競馬予想ブログの紹介サイト

競馬予想マスターズ

レッドアタックの競馬予想ブログ

【NHKマイルカップ2019予想/追い切り後分析】枠の不利に泣いた前走からの巻き返しに期待したいアノ伏兵から穴狙い!1週前追いで好時計マーク!

投稿日:

f:id:jikuuma:20190505104347j:plain

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 


 

2019年5月5日(日)

東京競馬11レース(15時40分発走

第24回NHKマイルカップ(G1)

東京芝1600m 3歳定量

 

《NHKマイルカップ2019》

《枠順確定後追い切り展望》

 

※追い切り時計

内容はJRA-VANの調教動画提供サービスやスポーツ新聞から抜粋

 

1枠1番 クリノガウディー(牡3歳 藤岡佑介 57kg)

1日(水):栗東坂路4ハロン53.4-38.9-25.0-12.1

坂路での単走追い。馬場が悪かった分、4ハロン53.4秒というやや遅めの全体時計に留まっていますけど、マイラーならではのスピード感あふれる動きでラスト1ハロンを12.1秒にまとめていますので、高いレベルのデキを維持しているのは間違いないでしょう。でも、パドックでテンションが上がってしまうタイプですから、関東圏への長距離輸送を挟む今回ではなく、地元の関西圏でレースに出てくる時が最大の狙い目になるのかな?という印象です。

 

1枠2番 プールヴィル(牝3歳 秋山真一郎 55kg)

2日(木):栗東坂路4ハロン56.6-42.2-27.8-13.4

坂路での単走追い。4月24日(水)の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.7-38.1-25.3-12.6)で速い時計を出していますし、関東圏への長距離輸送を控えていますから、最終追い切りを軽めの内容に留めるのは理想的な形だと思います。レース当日のパドックで落ち着いた状態を保つ事ができれば、牡馬相手のG1でも上位争いに食い込んでくるかもしれません。

 

2枠3番 ダノンチェイサー(牡3歳 川田将雅 57kg)

2日(木):栗東CWコース4ハロン53.4-38.5-11.6

古馬1000万下・ヴェルテアシャフトとの併せ馬を敢行し、1馬身先着。3頭併せの最内から最先着を果たした1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン82.4-67.6-53.7-38.9-11.6)に引き続き、ディープインパクト産駒ならではのスパッとキレる末脚を繰り出し、併走相手にキッチリと先着を果たしていますので、レース間隔が空いている状況でも侮れない存在になりそうです。

 

2枠4番 イベリス(牝3歳 浜中俊 55kg)

1日(水):栗東CWコース6ハロン79.7-64.5-50.8-38.0-12.2

CWコースでの単走追い。全体時計が速かったのはもちろん、短距離色の濃い馬ならではの小気味いいフットワークでCWコースを軽快に駆け抜けていましたから、牡馬相手のアーリントンカップを勝った勢いをそのまま維持しているのは間違いなさそうです。

 

3枠5番 マイネルフラップ(牡3歳 松岡正海 57kg)

1日(水):栗東坂路4ハロン58.1-42.1-26.6-12.6

坂路での単走追い。終い重点の内容でしたが、道中の折り合いはバッチリでしたし、推進力たっぷりな力強いフットワークで不良馬場の坂路を軽やかに駆け上がっていましたので、時計の掛かる馬場になれば面白い存在になると思います。

 

3枠6番 グルーヴィット(牡3歳 レーン 57kg)

1日(水):栗東坂路4ハロン51.3-37.1-24.1-12.2

古馬1600万下・アシュリンとの併せ馬を敢行し、3馬身ほど先行していた併走相手に手応え優勢の状況で半馬身先着を果たしています。5月1日の栗東坂路で全体2番目に速い全体時計(4ハロン51.3秒)を馬なりの手応えでマークしているのですから、具合が良いのは間違いないでしょうし、来日1週目だった先週の新潟大賞典でいきなる重賞タイトルを奪取したレーン騎手とのコンビも魅力的なので、芝レース2度目の挑戦となる今回も侮れない存在になりそうです。

 

4枠7番 グランアレグリア(牝3歳 ルメール 55kg)

2日(木):美浦Wコース5ハロン68.8-53.5-38.9-12.4

障害未勝利・キングドラゴンとの併せ馬を敢行し、楽な手応えを保ったまま併走相手に1馬身半のリードをつけています。1週前追い切りも軽めの内容でしたから、前走(桜花賞1着)時からの上積みを期待するのは酷かと思いますが、良い意味で一連のデキを維持しているのは間違いないですし、道中の折り合いもスムーズだったので、気性面で落ち着いた状態を保っているところはプラスに働く事になりそうです。

 

4枠8番 ヴァルディゼール(牡3歳 北村友一 57kg)

1日(水):栗東坂路4ハロン54.3-39.2-25.6-12.5

坂路での単走追い。4月25日(木)の1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン83.2-67.0-51.7-37.5-11.8)で併せ馬を消化していますので、最終追い切りがやや軽めの内容になるのは致し方ないところですし、道中の動きがやや重苦しかった前走(アーリントンカップ8着)時の最終追い切りよりも格段に動きが良化していますから、年明けのG3・シンザン記念を勝ち上がったこの馬の地力に懸けてみるのもアリかもしれません。

 

5枠9番 ミッキーブラック(牡3歳 岩田康誠 57kg)

1日(水):栗東CWコース6ハロン83.0-67.0-52.1-38.3-12.3

攻め駆けするタイプではありませんけど、3頭併せの最内を通っていたにも関わらず、鞍上に追われてからの反応がイマイチで、終いの伸びを欠く形になっていましたから、変わり身を期待するのは難しい状況です。

 

5枠10番 カテドラル(牡3歳 アヴドゥラ 57kg)

2日(木):栗東坂路4ハロン57.2-40.6-26.3-12.5

坂路での単走追い。最終追い切りを軽めの内容に留める形は前走(アーリントンカップ2着)時と全く同じなのですが、終始掛かり気味だった前走時とは異なり、道中の折り合いがスムーズでしたし、力強い脚さばきで坂路を登板していきましたから、右肩上がりの状態でNHKマイルカップ当日を迎える事ができそうです。

 

6枠11番 ロードグラディオ(牡3歳 大野拓弥 57kg)

2日(木):栗東芝コース5ハロン69.4-52.6-37.4-11.9

芝コースでの単走追い。前日の雨の影響でかなり馬場が悪くなっていたのですが、鞍上に追い出された時の反応は上々でしたし、小気味いいフットワークでタフな芝コースを駆け抜けていましたので、水準以上のデキには仕上がっていると思います。

 

6枠12番 ワイドファラオ(牡3歳 内田博幸 57kg)

2日(木):栗東坂路4ハロン55.8-41.2-27.0-13.1

坂路での単走追い。道中で外側にヨレる場面こそあったのですが、前走(ニュージーランドトロフィー1着)時の最終追い切りでも道中でヨレる場面が見られましたし、追い切りで動くタイプでもありませんから、不格好な追い切りになった今回も評価を下げる必要はないかと思います。ただ、前走から更に状態が上向いた、という印象もないので、可もなく不可もなし程度のデキという風に解釈しています。

 

7枠13番 ファンタジスト(牡3歳 武豊 57kg)

1日(水):栗東坂路4ハロン53.1-38.3-24.7-11.9

坂路での単走追い。4月28日(日)の追い切り(栗東坂路4ハロン52.5-38.1-24.7-12.1)で速い時計を出していたので、「最終追い切りは軽めになるのかな…」と思っていたのですが、不良馬場の中で行われた最終追い切りでも終いまでビッシリ追う、というハードなメニューをこなしてきました。鞍上に追われてからの反応も上々でしたし、使い詰めによる疲労は感じられません。

 

7枠14番 ハッピーアワー(牡3歳 吉田隼人 57kg)

1日(水):栗東CWコース6ハロン85.7-68.6-52.8-38.8-12.3

CWコースでの単走追い。とてもまとまりのある走りでCWコースを軽やかに駆け抜けていたのですが、前向きさが全面に出る形のスパーリングだったので、1600mへの距離延長でパフォーマンスを落とす可能性も十分考えられます。

 

7枠15番 ヴィッテルスバッハ(牡3歳 戸崎圭太 57kg)

1日(水):美浦Wコース6ハロン83.0-66.9-52.3-39.1-13.0

古馬500万下・ヒカリトップメモリとの併せ馬を敢行し、2馬身先行していた併走相手に楽な手応えで並びかけ、最終的には2馬身先着したところでフィニッシュ地点を迎えました。ラスト1ハロン13.0秒という時計だけを見ると、終いの伸びがイマイチだったのかな?と思われるかもしれませんが、道中の折り合いがバッチリだったのはもちろん、前走(ニュージーランドトロフィー3着)時の最終追い切りよりも終いの反応が良化していましたので、前走以上のデキに仕上げてきた、というイメージを持っています。

 

8枠16番 トオヤリトセイト(牡3歳 福永祐一 57kg)

1日(水):栗東CWコース5ハロン75.3-57.5-41.3-12.6

CWコースでの単走追い。レース間隔が詰まっている分、終い重点の軽い内容に留めていますけど、道中の折り合いもまずまずでしたし、ハミを取ってからグイッと脚を伸ばす姿はとても頼もしく見えましたので、大きな変わり身こそないものの、良い意味で前走(アーリントンカップ3着)時のデキをキープしているのは間違いないでしょう。

 

8枠17番 アドマイヤマーズ(牡3歳 M・デムーロ 57kg)

1日(水):栗東坂路4ハロン56.6-41.3-26.8-12.9

坂路での単走追い。4月25日の1週前追い切り(栗東坂路4ハロン52.0-38.4-25.2-12.5)で速い時計を出していますので、最終追い切りが4ハロン56.6秒という遅めの全体時計になった点は気になりませんし、レース間隔が詰まっている状況でもキビキビとした活気あふれる動きを披露していましたので、良い意味で一連の好調子を維持しているのは間違いないと思います。ただ、コンビを組むM・デムーロ騎手は【●●●●●●●】という案外な結果に終わっていますから、不調の鞍上が足を引っ張る可能性も捨てきれません。

 

M・デムーロ騎手に関する

気掛かりなデータの中身は

こちら ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文後半「」にて公開中!

(2位くらい)

 

8枠18番 ケイデンスコール(牡3歳 石橋脩 57kg)

2日(木):栗東坂路4ハロン55.3-39.8-25.2-12.5

1週前追い切り(栗東CWコース6ハロン81.5-65.9-51.4-37.5-12.7)で速い時計を出していますので、最終追い切りは坂路で終い重点の内容に留めています。単走追いになりましたが、先行していた2頭を飲み込む勢いで坂路を駆け上がっていましたから、年明け2戦目で順当に調子が上向いている、という風に解釈したいです。

 

《NHKマイルカップ2019》

《追い切りランキング》

 

1位 ダノンチェイサー

(CWコース4ハロン追いで軽快な動き!久々でも好仕上がり!)

2位 ヴィッテルスバッハ

3位 カテドラル

4位 グランアレグリア

5位 ヴァルディゼール

 

《NHKマイルカップ2019》

《最終予想オッズ》

 

①人気 グランアレグリア  1.4倍

②人気 アドマイヤマーズ  2.8倍

③人気 ダノンチェイサー  4.0倍

④人気 ファンタジスト   10.5倍

⑤人気 ヴィッテルスバッハ 13.7倍

 

《NHKマイルカップ2019》

《展開予想》

 

トライアルで逃げ切り勝ちを決めたイベリス・ワイドファラオがエントリーしていますけど、どちらもハイペースで逃げるタイプではありませんから、どの馬が逃げる事になっても、極端なハイペースになる可能性は低く、前半600m通過35秒前後の平均ペースを形成するのでは?と予想しています。ただ、気性面に課題がある圧倒的1番人気・グランアレグリアが果敢にハナを奪って、マイペースの単騎逃げに持ち込むケースも十分考えられますので、グランアレグリアが先行脚質の馬を地力でねじ伏せ、結果的に差し・追い込み脚質の馬が上位争いに食い込んでくる、というケースも視野に入れておきたいです。

 

《NHKマイルカップ2019》

《最終予想》

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキング

レッドアタックの競馬予想ブログ

紹介文冒頭「」にて公開中!

(2位くらい)

 

【●●●●●●●】

グランアレグリア・アドマイヤマーズ・ダノンチェイサーが“3強”を形成していますけど、内寄りの好枠を引き当てたこの伏兵を“3強”に割って入る存在としてピックアップする事にしました。1週前に速い時計を出しておいて、最終追い切りを軽めに留める、という調整過程になっていますが、落ち着いた状態で追い切りを消化する事ができていたので、問題はないでしょうし、大外枠から前に押し出される形になった前走でも上位争いをしていますから、前走よりも良い枠順をゲットした今回こそが最大の狙い目になる、と考えています。

 

おすすめ軸馬 178戦146勝(146-16-5-11)
勝率82.0%馬券圏内率93.8%

気になる軸馬 220戦169勝(169-22-12-17)
勝率76.8%馬券圏内率92.2%

1着予想さんの(LINE@限定配信)

「おすすめ軸馬」「気になる軸馬」

は本当によく馬券圏内に来るので

チェックしてみて下さい。

こちらLINE@(無料)

 

(おすすめYouTube)NHKマイルカップ


NHKマイルカップ2019【最終データ】5頭

 

(おすすめ記事)NHKマイルカップ

Source: レッドアタックの競馬予想ブログ
【NHKマイルカップ2019予想/追い切り後分析】枠の不利に泣いた前走からの巻き返しに期待したいアノ伏兵から穴狙い!1週前追いで好時計マーク!

-レッドアタックの競馬予想ブログ

Copyright© 競馬予想マスターズ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.