の東京新聞杯はインディチャンプ相手に着差以上の完敗を喫しましたけど、長期休養明け2走目で良化途上の状態でしたので、最終追い切りでこの馬らしい機敏な動きを披露した場合は本命級の扱いにする事も視野に入れています。

 

スマートオーディン

(牡6歳 父ダノンシャンティ・母レディアップステージ)

前走:阪急杯11番人気1着(G3・阪神芝1400m:1分20秒3)

2・3歳時に重賞を3勝(東京スポーツ杯2歳ステークス、毎日杯、京都新聞杯)している実績馬。脚部不安で2年近くの休養を余儀なくされただけでなく、戦列に復帰した後の走りがイマイチだった事もあり、前走の阪急杯は単勝オッズ32.3倍の人気薄に甘んじていましたが、直線で不利を受ける馬が多い展開になったとはいえ、馬群の大外から豪快な差し切り勝ち決め、低評価に反発する走りを見せているのですから、前走並みのパフォーマンスを発揮する事ができれば、骨っぽい相手がそろっている京王杯スプリングカップでも互角以上の結果を残してくれるのではないでしょうか。ただ、脚部不安でリタイアしていた馬で【●●●●●●●】があるケースも十分考えられますので、慎重な判断が求められます。

 

阪急杯で豪快な差し切り勝ちを決めた

スマートオーディンに関する不安要素は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

タワーオブロンドン

(牡4歳 父レイヴンズパス・母スノーパイン)

前走:東京新聞杯2番人気5着(G3・東京芝1600m:1分32秒3)

昨春のG3・アーリントンカップでインディチャンプ・パクスアメリカーナといった後の重賞勝ち馬を下した実績を持つレイヴンズパス産駒。前走の東京新聞杯は掲示板を確保するのが精一杯…という消化不良な形に終わっていますけど、デビュー以来最高の馬体重(526kg)で出走していたように、年明け初戦で緩い状態だったのは間違いありませんから、前走よりも馬体重を絞る事ができれば、前走のような負け方はしないはずですし、芝1600mの距離はギリギリ許容範囲内なのかな?という印象もありますので、2歳時にライバルを楽に振り切ったG2・京王杯2歳ステークスと全く同じ東京芝1400mの条件に替わる点もプラスに働きそうです。

 

トゥザクラウン

(牡5歳 父キングカメハメハ・母トゥザヴィクトリー)

前走:大阪ハンブルクカップ1番人気1着(1600万下・阪神芝1400m:1分20秒5)

2001年のG1・エリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリーを母に持ち、トゥザグローリーやトゥザワールド、トーセンビクトリーといった重賞勝ち馬が近親に名を連ねている、というメンバー屈指の良血馬が芝1400m戦の京王杯スプリングカップで待望の重賞初出走を果たします。逃げ切り勝ちを決めた前走・大阪ハンブルクカップの内容が良かったのはもちろん、京王杯スプリングカップと全く同じ東京芝1400mで行われた2走前の1000万下戦で1分19秒6という走破時計をマークしていますから、2走前と同程度のパフォーマンスを発揮する事ができれば、初めての重賞レース挑戦という状況でも十分通用する存在だと考えています。

 

ロジクライ

(牡6歳 父ハーツクライ・母ドリームモーメント)

前走:高松宮記念4番人気8着(G1・中京芝1200m:1分07秒8)

道中で気負う面を見せるタイプですから、初めての芝1200m戦投入となった前走・高松宮記念でも好勝負になるのかな?と考えていましたが、芝1200m特有の速いペースに対応できず、勝ったミスターメロディから0.5秒差の8着に凡退しています。でも、今年の高松宮記念は極端な「内枠>外枠」決着になっていましたので、6枠12番という外寄りの枠を引いてしまった時点で勝負あり、という状況でしたし、芝1400mのG3・阪急杯でキッチリ3着を確保しているように、芝1400mに距離が伸びる点は歓迎材料になるはずですから、巻き返しがあっても驚けません。

 

《京王杯スプリングカップ2019》

《出走予定馬分析から見るオススメ馬》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

上位人気馬がかなり強力なので、穴狙いをするレースじゃないかもしれませんけど、今回と同じ東京芝1400mで行われた3走前の条件戦で着差以上に強い勝ちっぷりを見せるなど、東京芝1400mへの適性の高さを示しているこの馬を週初め段階のオススメ馬としてピックアップします。5月2日(木)の1週前追い切り(美浦坂路4ハロン50.8-37.0-25.1-13.0)で美浦坂路全体2位の好時計をマークしているように、順調な調整過程を歩んでいる点も魅力的!安田記念を目標にしている上位人気馬よりも調整が進んでいるこの馬の台頭があっても不思議ない状況なのでは?と考えています。

 

《1着予想さん(LINE@限定配信)》

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)ヴィクトリアマイル


ヴィクトリアマイル2019【1番人気分析】ラッキーライラック【消去データ】5頭

 

(おすすめ記事)ヴィクトリアマイル

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【京王杯スプリングカップ2019予想/出走予定馬分析】阪急杯で復活を遂げたスマートオーディンが人気の中心!注目は東京芝1400mで好結果残すアノ人気薄!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.